« 「”みやじ”2019年12月1回目の歌声喫茶」 | トップページ | 「”みやじ”2020年1月1回目の歌声喫茶」 »

「”みやじ”2019年12月2回目の歌声喫茶」

Dscf8855 今年も最後の歌声喫茶が開かれました。何と12月25日クリスマスの日でした。あいにく掲載用の写真が間に合ってませんが、サンタの格好での舞台でした。
 これで、兎にも角にも今年の仕事が終わった~という感じです。今回は、クリスマス用の曲を加えた加減でプロジェクターを使用しました。確かにこれだと歌集を配る手間が省けて助かるのですが、スクリーンの字が後部座席の方々に見えるかどうかが心配です。
 今回は70名を越える方々が参加されていました。累計回数は135回目です。
 クリスマスの歌はありますが、お釈迦様の生誕祭「花祭り」には歌がないのですね。お経でも唱えるべきでしょうかね、何て妙なことを考えた一日でした(笑)。

 クリスマスにちなんで「きよしこの夜」「ジングル・ベル」「赤鼻のトナカイ」の3曲を冒頭に歌いました。クリスマスを「イエス様の誕生日」と思い違いをしている日本人って意外と多いのでは?Dscf8831_20191231204401  
 まあ、致し方ありませんよね、クリスチャンではないのですから。つまりは異教徒の祭り?いえいえ、本来は祭りではなく神聖な教会行事なんです。それを、神道や仏教の国である日本では、すっかりお祭り騒ぎの機会にしてしまっています。さて、イスラム教の国ではどうしているのでしょうね。知りたいものです。

 年末になって、東京地検特捜部が収賄容疑で秋元衆院議員(自民党)を逮捕するという事件が起きました。中国マネーが、日本の大物議員を含め野党の議員など複数名に流れているとか。明らかに中共の強力な工作活動にやすやすと日本の議員たちが乗っかってしまっているという事態です。
 普通ならば、自民党議員が問題を起こしたのですから野党が大声でわめき立てる場面なのに、だんまりを決め込んでいるのはなぜ?さてさて、彼らは気楽に年越しという気分にはなれないのでは?

 それはさておき、歌声喫茶に関係のある皆様、今年も一年間ありがとうございました。良いお年をお迎えくださいますように、感謝と共にお祈り致します。ありがとうございました。

« 「”みやじ”2019年12月1回目の歌声喫茶」 | トップページ | 「”みやじ”2020年1月1回目の歌声喫茶」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「”みやじ”2019年12月1回目の歌声喫茶」 | トップページ | 「”みやじ”2020年1月1回目の歌声喫茶」 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ