« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

「”みやじ”2019年7月1回目の歌声喫茶」

Dscf8410  梅雨というのに北部九州では雨が少なく、渇水気味の状況が続いています。他の九州地区では水害に見舞われているというのに、困ったアンバランスですね。まあ、それが自然というものでし ょうか。確かに、地球という星に人間が勝手にのさばっているのですから、人間の都合の良いようにはいきません!
 さて、先月は福津市立図書館を借りての”歌声喫茶”でしたが、今月から再び宮司コミュニティセンターでの歌声喫茶です。エアコン設備の整備も完了し、快適な空間での催しとなります。
 宮司コミュニティセンターは、福津市の郷づくり推進協議会の宮司地区が管轄となっている施設です。よって、福津市全体の市民や市外の方々を対象としている歌声喫茶の開催場所としてはふさわしくないのかも知れませんね。カメリアホールなどが望ましいのかも知れません。しかし、ボランティアで行う私たちが施設の費用まで負担して行うには負担が大きいですね。ましてや参加者に金銭の負担をさせることは望みません。幸い、図書館ライブラリーとして行った歌声喫茶では、図書館研修室の使用料や歌集の負担は、図書館の配慮で発生しませんでした。しかし、現在行っている宮司コミュニティセンターでは、部屋の使用料や電気代の請求がボランティアの私たちに来ます。これって違和感を覚えますね。津屋崎千軒なごみDscf8380で行っていた時にも負担はありませんでした。「市民の皆さんを楽しませている活動だから」という配慮だったと思います。この奇妙な現状を参加される方々はどう思われているのでしょうね。現在は参加者が100円ずつを募金する形でお金を集め、使用料に当てています。これだと、まったく市民に優しくない郷づくりの活動となります。ちょっとこの問題は何やら”闇”があるかも知れませんね(笑)。
 前振りが長引きました。さて、歌声喫茶ですが、新しいレパートリー曲を増やすために数曲を独りで歌ってみました。その反応次第で歌集に加えるかどうかを判断するわけですが、意外や意外、私の思惑が完全に外れた曲がありました。それが大村崑が主役を務めたテレビ番組「とんま天狗」の主題歌と、藤田まことが出演し、主題歌も歌ったテレビ番組「てなもんや三度笠」の主題歌です。私の中では懐かしいテレビ番組なのですが、お客さんの反応が・・・(汗!)でした。昭和34、5年の時代です。私が小学校4、5年生の頃ですね。理由を考えるに、まだまだテレビが一般的ではない時代だったと言えます。昭和34年は、現上皇さまが美智子上皇后さまとご成婚あそばされた年です。巷の家庭にチラホラとテレビが入り始めた時でしたから、見る機会がなかったのでしょうか?私はちょっと肩すかしを食らった感じでした。そういえば、「テレビ・冷蔵庫・洗濯機」の三種の神器もまだまだの年だった気もしますね。

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ