« 「”なごみ”2019年2月2回目の歌声喫茶」 | トップページ | 「”なごみ”2019年3月2回目の歌声喫茶」 »

「”なごみ”2019年3月1回目の歌声喫茶」

Dscf7840  春秋の天気は”変わりやすいもの”の代名詞にあげられます。汚名を着せられる「男心」や「女心」にとっては迷惑ですね(笑)。”女心と秋の空”などは、振られた男の未練の表れの言葉だろうとは思いますが。
 さてさて、余談はさておき「歌声喫茶」ですが、7年目を迎えた「町おこしセンター”津屋崎千軒「なごみ」”」での開催が、3月13日と27日の2回を持って終わります。4月からは、会場を「宮司コミュニティセンター」の多目的ホールへと移します。
 新年度から、管理者が「郷づくり推進協議会」へと代わり、新体制で地域活動の企画運営を図ることになります。「歌声喫茶」も、それを受けての移転という訳です。
 マリリン・モンロー主演映画「七年目の浮気」ではないですが、そんなタイトルがピッタリ(笑)の移動ですね。別に会場を移動せずとも開催は可能でしょうが、津屋崎郷づくり推進協議会からは何らのアクションもありませんでしたし、このままでは継続を希望される皆さんの願いが叶いませんので、先に手を上げていただいた宮司郷づくり推進協議会へと移動となった次第です。Dscf7835
  もともと、「津屋崎千軒なごみ」の施設は市が直接管理していました。しかし、稼働率が悪いので、一般企業に管理運営を委託しました。その最初の年度のセンター長が高校の一年後輩で、津屋崎が郷里であった上田君が協力する折に私に声がかかったというのが「歌声喫茶」のアイデアの発端でした。予算も多く取れない中で四苦八苦する後輩を援助した訳です。30~40名位から始まった会が、三代目の現在の日高センター長の努力もあり、とうとう座る椅子が足りない状態になり、月一回が月二回となり、それでも100名ほどがお集まりになっています。相当の営業努力があったと想像いたします。それが、なぜか再び市の直轄組織「郷づくり推進協議会」が運営をすることになりました。何やら、匂ってきそうな裏事情が・・・・。というのは考えすぎでしょうかね?
 あと、残り一回です。しっかり締めくくって新しい場所での準備をせねばなりません。重ね重ね言いますが、誰か代わりにやっていただける人がいたらこの機会に代わってくれませんかねえ?甘いですか?そろそろ演奏すること自体に限界が来ているのですが・・・。
 掲載写真は、前回同様「さげもん」が飾られている中での3月13日の様子です。

« 「”なごみ”2019年2月2回目の歌声喫茶」 | トップページ | 「”なごみ”2019年3月2回目の歌声喫茶」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「”なごみ”2019年3月1回目の歌声喫茶」:

« 「”なごみ”2019年2月2回目の歌声喫茶」 | トップページ | 「”なごみ”2019年3月2回目の歌声喫茶」 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ