「”なごみ”2018-7月1回目の歌声喫茶」

Dscf6634 西日本に甚大な水害が発生しました。広島市安芸区、倉敷市真備町などの報道をTVで見るたびに胸が痛みます。福岡県でも門司区で崖の崩落、久留米市で川の氾濫などがありました。現在ですでに死者が197名、行方不明者が49名を数えています。土砂に押し流された地域で救済活動がすすめば、この数はさらに多くなるでしょう。Dscf6660
 この背景には気候変動にともなう異常気象が関係していると考えられます。恐らく、このような被害は世界的に進行しているでしょう。地球規模のカタストロフィー(大災害)は、私の知る限り30年前には”確実”に予測されていました。多くの科学者が地球の危機を訴えていました。そして、元米副大統領ゴア氏 が2006年に作成した映画『不都合な真実』が現実となりつつある訳です。私も「環境問題」という言葉が存在しない前から機会ある毎に話してきましたが、大人達(周囲の教師達)はほとんど関心を示しませんでした。「それは理論の世界で現実味が乏しい」という感覚でした。それで、せめて子供達には分かって欲しいと熱心に話したものでした。「瀕死の地球を救おう!」が私のスローガンでした。もう、その時の子供達もいい大人になっています。なんとか食い止める方向へと社会が変化してくれるDscf6651ことを祈るばかりです。しかし、相変わらず利潤追求の自由主義が大きな顔をしている社会ですから望み薄ではありますが・・・。今の私の感覚は「欲しいものが、欲しい時に、欲しいだけ手に入る社会」を目指すことが解決の方向だと考えています。そこには「お金」が存在しません。おそらく「夢」であり、お前は「夢想家」だと切り捨てられるでしょうね。40年ほど前に地球のカタストロフィーの危険を話し始めた時と何ら変わりませDscf6674んね。人間はもっと精神的に成長しなければ!と空しさが募ります。
 風邪のダメージが思ったより大きく、今回の歌声喫茶もいまひとつエネルギー不足のまま何とかやりおおせた感じでした。年齢には勝てない?ってことでしょうかね?指がギターを弾くことを拒否し始めています(笑)。しかし、この苦しみは他人には分かりません。そんなストレスも疲れる原因かも知れませんね。
 今回も80名ほどの参加があったと聞きました。しかし、いつまでもこのままの形で歌声喫茶を続けることはできません。さあ、いつ、どんな形で終わりを迎えるのが良いのかをどうしても考える今日この頃なんですがね。
 今回は、私の代わりに上田君に座ってもらって会を進めてもらおうとしたのですが、私の苦労や心配は彼らには”一切”理解ができないようですね。どんな指の状態で必死で弾いているかなど想像もできないようです。今、パソコンのキーボードを叩いていますが、これも右指が半分は動かない状態でキーを打っています。想像できないでしょうね(笑)。





「光陽台へ歌声喫茶の出張です!」

Dscf6530 6月29日(金曜日)、縁があって、福津市光陽台の公民館で「歌声喫茶in光陽台」の名称で歌声喫茶を催してきました。お相手は上野君です。二日前には”なごみ”で歌声喫茶をやったばかりですが(笑)。
 あいにく台風7号の影響で朝から土砂降りでした。9時から準備にでかけ、アンプ設営などは上田君(元宗像高校電気物理部ですから(笑)) がやってくれました。結構重いスピーカーを運Dscf6527んだりする骨の折れる作業なんです。しかも雨の中とあって余計に神経を使います。
 会は午前10時からで、参加された方々は土砂降りにもかかわらず41名と伺いました。会が始まるまではガヤガヤとかなりの騒音でしたから、「わあ、こりゃあ私語が多い会になるかな?」と危惧したのですが、さにあらず、会が始まるときちんと静かに(当たり前と言えば当たり前ですが)私たちのつたない話や進行についてきて下さいました。「へえ、成熟した大人の集団だあ」と感心した次第です。大体お集まりの皆さんの年齢は団塊世代だと理解しました。
Dscf6538 会場の公民館は、光陽台一丁目~三丁目が使用されるためのもので、立て直されて綺麗な施設でした。掲示物などをみてもしっかり管理されていることが分かります。どうかすると古い公民館ですと部屋が暗くなりがちなのですが、採光に工夫もあり明るい会場でしたね。
 音頭は、光陽台の福祉行事を企画運営されている大島さんでした。外は常に大粒の雨が降っていましたが、室内はそれに負けない大声が響き渡っていました。
 私自身の体調がまだ万全でないので心配でしたが、何とか皆さんのエネルギーを借りて盛会のうちに正午、無事に終了することができました。しかし、終了時に、大島さんが「次回も期待したい方~!」と声をおかけになると拍手が湧きました。あちゃ~、すでにリクエストですか!と嬉しい悲鳴の中で会を終えることができました。ありがとうございました!

「”なごみ”2018-6月2回目の歌声喫茶」

Dscf6440 梅雨の時期はどうしても天気が不安定です。6月27日(第4水曜日)は6月2回目の”なごみ”歌声喫茶の日でした。始まる前は雨模様です。参加者の出足が心配でした。しかし、2回目の今日はピアノ伴奏の橋爪さんが参加されることもあってか90名ほどの参加になりました。有難いことです。
 6月の曲集も40曲ほどの編集で、1回にほぼ半分の20曲程度を歌ってもらうのが目標です。前半部の1時間が童謡唱歌や青春Dscf6427歌謡(童謡にも歌謡曲にも分類しにくい曲)の部で、10分休憩後の50分を歌謡曲などに当てています。
 所で伴奏の練習はどうなってるのでしょうね?残念ながら十分な練習はできません。ピアノやキーボードの方々とはほぼ練習無しなんです。合わせるのは曲の調性と繰り返しの回数程度です。私たちって厚かましいでしょ、それで本番なんですから!
 まあ、私と上野君は部活の日に練習することは可能です。しかし、今回はこれもできませんでした。なぜなら、私が夏かぜをひいてしまったからです。こんなに酷く、しかも長引くとは思いませんでした。2週間たってもまだ完全ではありません。歳と言えば歳なんでしょうね。でも夏かぜでインフルエンザ並の症状って初めて経験する感じですね。今回は、体調が完全ではありませんでしたが何とか踏ん張りました。実は明後日にもうひとつの出張歌声喫茶が控えているのです。何とか頑張らなければ!

「”なごみ”2018-6月1回目の歌声喫茶」

Dscf6384 6月13日が、毎日新聞に掲載されてすぐの「歌声喫茶」でした。やはり、予想通りに、新しく参加された方々の顔がありました。ちょっと嬉しいような、緊張するような気分で始まりました。でも、多くの方が常連さんですから、すぐに今まで通りの会になりました。圧倒的に曲集が足りないので、ご夫妻でおいでの方々には一冊回してもらったりして凌ぎます。無制限に曲集を作成することはできませんのでね。
 いろいろな会場で行われている「歌声喫茶」では、OHPでスクリーンに歌詞を映し出しているようです。それだと人Dscf6216数制限の枠はありませんが、会場が薄暗くなります。そしてなにより、お客さんは紙媒体で育った方々ですから曲集を望まれるんですよ。何となく、昔の歌声喫茶で使用されていた分厚いポケットサイズの曲集を思い出されるのかも知れません。それに、歌詞と一緒に当時の歌手の写真などを掲載しているのが好評なんです。よって、なんとか毎月分を作り続けたいと思っています。歌集は、1月から12月までの12冊ですが、もちろんそれに収まりきれない曲が残っています。それらは「補充版」として提供する予定です。それに加える候補の曲を、さわりだけを何曲かやりました。やはり古い曲には皆さん強い!ところが1980年代に近くなるほど歌声が小さくなるのが奇妙です(笑)。それらの反応を参考に「補充版」を作成しています。
 さて、今回は私と上野君の二人が担当の会でした。第4週の水曜日には、またキーボード奏者が加わる予定です。





「歌声喫茶の記事が掲載されました」

1528270708876先日5月23日の歌声喫茶の後、毎日新聞の記者さんから受けた取材の記事が、6月6日の新聞に掲載されました。思ったより大きな記事で驚きました。まあ、悪いことをして掲載された訳ではないので安心ですが(笑)。でも、ちょっと照れくさい感じ。そんなこと話したかなあ~という文面も照れる理由です。
 ”津屋崎千軒なごみ”には、早速電話の問い合わせがあっているとか。狭くて立ち見が出るほどなので、これ以上遠方からこられても…と思うくらいです。あとどれほどの期間元気でやれるかちょっと不安な面もあるのですが、ちょっと「キバッて」頑張らないといけなくなりましたね。
 取りあえず、ご報告まで。

「”なごみ”2018-5月2回目の歌声喫茶」

Dscf6156
 5月23日(水)に、津屋崎千軒”なごみ”歌声喫茶5月の2回目を実施しました。お集まりになった方は70名程度でした。
 今回は担当演奏者が3人です。私とギターの上野君、ピアノ演奏の橋爪さんです。前回参加の田代さんは、今回都合がつかずに欠席です。しかし、一度も3人で練習していません。曲名と調を打ち合わせただけで本番です。1曲だけLINEで橋爪さんに楽譜の画像を送りました。それは小節数とリピートを確認するためです。
 さてさて、今回は西城秀樹と朝丘雪路さんの訃報が飛び込みましたから、彼らの曲を1曲ずつレパートリーに入れました。「ヤングマン」と「雨がやんだら」です。西城秀樹や新御三家は、私たちの年代(団塊世代)には若すぎて、鑑賞の対象にはなっていなかった歌い手ですよね。それでもテレビでは観る機会が多くて印象には残っています。しかし、それにしても秀樹の死は早すぎですよね。
 朝丘雪路さんはアルツハイマー型認知症とのこと。詳細は分かりませんが、降圧剤の継続服用が認知症の原因になるといいます。血圧を医者から注意されている方々は、もう一度自分でいろいろな情報を集めて調べてみましょう。医者のいいなりで早死になんてことになっちゃたら、自分が可哀想です。
 会が終わってから、毎日新聞の記者さんから取材用のインタビューを受けました。上野君と二人で話をしました。どのような記事になるのか分かりませんが、どこかで使用されていれば知らせてくれることでしょう。
 演奏練習のない、ほぼブッツケ本番の演奏が終わった後、3人で「スリリングだったね」と安堵の笑顔を交わしました。こんな緊張感も面白いものです。ありがとうございました!

「”なごみ”2018-5月1回目の歌声喫茶」

Dscf6088 4月から月に2回実施となった”なごみ歌声喫茶”です。今回は5月の1回目です。
  6年前に始まってから、ずっと参加してくださる方々もいDscf5960らっしゃれば、今回が初めての方もいらっしゃいました。また、遠く福岡市から参加される方々もおいでになります。何が楽しいのか自問自答ですが、”力まず、強いらず、適当に”がモットー?と意識している訳ではありませんが、振り返ってみるとそんな自由なムードや雰囲気が長続きしている理由なんでしょうかね。
 今回も相棒の上野君と二人でのお相手でした。機材装置設営などは”なごみ”の職員と、高校からの友人上田君が手伝ってくれます。写真も上田君の作品です。常日Dscf6018頃から注文ばかりつけるから不満でしょうが、懲りずに付き合ってくれます。友達ってありがたい存在ですね。
 さて、今回はほぼ20曲程度を歌っていただきました。曲集には2回分の40曲が収録されています。いままでは、月ごとに選曲をして曲集を編集していましたが、現在の曲集はその月にDscf6012ちなんだ曲を中心に、40曲程度を年代順に並べています。よって、毎回、明治から現代までが俯瞰できますが、ひとつうまく行かないこともあります。それは、最終曲はできるだけ盛り上げて終わりたいと思っているのに、選曲ミス(こちらの思惑通りに知られていなかった場合)で中途半端になることです(笑)。今回がまさにそれで、財津和夫「WAKE UP」で終わりたかったのですが、反応が悪く、慌てました(汗)。
セイコーのCMなどで知られていると思ったのですが、予想は裏切られました(笑)。
 そこで急遽中山千夏「あなたの心」を追加して何とか終わりました。曲順を再考すべきですね。次回の課題です。参加された人数は70名程度でした。

「”なごみ”2018-4月2回目の歌声喫茶」

Dscf58921 4月の1回目の歌声喫茶は11日(水)に実施しまDscf58641した。この時の記事は掲載しておりません。「1回目って?」そうなんです。今年度平成30年度より”なごみ”の歌声喫茶が月に2回実施となったんです。
 で、今日の掲載記事は2回目の実施内容です。実施日は25日でした。つまり、歌声喫茶は第2、第4水曜日午後2時~4時の実施となった訳です。(疲れるな~!)
 6年目を迎えた”なごみ”歌声喫茶は、前々から嗜好を変えたいと考えていました。今回、初めての試みとして新しいメンバーを加えて実施しました。以前、ミルフィーユとかブルー・ミルフィーユとして活動していたメンバーの協力を得ることができました。とは言え、練習する時間がとれる訳でもありませんでしたから一抹の不安を抱えての実施でした。新メンバーは二人の女性です。ひとりは(電子)ピアノの橋爪さん、もうひとりは色々な楽器を操る田代さんです。1回目は私と上野君が2本のギターで伴奏しましたが、2回目はピアノとキーボード(今回は)が加わりました。
Dscf59291 1回目に歌った歌を除いて、2回目はピアノ伴奏が似合う童謡や唱歌、例えば滝廉太郎「花」や「花の街」などが曲目になりました。お集まりDscf59211_2になったお客さんはおよそ70名で、今回も準備した歌集が足りませんでした。もともと施設に準備されている折りたたみ椅子は50脚なんですよ。それにまわりの長椅子などにお座り頂いての開催です。市の施設ですから簡単に椅子を増やしたりできないのですね。市が予算を付けて購入してくれない限りは!
 会の楽しい雰囲気が掲載の写真からは伝わらないかも知れませんが、終始「にこやか」に、あるいは「元気に」盛り上がりました。今までと違い、鍵盤楽器が入るだけで響きが新鮮で、それだけでも「アカデミック」に「格調高く?」会が進行したように思います。ただし、この新しいメンバー二人は主に第4週に出演を予定しています。
 次回、5月の実施予定日は5月9日と23日です。

「”なごみ”2018-3月度の歌声喫茶」

Dscf5772  桜の開花が間近に迫っている今日14日は、”ホワイト・デー”だって!誰が勝手に決めたんだよ~!
 私の青春時代にはバレンタイン・デーやホワイト・Img_8025デーなどはありませんでした。変に気を使わなく良いから、それはそれで助かったように思いますね。○○デーってのは、結局は業界が仕掛けた商魂逞しい”罠”でしかないのですから。「おやおや、そんな文句ばかり言ってちゃ偏屈爺さんになりますよ」ですか。”はいはい、そうです!偏屈爺さんですよ~!(笑)”
 さてさて、今日は随分と気温が上がり、20℃程度で気持ちの良い天気でした。朝、ソメイヨシノの蕾を観察すると、目一杯に膨らんでいました。Dscf5782桜の開花がもうすぐのようです。楽しみです。その陽気も手伝ってか、今日の歌声喫茶は100名を越す参加者で、例によって60部しか作ってない歌集が完全に不足状態でした。
 ”なごみ”での歌声喫茶は、参加が自由で、しかも無料ですから参加しやすいのですね。施設長からはOHPでの歌詞の投影を打診されたのですが、参加者の意見は「歌集が良い」ということで歌集にこだわっています。福津市以外からの参加もあり、時として今日のように膨れあがることがあります。どうやら今日の原因は3箇所のデイサービスからの参加のようで1す。一時間が済んで、休憩が終わったあとはほぼ5,60人になったと思います。他の場所でも歌声喫茶を開催されていますから、そちらを利用して頂けるとありがたいのですが・・・。と、今日も嬉しい悲鳴の一日でした。
 テレビでは、平昌パラリンピックでの日本選手の活躍が報道されていました。しかし、マスコミは相も変わらず財務省の文書書き換え問題を、金太郎飴のごとくに各社が報道しています。明らかにマスコミが一斉に朝日新聞に歩調を合わせて「安倍つぶし」を企てているとしか思えませんね。中国や朝鮮半島の国、さらにはロシアの批判などはせず、沖縄での違法な基地反対運動なども報じることなく、ただただ、野党の権力保持しか考えていない今の革新の活動は、かつて朝日新聞の記者であった長谷川煕さんですら異議を唱えています。「ニュース女子」の報道へも徹底した攻撃を行っていますが、これらは明らかに異常に見えます。「私たちが常に正義です!他の意見は言論封殺です!」って様相です。これって中国の真似ですかあ??国民の生活向上はそっちのけで、自分たちの陣取りゲームですか?拉致被害者奪還の好機が訪れるかも知れないのに、全く無視ですかあ国会議員の皆さん!?本当にいい加減にしてもらいたい!

「”なごみ”2018-2月度の歌声喫茶」

Dscf5662 全国的に、寒波のための雪害が目立っている今年の冬です。冬期オリンピックが2月9日の開幕式から25日の閉会式まDscf5648で韓国・平昌で行われています。向こうも寒いことでしょうね。ジャンプのレジェンド・葛西選手がインタビューで語ってました。「体が冷えて…」距離が伸びなかった理由の一つは選手にとっての環境整備不十分のような気がしますね。あんなに風が強い場所でしなくても…と思ったのは私ひとりじゃないでしょう。風によって成績が左右される競技が多いのだから、選手はたまったもんじゃない!4年間積み重ねてきた努力が、たまたま自分に向かって吹いた一瞬の風でフイになると考えたら公平な競技でも何でもありせんね。お宮で引く”おみくじ競技”って感じですよ。なぜこんな場所で?の疑問の答えは韓国のスポーツ事情にあるのかも知れません。ジャンプやモーグル、アルペンなどで活躍する有能な選手が韓国にはいないからです。要は「はい、競技会場は一応作りました。あとは皆さんで適当にやって!」なんですね。
Dscf5676_2  まあ、もっとも、”競技はすべて公平無私に行われるものだ”と思う方が今や幻想なんですがね。特に今年のオリンピックは朝鮮半島の政治的イベントと化している史上最低の冬期オリンピックです。夏のオリンピックもそうですが、ここでオリンピック競技大会について、勇気を持って原点に立ち戻る必要があると思いますね。現代は、選手そっちのけの大がかりな”オリンピック・ショー”で、しかDscf5677
も個々人の競技色より国家の威信をかけた大会になりがちです。だから、メダルを取るためならドーピングでもなんでもやれ!って国まで出てきています。さらに、大きなお金が動くところには利権が生じ、利権の元には心の腐った欲深い人間達が集まります。「健全な肉体に健全な精神が宿る!」そんな詭弁はもう止めましょう!
 さて、歌声喫茶です。会場の津屋崎千軒”なごみ”には、柳川でおなじみの桃の節句時期に飾る”さげもん”がたくさん下がっていました。その中で50~60名程度でしょうか、ご参加くださいました。おまけにちょうどバレンタインデーということもあって、何人もの方からプレゼントまでいただき恐縮です!ありがとうございました。今日は、途中若干の話が入りましたので終了時刻の4時を15分ほど過ぎてしまいました。反省です。ちなみにみんなで歌った曲は23曲でした。しかしまあ、皆さんノリノリで歌ってらっしゃったので伴奏者としては嬉しい限りでした。
次回は3月14日ホワイトデーの日です。さて、誰からもらったか判然としないのでお返しを心配しています。
 写真撮影は高校の同級生・上田君、伴奏の付き合いは音楽仲間の上野君でした。


より以前の記事一覧

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ