« 「続・ネオワイズ彗星の観察」 | トップページ | 「”みやじ”2020年8月2回目の歌声喫茶」 »

「”みやじ”2020年8月1回目の歌声喫茶」

12

  世界中が、中国武漢発祥のウイルスのために大混乱が続いています。社会的影響は計り知れないほどの規模に拡大していますね。一体、世界中でどれほどの人が死んでいるのでしょうか?
 アメリカ、ジョンズ・ホプキンス大学のまとめによれば、21日午後3時の時点で、世界全体で2267万8483人が感染し、亡くなった人は79万3710人に上っています。

13

 1918年のスペインかぜの大流行では4000万人が死んだと推定されていることに比べれば少ないですが、人騒がせな新型コロナ・ウイルスではあります。
 死者数は、アメリカが最も多くて17万4255人、次いで、ブラジルが11万2304人、メキシコが5万9106人、インドが5万4849人、イギリスが4万1489人となっています。
 では日本は何人かというと、21日の統計では1174人です。何と死者数はアメリカの2%にも満たない数字です。
 まあ、それで11 も世間には心配性が多くいて、またマスコミ、特にTV報道の過剰な恐怖の煽り(?)にのって縮こまってしまっていますね。色々な行事が軒並み中止に追い込まれています。このままでは経済は大打撃でしょう。現に、店をたたんでいる店舗が見られます。深刻ですね~。そして、無能な厚労省やマスコミの罪は大きいと思います。

 さて、私たちの「歌声喫茶」の活動も世間の声に押され(というより、行政の指導が入り)半年ほど中止せざるを得ませんでした。しかし、多くのファン(?)の方々の要望により、再開する方向で動き出しました。
 8月は、取りあえず「慣らし運転」の意味で1時間に限り実施しました(8月12日)。参加人数は、ソーシャル・ディスタンスを配慮して30~40人程度から始めることにしました。その結果が掲載写真です。歌集は感染予防の観点から使わずにプロジェクターによる投影でした。参加者は、とりあえず連絡の取れる常連さんに声をかける程度にしました。
 それでも会は盛り上がり、大喜びしていただけました。皆さんは、行事に、あるいは歌うことに”飢えている”という感じでしたね。

 行政側は自重して欲しいという感じだったようでしたが、取り敢えず、皆さんに喜んでいただけたので実行者としては「よかった、よかった!」でした。次は二週間後です。発症するのに十分な時間経過です。さて、何人が発症しているやら!?いやいや、不謹慎な発言と思わないでください。ウイルスは、生きていく上で共生しないといけない存在なのですからこれくらいの覚悟でいた方が、深刻がるより賢明ではありませんか?

« 「続・ネオワイズ彗星の観察」 | トップページ | 「”みやじ”2020年8月2回目の歌声喫茶」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「続・ネオワイズ彗星の観察」 | トップページ | 「”みやじ”2020年8月2回目の歌声喫茶」 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ