「大きな月暈と満月」

1月10日金曜日、2020年で初めての満月が夜空に輝いた。Img_0441
 冬の月は南中高度が高く、真夜中頃には天頂付近にくる。これは太陽の南中高度が低くなることとは逆だ。
 金曜日の夜は、福津市渡にあるカレー屋さん「アップルカフェ」で部活を行っています。部活とは仲間内での表現で、音楽仲間の練習日のことです。今は4人で行っていますが、一時期は6,7名で練習していた時もありました。現在は、歌声喫茶の伴奏練習が主体なので、それに関わっているメンバーだけになりました。
 夜7時過ぎ頃には空の雲が少なくなってきて、東から登ってきた満月をメンバーでしばし眺めていました。
「夜空を見上げるなんて、日頃はないなぁ」
 と誰かが言えば、
「私の家の方から見ると(周りに灯りがないので)オリオン座などが綺麗ですよ~」
 と、星の数を自慢する声が上がりました。
 なるほど、近頃は街灯やマンションの灯りなどで見える星の数が少なくなっていることを実感していたので、「満天に輝く星」は羨ましく思えますね。

 そんな部活を終えた深夜、寝床に着く前にもう一度満月を見ようとベランダに出たとき、驚くべき光景を目にしました。

「何と大きな月暈なんだ!」

 月に暈がかかる現象は、それほど珍しいものではありませんが、これほど大きな暈をみたのは初めてだったからです。思わず布団に入っていた妻をも起こして二人で見ました。妻も驚いてしばし見入っていました。
 天頂の満月の周りを、でっかい大穴が宇宙の中にぽっかり開いているように見えます。急いでカメラを取り出して撮影しましたが、う~ん、大きさを比較するものを写し込めなかったのでその規模がピンと来ません。残念です。

 しばらく見ていましたが「はて、どうしてこんなに大きな暈になったのかなぁ?」と疑問が湧いてきました。暈は、絹層雲を作る氷晶が月の光を屈折して生じる現象ですが、その大きさは雲の高さによって決まるのかなぁ?
 虹に主虹と副虹が見られるように、暈にも屈折や全反射の違いで複数あるようですが、はっきり見られるのは内暈と呼ばれるものです。
 光を屈折させる絹層雲は5~15kmの高度で発生するので、恐らくこの夜の絹層雲は高い位置にあったのではないでしょうか。

 まあ、それにしても「とっても得をした」あるいは「いいものを見せてもらった」という思いが強く残った一晩の宇宙の演出でした。

 ※写真に写り込んでいる物体は、マンションの一部です。

「”みやじ”2020年1月1回目の歌声喫茶」

Dscf8951 2020年(庚(かのえ)の子年)が明けました。庚の子年の特徴を四柱推命から言うと

「2019年に取り組んで来たことを継いで、その悪いところを償い、諸事更新して確立して行くと同時に、温めて来たものが茂るかの如く確立していく年」(四柱推命鑑定士:真田孔明氏の弁)
 だそうです。
 また、今年の恵方は「西南西」になるとか。
 日頃は、このような事に関心を示しませんが、新年ですからおみくじと一緒で若干は気になります。
 まあ、それはさておいたとして、今年は自分の意思としてはどんな生き方をしようかな?…などとつらつら考えてみましたが、若い頃のようには真剣に考えなくなりましたね。何せ殆どが惰性で生きているこの頃ですからね(笑)。

 新年第一回目の”みやじ歌声喫茶”は、1月8日(水)に行われました。前夜は台風並みの強い雨風が吹きつける荒れた天気でしたが、開催される頃には穏やかな天気になり、終わってみれば晴れ間から日の光が差していました。天の采配に感謝でした!Dscf8944  

 1回目は上野君との会です。今日は歌集以外の曲を数曲入れる予定もあったのでプロジェクターで歌詞を投影することにしました。若干字は大きくしたつもりでしたが、それでも後ろの方々が見えるにはまだ厳しかったようですね。プロジェクターやスクリーンの質にもよるのかなぁと思いますが、老眼あり近視ありの高齢者集団ですからすべての人が満足ってのはないかなぁ・・と開き直っている次第です。

 曲の説明や、曲のつなぎに話を入れる訳ですが、話をしながら、ふと小学生の頃のクラス担任が言った言葉が思い出されました。
 その話の前後の事柄はすっかり忘れましたが「メッキ人間になったら駄目だぞ!」と言う言葉でした。6年生の時だったと思うので、私の心の中に60年間も住み続けていることになります。

「口先だけで格好をつけたり、虚勢を張って自分を大きく見せたり、表面だけ取り繕って偉く見せたり、有能に見せたりせずにしっかり中身を成長させなさい。」

 そんな意味で話をされたんでしょう。なるほど、この言葉は、自分の世界が広くなり、多くの人々と接するにつれて実感するようになりました。世の中には圧倒的に「メッキ人間」が多いのですね。これを1年の最初の会に皆さんにお話ししました。

 これは、すでに自覚しいる人にとっては「そうだ、もっと気を引き締めよう」と改めて思う機会になりますが、正体が「メッキ人間」の人には実感がなく、他人事で終わるんですよね(笑)。その様子を見ていると、面白くもあり悲しくもあり、しかしまあ何と歯がゆいことか!

 皆さん、今年もどうぞ宜しくお付き合いくださいませ!

「”みやじ”2019年12月2回目の歌声喫茶」

Dscf8855 今年も最後の歌声喫茶が開かれました。何と12月25日クリスマスの日でした。あいにく掲載用の写真が間に合ってませんが、サンタの格好での舞台でした。
 これで、兎にも角にも今年の仕事が終わった~という感じです。今回は、クリスマス用の曲を加えた加減でプロジェクターを使用しました。確かにこれだと歌集を配る手間が省けて助かるのですが、スクリーンの字が後部座席の方々に見えるかどうかが心配です。
 今回は70名を越える方々が参加されていました。累計回数は135回目です。
 クリスマスの歌はありますが、お釈迦様の生誕祭「花祭り」には歌がないのですね。お経でも唱えるべきでしょうかね、何て妙なことを考えた一日でした(笑)。

 クリスマスにちなんで「きよしこの夜」「ジングル・ベル」「赤鼻のトナカイ」の3曲を冒頭に歌いました。クリスマスを「イエス様の誕生日」と思い違いをしている日本人って意外と多いのでは?Dscf8831_20191231204401  
 まあ、致し方ありませんよね、クリスチャンではないのですから。つまりは異教徒の祭り?いえいえ、本来は祭りではなく神聖な教会行事なんです。それを、神道や仏教の国である日本では、すっかりお祭り騒ぎの機会にしてしまっています。さて、イスラム教の国ではどうしているのでしょうね。知りたいものです。

 年末になって、東京地検特捜部が収賄容疑で秋元衆院議員(自民党)を逮捕するという事件が起きました。中国マネーが、日本の大物議員を含め野党の議員など複数名に流れているとか。明らかに中共の強力な工作活動にやすやすと日本の議員たちが乗っかってしまっているという事態です。
 普通ならば、自民党議員が問題を起こしたのですから野党が大声でわめき立てる場面なのに、だんまりを決め込んでいるのはなぜ?さてさて、彼らは気楽に年越しという気分にはなれないのでは?

 それはさておき、歌声喫茶に関係のある皆様、今年も一年間ありがとうございました。良いお年をお迎えくださいますように、感謝と共にお祈り致します。ありがとうございました。

「”みやじ”2019年12月1回目の歌声喫茶」

  Dscf8910 冬の到来と思っているうちに、もうあと20日余りで2019年が終わりなんですね。
 天気は、今日も冬特有の空模様です。それほど雲が多いわけではありませんが、太陽が時折雲に隠されながらの晴れ模様です。今夜辺りから冷え込むとか。インフルエンザの流行はすでに早くからニュースで報じられています。小中学生をお持ちの家庭は神経を使う季節です。受験生は尚のことストレスに感じることでしょうね。
 さて、今日12月11日の歌声喫茶ですが、おやおや何と参加者が90名を越えてしまいました(汗!)。嬉しいような心配なような気分でした。それは歌集が絶対的に足りないからです。いよいよOHPでの投影に切り替えるべきかなあ・・と考えています。しかし、必ず歌詞が欲しいという方がいらっしゃるのですよね。今日はご夫婦の方やお友達で共有してもらいながら利用していただきました。Dscf8918
 今日の上野君の衣装は・・・・ギョ!って衣装ですが、何かの機会に有名な(誰だったか忘れましたが)ダンサーの方から譲ってもらったものとか。私だったら着ることが出来ないレベルの(?)舞台衣装ですね(笑)。上野君の会場入り自体が5分前だったことと相まって会場が沸きましたね。一瞬、ここがバラエティー番組のワンシーンと化した瞬間でした!  
 

Dscf8893  私にとって今回が134回目の歌声喫茶となります。2012年9月19日の第1回から皆勤で務めて8年目に入っています。よくも続いたもんだと思います。最初の頃からずっと顔を出されている常連さんがいらっしゃるのですが、何が楽しくてお出でになるのやら・・・と思うこともありますが、それ以上に、付き合って頂いていることにまずは感謝致したいとおもいます。ありがとうございます。
 しかし、しかし、あとどれくらい続けることができるのだろうかと心配になることも正直なところありますよ。TVでは俳優の梅宮辰夫さんが逝去されたと報じていました。私も無限に生き続ける訳ではありませんからねぇ(笑)。
 さてさて、歌声喫茶の開催もさることながら、生きている間にもっとしなければならないことがあるのではないかなあ?と考える今日この頃なんですがね。

「”みやじ”2019年11月2回目の歌声喫茶」

Dscf8859 11月27日(水)は、11月第2回目の”みやじ歌声喫茶”の日でした。前回は上野君が欠席でしたが、今回は上野君が参加し、キーボードの橋爪さんも加わっての3人のステージです。
 実は私は今月は3度目の歌声喫茶となります。なんと、二ヶ月続いての3回公演(?)ですね。まあ、元気なこと!
 参加者は87名だったとか。好評だと判断していいのでしょうか?しかし、それには期待に伴う責任が発生すると言うことでもありますから、心しておかねばなりません。
 毎回、月の二回目はキーボードとのセッションですが、ほぼ打ち合わせなしの演奏ですから、ちょっと気が引ける感もあります。それに付き合って臨機応変に対応してくれる橋爪さんには感謝です。 
 さて、前半の童謡唱歌の部は順調に曲をこなして1時間で終わる予定が、最後に私の話が長くなって10分ほどオーバーしてしまいました。「何の話かって?」そりゃあ決まってますよ”韓国ネタ”ですよ(笑)。昨日届いた「反日種族主義」の本などを若干紹介しながらネタを振ってたらオーバーしました(汗!)。Dscf8844
 後半は、懐かしの昭和歌謡曲ですが、曲集にない曲を取り上げたくてOHPを使ってみました。歌詞をスクリーンに投影して3曲ほどですが歌ってもらいました。この試みは、以前、”なごみ”で試したことがあるのですが”みやじ”では初めてです。
 この試みは賛否を分けました。高評価の方は「顔を上げて歌うので声がでやすかった」、低評価は、後ろの方は「歌詞が見えづらかった」です。これらは予想通りでした。
Dscf8831  ”なごみ”で試したあと続けなかった理由は、会場が暗くなり、演奏者が譜面台に灯りが必要になることや、歌集を見ることが昔の歌声喫茶のイメージに近いことで、歌集での歌を参加者が希望されたことによります。それに「自分用のマイ歌集」が欲しいという要望もあったからです。

 秋の天気は、春の天気と同様に変わりやすいものです。会が終わって帰るまでは何とかもってくれた天気でしたが、帰る頃には空模様が妖しくなってきました。北寄りの風が吹き始めると気温が下がります。今年の冬は暖冬の予想ですが、それでも冬は冬です。子供たちの間ではインフルエンザが流行りだしたと伝えられています。今年もあとひと月です。無事に健康で過ごせることを願っています。
 写真提供は、いつものように上田君でした。

「宗像市”光の会”メイトムでの歌声喫茶」

  私が生まれ育ったDsc_0019宗像市での催しに、「リウマチの会」に続いての出番です。この会は、名称から推測できるように「視覚障害者」の会です。 掲載写真は、障害者と世話係の皆さんが写っています。ざっと30名ほどが、会場の”メイトム結工房”に集まっておられます。色々の製作に使われる一角のようで、パーテーションで仕切られている空間です。となりは「えほんのへや」で、ちょっとしたテーブルのコーナーがあり、試験勉強をしているのでしょうか生徒達の姿が見えました。歌声が邪魔だったかもしれませんね。近くには宗像中央中学校や宗像高校がありますから、そこの生徒さん達でしょうか。  
 会が始まると、まずは障害者の皆さんの自己紹介がありました。先天的に失明されている方もありましたが、年齢と共に目の病に冒された方々が多かったようにDsc_0018思います。視覚を失う不便さは想像もできませんが、生活が一変するのでしょうね。臆病になって行動範囲が狭まる気がします。よって、このような催しを積極的に利用することはそれを補う機会になるのでしょう。
 目が見えない人は、紅葉のような色の変化を認める代わりに、植物の香りや風に揺れる葉の音などの変化から季節の変わり目を感じるのではないでしょうか?視覚を除いた感覚が鋭敏になって、五体満足の私たち以上の微細な変化を感じ取れるのではないかと推察します。
 歌声喫茶の時間は、10時30分から12時までの1時間半が持ち時間でした。選曲したのが14曲だったので、十分に消化できる曲数でした。恐らく時間が余ると思ったので、会に特別参加されていた許斐さんにちょっとした気分転換の「手遊びゲーム」をお願いしました。30分ごとに立ち上がって、血行を改善した方が良いので絶好の機会になったと感謝いたします。通常、”なごみ”や”みやじ”では、一時間で休憩をとっていましたので、その代わりになりました。
 さて、今日のメンバーは・・・実は私ひとりのお相手でした。その性もあってか、あるいは新しい環境だった性か分かりませんが、帰ってから思わずソファーで寝てしまっていました。ちょっと神経疲れですね。

 そうそう、なんと今日の参加メンバーの中に、中学校時代の同級生がいらっしゃいました。びっくりでした!お互いに覚えてはいませんでしたが確認し合って驚きましたね。このような再会も人生の楽しみの一つですね。

「”みやじ”2019年11月1回目の歌声喫茶」

Dscf8821 何だか近頃は寒暖の差が大きくなりました。秋晴れの日の朝は、放射冷却のために気温がぐっと下がるのですね。こんな時は、山合いや高地では霜が降りるのではないでしょうか。
 11月13日水曜日は、”みやじ歌声喫茶”11月例会の1回目でした。天気は夕方から下り坂とのことでしたが、参加者は88名を数えたもよう。盛況です。歌集不足が心配です。いよいよOHPの利用を考えないといけなくなりましたね。ただ、スクリーン投影ですと、会場が薄暗くなるのが心配なのですが、他の方々の歌声喫茶では準備が簡便なので多くがOHPを使用されているようです。それだと歌集にない曲もできますから検討しているところです。 Dscf8823
 さて、今回はいつものお相手「上野君」が「八丈島へ島流しの刑にあって・・・」というのは冗談で、宮古島へ”修業の旅”に出ていますから、同級生の上田君に手伝ってもらいました。上田君は、過去にこのような場面で何度か応援をしてくれていますので、手慣れたものだったでしょう!?きっと 、上田君のファンの皆さんにも喜んでいただけたと思います。
 曲目は、いつものように11月にちなんだ童謡唱歌や流行歌です。最も古い流行歌は、昭和9年の「赤城の子守唄」東海林太郎の歌でした。秋も深まってきましたので、どうしてもメランコリックな曲が入ってきます。「星の世界」「埴生の宿」「故郷の廃家」「もみじ」「叱られて」「七つの子」と続きました。
 流行歌では「旅の夜風」「湯島の白梅」「星影の小路」などを古い歌として取り上げました。正直なところ、早い年代からポップスに親しんだ私にしてみれば、このような日本の歌は”論題”だったのに、奇妙な巡り合わせで今歌ったり、伴奏したりしています。人生って面白いものだなあと、改めて思う近頃ですよ。 

「”みやじ”2019年10月2回目の歌声喫茶」

 昨日10月15日(火)に続Dscf87591いて16日(水)は、”みやじ歌声喫茶”10月の2回目の開催です。連日の開催となると、さぞかし疲れるかと思いきや意外にやっている最中はアドレナリンのお陰か元気でした(笑)。
 連日というのに、数名の方々は顔を出しておられます。それを見ていると気が緩む気分にはなりませんでしたよ。昨日と曲目は同じですが、途中にはさむ話は変えなければなりませんよね。まあ、小咄は本来適当ですから、どうにでもなりますハイ!
 今月は、22日の「即位礼正殿の儀」の行事のために歌声喫茶開催日を変更しました。そのために、連日の歌声喫茶となった訳ですが、週が変則Dscf8780的だったにも関わらず多くの方の出席がありました。場所が変更になってから、やっと定着し始めたということでしょうか。ありがたいですが、困ることもあります。歌集が足りないという現実が再び問題になってきました。さてどうやって対処したらいいものか?PCとOHPを使ってスクリーン投影という方法があるのですが、会場が暗くなるので今まではこの方法は避けていたのですが再考する時がきたようですね。

 これらの歌声喫茶開催の間、日本列島は”にわかラグビーファン”で大賑わいになりました。素晴らしい日本チームの活躍が、日本人の心をわしづかみにしましたね。私は数年前からラガーシャツをファッションと してステージで着ていたのですが、彼らの活躍を見て人ごとではないような喜びを感じたものです。ラガーシャツは言わずと知れたニュージーランド、カンタベリー社製のもので、思わずPRアンドプチ自慢をしてしまいました(笑)。

 さて、そして今日23日この原稿を起こしている最中に、地元福岡のチームである”ソフトバンク・ホークス”が日本一になりました!天皇陛下万歳に続いて、ホークス万歳!です。

 話は歌声喫茶に戻しますが、写真のように会は常に笑顔が絶えません。橋爪さんも上野君もいい笑顔でしょ?これが歌声喫茶の”売り”となっているのかなあと改めて思います。そして、皆さんの大きな歌声が、参加される方々だけでなくやっている私たちのエネルギー源になっているんですね。ありがたいことです!
 会が終わってから、参加者の方々からお礼を言われるのですが、逆に私たちも元気をもらっているのは確かなようですね。

「宗像市河東コミュニティセンターでの歌声喫茶」

  Photo_20191023215101 好天の10月15日(火)、宗像市河東のコミュニティセンターで、上野君、橋爪さんの3人で”出張・歌声喫茶”を開催してきました。
 このいわば”出張・歌声喫茶”は、みやじコミュニティセンターの歌声喫茶に毎回顔を見せられていた方からの依頼で開催したものです。
 この会は、「宗像リウマチの会」が中心になって参加者を募られたようでした。しかし、宮司コミュニティセンター”の歌声喫茶でも紹介しましたので、”みやじ歌声喫茶”の常連さんの顔がちらほら見えて驚きました。ありがたいです!

 会の写真記録がありませんので、建物写真をネットから拝借致しました。
 参加者は30名程度だったでしょうか、こじんまりとまとまった会になりました。
 この河東コミュニティセンターは、私が高校へ通っていた頃には「河東小学校」があったところです。その小学校が少し離れた場所に移動した後は、宗像町中央公民館が建てられました。その後、コミュニティセンターが、体育館や図書館(分館)とともに建って現在に到っています。広い駐車場は昔の運動場跡で、その駐車場のはずれに高校時代の友人宅がありました。そのような懐かしい跡地でしたから、会が始まる前に少し近くを散策してみました。クスノキが昔のままに立っていて、感慨深く眺めてしまいました。
 会は、楽しんで頂けたようで「これからも続けて欲しい」という言葉を頂きましたが、即答は避けました(笑)。何しろ明日16日(水)も”みやじ歌声喫茶”が予定されているんですから。

「”みやじ”2019年10月1回目の歌声喫茶」

Dscf8707  台風被害の千葉県下のブルー・シート映像がまだ記憶に新しいというのに、次なる台風18号が接近していました。幸い、進路が北側に逸れ、朝鮮半島を通過後、温帯低気圧に変わるらしい。ただし、関東や東北地方では雨の被害が心配されるとの予報が出されていました。
 そんな10月2日(第1水曜日)に、”みやじ歌声喫茶”の10月1回目が開催されました。
 本来ならば、歌声喫茶は第2、4水曜日なのですが、10月22日(火曜日)は、皇太子さまが正式に「天皇」にご即位されたことを国内外に示す儀式「即位礼正殿の儀」が、第4週目に執り行われるためにその週を回避しました。公私共に何かと行事が予定されるやも知れませんので、10月度は第1と第3水曜日に変更した次第です。Dscf8711
 さて、歌声喫茶に参加される皆さんの動向から考えて、第1、3水曜日などはすでに催しの予定があって参加者は少なめだと予想されました。案の定、60名程度の参加者となりました。それでも、足を運んで頂いた皆さんには感謝、感謝です。
 今日の私の服装は「ラガー・シャツ」です。ラガー・シャツは、時折着用するんですが、ここ数日の”ラグビーワールドカップ2019”の日本チームの活躍ぶりから、にわかラグビーファンが急増してちょっとうれしく思います。ラグビーウェアを作っているニュージーランドのカンタベリー社の帽子とシャツは、私のお気に入りの舞台ユニフォーム?です。取り敢えず、次のサモア戦でもアイルランド戦の時のようなガッツで勝利して欲しいですね。

 あっと、9月の2回目の記事を掲載していませんが、9月25日に開催しています。記録写真がなかったので記事にしなかっただけです。

より以前の記事一覧

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ