「”団十郎”君の6歳の誕生祝!」

Photo とにかく暑い!西日本ではここのところ雨が降りません。台風はすべて進路をはずれ、例年になく北海道などに上陸しています。
 北海道は今年すでに連続して上陸しています。また、通過していく途中の地域では「大雨」「突風」「洪水」「土砂崩れ」と、自然災害のオンパレードです。
 季節的に夏~秋は台風のシーズンで、日本人は慣れてはいるはずですが、それにしても中心気圧などを見ると935hPaなどと今までにあまり見かけなかったような低い値に驚かされます。台風が発達して930hPaは分かりますが、日本本土付近ではだいぶん衰えて970hPa程度になっているのが通例ではなかったですかねぇ?
 さてさて、北海道の皆さんは大丈夫でしょうか?
 その北海道からはるばる6年前に我が家にやってきたのがトイ・プードルの愛犬「団十郎」君です。今年も大好物の蒸気屋「博多焼どうなつ」を買ってもらいました。封を開けて6個積み上げるのもどうかと思ったので、思わせぶりですが団十郎の前に並べておきました。「え~?食べさせてくれないの~?」という顔でカメラを見ています。いえいえ、すでに昨日、今日で何個か食べているのですよ!
 さあ、オリンピック選手を見習って、暑さに負けずに頑張ろうね・・・・って、何を見習うの?
 リオ・オリンピックでは、「日本人ってすごいなあ!」と改めて思う場面がいくつもありました。日本選手団の皆さん”感動”をありがとう!あとはソフトバンク・ホークスが何とか3連覇へ頑張ってくれることを祈ってま~す!

「愛犬”団十郎”君の5歳の誕生日」

Img_0137s 我が家の愛犬、トイ・プードルの”団十郎”君の5歳のImg_0139s誕生日です。3ヶ月で北海道から飛行機でやって来て、ほぼ5年が経ったことになります。
 こんな話題は他人にはどうでもいいことでしょうが、仕事もせずに、日がな一日、音楽でも聴いて時を過ごす身には、このような出来事で時間の経過を知るものなんですよ。
 一番時間の経過がはっきりと分かったのは、学年毎にその年令を自覚していく生徒や学生の時代でしょうかね。社会に出れば、時の経つのも忘れて毎日毎日仕事に追われ、一年ごとの経過は知Img_0120sれど、「もう○年経ったんだぁ!」何て振り返る余裕がなかったように思います。それはとりもなおさずImg_0131s、自分が年老いている自覚を欠くということでもありましたね。久し振りに会う知人の顔を見て「老けたなぁ!」と思っても、同様に自分も年老いていることには気付かないんですよ。まあ、その方が自分には都合が良い訳ですがね。
 団十郎君は、健康であれば後10年は生きるでしょう。亡くなった飼い主を、一年間も床下で待ち続けたトイ・プードルの話がネットで紹介されていました。食料や水は近所の住人が与えていたとか。犬は本当に飼い主に忠実ですから、裏切ったりできません。せいぜい、団十郎が天命を全うするまでは元気でいたいと願う誕生日でした。
 お祝いは、大好物の「博多どうなつ」を5つ重ねてバースデイケーキの代わりです。また、それとは別に、手作りのシフォン・ケーキを妻が作ってくれました。カメラを向ける間も、「そんな記念写真なんてどうでもいいから早く食べようよ!」って顔でずーっと待ってました!

「愛犬”団十郎”君の4歳の誕生日」

Dscf1877 トイ・プードルの”団十郎”君が、北海道から飛行機でやってDscf1875来たの


が生後2ヶ月の時でした。福岡空港に迎えに行った時は、。手の平に乗るほどだったのが、現在は4歳で3200gの成犬です。人間で云うと30歳ほどでしょうか?年月の経過が早く感じられます。
 満1歳の時は、犬用のケーキを頼んだのですが、あまり食いつきがよくなく、それ以来、バースデイ・ケーキはなしです。今日はその代わりに、大好きな薩Dscf1878摩:蒸氣屋の「博多どうなつ」を妻が買って帰って来ましたので、4つを積み上げることにしました。
 バターの香りがぷんぷんするので、団十郎君は目をまん丸くして見つめています。また、1年、元気でいてくれることを祈りつつ、二人と一匹で食べました。Dscf1880_2


Dscf1874_2Dscf1876






「団十郎のサンタさん!」

001  「♪クリスマスが今年もやってきた♪」と歌うのは”竹内まりや”です005  が、否応なしに年の瀬はやってきます。
”クリスチャンでもないのにクリスマスにかこつけて騒ぐ日本人の阿呆らしさ”を毎年嘆く私ですが、その私も愛犬をサンタクロースに仕立てて喜んでいます。(苦笑)
 クリスマスだと騒ぐ割には、12月25日を”イエスの誕生日”と勘違いをしている人はまだまだいるようです。先日TVのバラエティー番組で、お笑い芸人のひとりが言った小咄がまさにそれでした。彼女に告白をするという話だったかの中で「イエスの誕生日に”ノー”は言わせないよ」などと言って妙に感心されていた場面がありました。これなどは常識のない者どうしが、全国的に嘲笑された一場面と012言うことになりますね。

 さて、近頃、団十郎君  の登場が少なかった014ので数枚の写真でご機嫌をとろうと思います。団十郎君も、北海道から九州に来て、今度のクリスマスで4度目になります。サンタの帽子を”犬の美容室 HAPPY”さんでもらったのですが、団十郎にかぶせるとゴムがあごの下にあるからでしょうか”かたまる”のです。それがまた滑稽で今年もかぶせてしまいました。記念撮影の後は自分でさっさととって遊ぼうとします。どうも帽子をおもちゃだと思っているようです。
 明日11日は”町おこしセンター「なごみ」”での今年最後の”歌声喫茶”です。

「今日も”虹”が朝の挨拶を!」

001  10月22日、午前7時頃だ006ったでしょうか、まだ朝焼けがうすく彩る西空に大きな虹がかかりました。
 九州・福岡の日の出の時刻はおよそ6時半くらいですから、まだ太陽は高くありません。虹は、太陽の高度が小さいほど高く大きな姿で出現します。今回も大きな虹です。大きすぎて1枚には収まりません。私の古いコンデジカメラでは、広角にしても入らないのです(泣)。
  いよいよ、一眼レフをデジタルに買い換えようかと考えているところです。実は先日20日に、カラオケ教室の発表会の撮影を急遽頼まれて、古い一眼レフ(フィルム使用)を取り出して撮影してきました。事前にカメラの チェックはしたものの、何かカメラの動きがスムーズでないのです。ハラハラの5時間でした。もう何年も使っていないので正常に作動しなくても仕方がないのですね。も008う一台持っている一眼レフは、すでにシャッター・プレーンのタイミングがずれて使用できない状態になっています。
 スナップ撮影をするのは10年ぶり位でしょうか?目も悪くなり、ピント合わせが心配なのですが、オート・フォーカスの助けを借りて、構図だけを考えればいいのは助かりますね。これが、デジ・カメの液晶画面を見ながらの撮影だと、遠近両用めがねが必須となるでしょう。デジタル一眼でも、私はファインダーを覗きながらの方 がいいような気がします。
 栃木にいる古い友人が、綺麗な画像をたくさんブログ004晴れときどき自販機」にアップしています。なるほど映像は、言葉以上の情報を伝えるんだなと実感されられます。
 団十郎君は、掲載意図不明ですが、眠005そうな表情ですねぇ。首輪に付けていた、超音波の虫除けをはずしました。これは超音波で蚊やノミを近づけないようにしてくれる優れものです。あなたの可愛い娘さんにもいかが?虫がつきませんよ!

「久々に団十郎君のアップです」

007  台風一過、快晴の天気で・・・・と思いきや、今日はもう曇天で002 す。時折雨が降るかも知れないという天気予報です。
 今日10月10日は、1964年(昭和39年)に開催された東京オリンピック開会式の日で、それを記念して1966年に祝日”体育の日”となりました。しかし、2000年(平成12年)からは10月の第2月曜日が”体育の日”となり、その起源が曖昧になりました。私達の年代は、”体育の日=10月10”と固定された記憶なんですよ。これは、連休や休日を増やすことにより、日本国民を堕落させようという悪巧みの一つではなかろうか?
008  などと馬鹿な妄想をしている私ですが、実は面白いニュースが昨日飛び込んできました。「国際成人力調査(PIAAC)」で、日本が「読解力」と「数学的思考力」が世界一になったというものです。
 これは経済協力開発機構(OECD)がはじ003めて実施したもので、24カ国で年齢別に統計が取られました。残念ながらあと一分野の「IT活用能力」では10位でしたが、25歳から55歳の日本人の水準の高さが示されました。日本での教育のレベルの高さが評価されたことになるでしょう。しかし、”ユトリン(ゆとり世代の人達)”が社会の第一戦に出て活動する頃にはどうなっているだろうか、と心配しているのは数学者のピーター・フランクルさんです。
 この水準の高さが、”ものづくり日本”の職人さんの、知恵と工夫を生み出す基盤になっているように思います。厳しく勉強させられた世代は、高齢006になってもその学力を維持しているのですね。今すぐにでも役立たずの”楽しい勉強”を見直して欲しいと思いますね。
 老婆心ながら、”体育の日”に身体を鍛えるのも良いですが、”健全な肉体に、健全な精神が宿る”という、人類を欺すスローガンを掲げたクーベルタン男爵の口車に乗らず、しっかり読書したり、大変だけれども繰り返しドリルを地道にやって、学力を定着させる努力をして欲しいと思います。
 とまあ、今日のタイトルに関係ない話になりました。団十郎君の元気な姿を、最近はあまり掲載していませんでしたのでご紹介しました。

「続々々:団十郎の危機!」

3_001  心配をしていた愛犬”団十郎”ですが、食欲も戻り、元気3_002を回復したようです。昨日はウンチをしませんでしたが、今日21日の夕食を食べて排便をしました。少し柔らかいですが、正常だと思います。19日に”おかゆ”を与えて以来、ご飯はドッグ・フードではなくお手製のご飯を食べています。そのため、消化されないカス(骨粉や繊維分)が少ないので便の量が少ないのでしょう。体重は、”危機”に陥る前は3.2kg でしたが、現在は3.0kgです。これを機会におやつを制限して3.0kgをキープさせましょう。可愛そうかな3_003 あ?
 とりあえずは、ホッとしました。
 今日も九州北部は酷暑です。窓を開け放っている私の部屋の温度は33℃を示しています。街中の気温は40℃はあるのではないでしょうか?
 西日本は雨が降らないので水不足もささやかれ始めました。本来、雨の少ない四国の瀬戸内側や、水の消費量の多い関東では節水を呼びかけているとか。台風の接近で、少しでも前線が刺激されて雨が降ることを願いましょう。農作物への影響も深刻化しない前に水が欲しいですね。ただし、雨は適度の雨量で降ってくれることを願います!
 掲載者写真は、食欲が出たので”もっと食べたいなあ”とおねだりしている団十郎です。

「続々:団十郎の危機!」

2_003  愛犬”団十郎”が異常事態になってから今日で4日経ちました。昨日の夜に”おかゆ”を食べ始めて、19日の朝には食欲がほぼ普通に戻ったようです。朝ご飯を与えた後、私がトーストを食べていると欲しそうに眺めていました。嘔吐が止まり、どうやら食欲は正常に戻りつつあるようです。ただ、便の様子を確かめねばなりませんが、今日は今現在(夜9時)までウンチをしていません。
 夕方までウンチをするのを待っていましたが、出ないので”あすはな動物病院”へ電話をして、診察に行くべきかどうか尋ねました。私としては便の様子を見てから行こうと思っていたのです。すると、経過を見て薬を与るので来て欲しいとの事だったので夕方6時頃に病院に行きました。この病院は、午後の診察が午後5時~8時までとなっています。
 病院では、聴診器を使って心臓や胃腸の働きを調べている様子でした。大腸炎は治る早さが個体によって違うし、胃腸の回復には時間がかかるというので、昨日と同じように点滴を受けました。今日は元気が出たからか、注射針をさされると文句を言ったり、お尻に抗生物質を注射される時にキャイ~ンと悲鳴を上げていました。昨日は悲鳴を上げる元気もなかったのですがね。
 とりあえず、団十郎君は”さくら動物病院”と”あすはな動物病院”の御陰で元気を取り戻したようです。仕事から帰ってきた妻共々、安堵のため息をつきました。これで一応”一件落着”かな?団十郎の表情も、掲載写真のように活きた目になってきました。

「続:団十郎の危機!」

2_002  17日(土曜日)、”さくら動物病院”に検査入院後、愛犬”団十郎”の嘔吐は止まりました。しかし今度は、チョコレート色の軟便をします。食欲もまだありません。軟便は、胃に溜まっていた胃液が腸へ流れるようになったせいかも知れませんが心配は続きます。
 ある情報では、カレーに入っていた肉(ちゃんと水で洗って)を与えたために同じような症状が出た犬がいると聞きました。カレーの中の香辛料やタマネギのエキスが悪影響を与えるそうです。なるほど、私もカレーの肉片を与えました(冷汗)。アナフィラキシーショックは少量でも起きますので、同じようなアレルギー反応が起きたのかも知れません。量ではないようです。以前飼っていた”花ちゃん”が比較的平気だったからといって”団十郎”が同じように症状が出ないとは言えませんしね。カレーは、タマネギのエキスも含んでいますから与えるべきではありませんでした。ため息!
 夕方、三度目の軟便をしましたが、それが血便にも見えたので、日曜日も診察をしている近くの”あすはな動物病院”へ急遽連れて行きました。何でもなければそれで安心ですし、血便ならば処置が必要だからです。
 福間駅のすぐ近くにある”あすはな動物病院”へ電話をし、排泄した便を持参して出向く。便を検査してもらうと「腸炎」を起こしているというので抗生物質などを点滴してもらって帰宅しました。まあ、それでも団十郎は、今日は病院で吠える位の元気は出ていました。
 こちらの病院では血管への点滴ではなく、皮下に一定量の薬剤を注入します。液がコブ状になりますが、徐々に吸収されるのでしょう。人間ならばかなり痛みを伴うはずですが、犬は平気な(?)ようすで泣きもしません。
 夕食の途中で出かけたので、帰宅して夕食を改めてとりました。団十郎はまだ食欲がでません。今日食べなければ4日間食事をしないことになります。病院で「おかゆさん」を食べさせればとアドバイスをもらったので、帰宅後妻が作りましたがすぐには食べません。水は飲むようです。
 と、しばらくすると・・・・や~っと食べました!量は少なめにしましたが、とりあえず食べました。ほっと一安心です。食べれるようになれば、やがて元気が湧いてくるでしょうから。
明日、念のためにもう一度”あすはな動物病院”へ出かける予定です。

「団十郎の危機!」

008  日頃、元気いっぱいの愛犬”団十郎”ですが、15日(木曜日)の朝ご飯以後、今日17日夜まで食べ物を受け付けません。
 15日の昼過ぎに胃液を吐き、それ以後、大好きなおやつ類にも興味を示さず、水を飲んでは胃液をもどす行為を繰り返していました。
 普段も、時折は胃液を吐くことはありましたが、1回吐いたらすぐに元気になっていました。しかし今回は回復しません。困りました。002 
 暑い日が続きますから、ほぼ毎日、エアコンで部屋の環境は涼しく保たれていますので”熱中症”ではありません。原因として思い当たるのは、人間のおやつ(お菓子やアイスクリームなど)を少し多く与えすぎたということでしょうか。少ししか与えていないつもりでも、3kg程度の身体には多すぎたかも知れません。
 で、16日金曜日にかかりつけの”さくら動物病院”に連れて行きました。熱はなく、細菌やウイルス類による006炎症ではないようです。やはり、消化器系に問題があるのではないかとの見立てで内服薬を処方してくれました。
 しかし、家に帰ってからも嘔吐は止まず、17日土曜日の朝一番に再び”さくら動物病院”に行きました。3.2kgだった体重が2.9kgになっています。60kgの人間だったら3日間で6kgやせた勘定になります。これではシンドイでしょうね。嘔吐が始まって以来、団十郎は始終横になっています。また、日頃はひとりでケージの中で寝るのですが、心細いのか私たちの横にやってきて寝ています。苦しいのでしょうね。まだ、水しか受け付けません。
 病院では、点滴をしてレントゲンやエコーで胃腸の活動を調べるということで一時検査入院となりました。
 夕方、病院に迎えに行くと、私たちを見て安心したのか、点滴が効いたのか少し元気が出たように見えました。
 胃腸に異物はないが、活動が低迷しているとのこと。家に連れ帰ってもしんどい様子でずっと寝ています。嘔吐はなくなりましたが、食欲はありません。今晩、ゆっくり寝てくれて、食欲が少しでも出てくれることを期待します。
 言葉を発しない動物は、病気になるととても心配ですね。昨夜は夜中に嘔吐で起こされましたが、今夜は熟睡してくれたら回復も早くなるだろうと思います。
 おねだりするからと言って、安易に人の食べるものを与えたらいけないということですね。反省。はやく元気にな~れ!

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ