« 2019年12月 | トップページ | 2020年7月 »

「大きな月暈と満月」

1月10日金曜日、2020年で初めての満月が夜空に輝いた。Img_0441
 冬の月は南中高度が高く、真夜中頃には天頂付近にくる。これは太陽の南中高度が低くなることとは逆だ。
 金曜日の夜は、福津市渡にあるカレー屋さん「アップルカフェ」で部活を行っています。部活とは仲間内での表現で、音楽仲間の練習日のことです。今は4人で行っていますが、一時期は6,7名で練習していた時もありました。現在は、歌声喫茶の伴奏練習が主体なので、それに関わっているメンバーだけになりました。
 夜7時過ぎ頃には空の雲が少なくなってきて、東から登ってきた満月をメンバーでしばし眺めていました。
「夜空を見上げるなんて、日頃はないなぁ」
 と誰かが言えば、
「私の家の方から見ると(周りに灯りがないので)オリオン座などが綺麗ですよ~」
 と、星の数を自慢する声が上がりました。
 なるほど、近頃は街灯やマンションの灯りなどで見える星の数が少なくなっていることを実感していたので、「満天に輝く星」は羨ましく思えますね。

 そんな部活を終えた深夜、寝床に着く前にもう一度満月を見ようとベランダに出たとき、驚くべき光景を目にしました。

「何と大きな月暈なんだ!」

 月に暈がかかる現象は、それほど珍しいものではありませんが、これほど大きな暈をみたのは初めてだったからです。思わず布団に入っていた妻をも起こして二人で見ました。妻も驚いてしばし見入っていました。
 天頂の満月の周りを、でっかい大穴が宇宙の中にぽっかり開いているように見えます。急いでカメラを取り出して撮影しましたが、う~ん、大きさを比較するものを写し込めなかったのでその規模がピンと来ません。残念です。

 しばらく見ていましたが「はて、どうしてこんなに大きな暈になったのかなぁ?」と疑問が湧いてきました。暈は、絹層雲を作る氷晶が月の光を屈折して生じる現象ですが、その大きさは雲の高さによって決まるのかなぁ?
 虹に主虹と副虹が見られるように、暈にも屈折や全反射の違いで複数あるようですが、はっきり見られるのは内暈と呼ばれるものです。
 光を屈折させる絹層雲は5~15kmの高度で発生するので、恐らくこの夜の絹層雲は高い位置にあったのではないでしょうか。

 まあ、それにしても「とっても得をした」あるいは「いいものを見せてもらった」という思いが強く残った一晩の宇宙の演出でした。

 ※写真に写り込んでいる物体は、マンションの一部です。

「”みやじ”2020年1月1回目の歌声喫茶」

Dscf8951 2020年(庚(かのえ)の子年)が明けました。庚の子年の特徴を四柱推命から言うと

「2019年に取り組んで来たことを継いで、その悪いところを償い、諸事更新して確立して行くと同時に、温めて来たものが茂るかの如く確立していく年」(四柱推命鑑定士:真田孔明氏の弁)
 だそうです。
 また、今年の恵方は「西南西」になるとか。
 日頃は、このような事に関心を示しませんが、新年ですからおみくじと一緒で若干は気になります。
 まあ、それはさておいたとして、今年は自分の意思としてはどんな生き方をしようかな?…などとつらつら考えてみましたが、若い頃のようには真剣に考えなくなりましたね。何せ殆どが惰性で生きているこの頃ですからね(笑)。

 新年第一回目の”みやじ歌声喫茶”は、1月8日(水)に行われました。前夜は台風並みの強い雨風が吹きつける荒れた天気でしたが、開催される頃には穏やかな天気になり、終わってみれば晴れ間から日の光が差していました。天の采配に感謝でした!Dscf8944  

 1回目は上野君との会です。今日は歌集以外の曲を数曲入れる予定もあったのでプロジェクターで歌詞を投影することにしました。若干字は大きくしたつもりでしたが、それでも後ろの方々が見えるにはまだ厳しかったようですね。プロジェクターやスクリーンの質にもよるのかなぁと思いますが、老眼あり近視ありの高齢者集団ですからすべての人が満足ってのはないかなぁ・・と開き直っている次第です。

 曲の説明や、曲のつなぎに話を入れる訳ですが、話をしながら、ふと小学生の頃のクラス担任が言った言葉が思い出されました。
 その話の前後の事柄はすっかり忘れましたが「メッキ人間になったら駄目だぞ!」と言う言葉でした。6年生の時だったと思うので、私の心の中に60年間も住み続けていることになります。

「口先だけで格好をつけたり、虚勢を張って自分を大きく見せたり、表面だけ取り繕って偉く見せたり、有能に見せたりせずにしっかり中身を成長させなさい。」

 そんな意味で話をされたんでしょう。なるほど、この言葉は、自分の世界が広くなり、多くの人々と接するにつれて実感するようになりました。世の中には圧倒的に「メッキ人間」が多いのですね。これを1年の最初の会に皆さんにお話ししました。

 これは、すでに自覚しいる人にとっては「そうだ、もっと気を引き締めよう」と改めて思う機会になりますが、正体が「メッキ人間」の人には実感がなく、他人事で終わるんですよね(笑)。その様子を見ていると、面白くもあり悲しくもあり、しかしまあ何と歯がゆいことか!

 皆さん、今年もどうぞ宜しくお付き合いくださいませ!

« 2019年12月 | トップページ | 2020年7月 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ