« 「宗像市”光の会”メイトムでの歌声喫茶」 | トップページ | 「”みやじ”2019年12月1回目の歌声喫茶」 »

「”みやじ”2019年11月2回目の歌声喫茶」

Dscf8859 11月27日(水)は、11月第2回目の”みやじ歌声喫茶”の日でした。前回は上野君が欠席でしたが、今回は上野君が参加し、キーボードの橋爪さんも加わっての3人のステージです。
 実は私は今月は3度目の歌声喫茶となります。なんと、二ヶ月続いての3回公演(?)ですね。まあ、元気なこと!
 参加者は87名だったとか。好評だと判断していいのでしょうか?しかし、それには期待に伴う責任が発生すると言うことでもありますから、心しておかねばなりません。
 毎回、月の二回目はキーボードとのセッションですが、ほぼ打ち合わせなしの演奏ですから、ちょっと気が引ける感もあります。それに付き合って臨機応変に対応してくれる橋爪さんには感謝です。 
 さて、前半の童謡唱歌の部は順調に曲をこなして1時間で終わる予定が、最後に私の話が長くなって10分ほどオーバーしてしまいました。「何の話かって?」そりゃあ決まってますよ”韓国ネタ”ですよ(笑)。昨日届いた「反日種族主義」の本などを若干紹介しながらネタを振ってたらオーバーしました(汗!)。Dscf8844
 後半は、懐かしの昭和歌謡曲ですが、曲集にない曲を取り上げたくてOHPを使ってみました。歌詞をスクリーンに投影して3曲ほどですが歌ってもらいました。この試みは、以前、”なごみ”で試したことがあるのですが”みやじ”では初めてです。
 この試みは賛否を分けました。高評価の方は「顔を上げて歌うので声がでやすかった」、低評価は、後ろの方は「歌詞が見えづらかった」です。これらは予想通りでした。
Dscf8831  ”なごみ”で試したあと続けなかった理由は、会場が暗くなり、演奏者が譜面台に灯りが必要になることや、歌集を見ることが昔の歌声喫茶のイメージに近いことで、歌集での歌を参加者が希望されたことによります。それに「自分用のマイ歌集」が欲しいという要望もあったからです。

 秋の天気は、春の天気と同様に変わりやすいものです。会が終わって帰るまでは何とかもってくれた天気でしたが、帰る頃には空模様が妖しくなってきました。北寄りの風が吹き始めると気温が下がります。今年の冬は暖冬の予想ですが、それでも冬は冬です。子供たちの間ではインフルエンザが流行りだしたと伝えられています。今年もあとひと月です。無事に健康で過ごせることを願っています。
 写真提供は、いつものように上田君でした。

« 「宗像市”光の会”メイトムでの歌声喫茶」 | トップページ | 「”みやじ”2019年12月1回目の歌声喫茶」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「宗像市”光の会”メイトムでの歌声喫茶」 | トップページ | 「”みやじ”2019年12月1回目の歌声喫茶」 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ