« 2018年11月 | トップページ | 2019年2月 »

「沖ノ島を望む~愛犬・団十郎と」

Photo   天気が良かったので、福津市の津屋崎にある大峰山自然公園(通称:東郷公園)に上って”沖ノ島”を探してみました。
 ここ東郷公園は、戦艦三笠の艦橋を模した日本海海戦紀念碑が山の頂に建てられていて、その下には東郷平八郎を祭神とする神社があります。
 この公園には、高校生の頃から何度も訪れていました。私は27歳まで宗像町赤間(現宗像市赤間)で生活していましたので、厳密に言えば、高校生当時は地元という訳ではありません。それでもなぜだか、高校の定期テストの後によく訪れていました。
 津屋崎には、仲の良い友人達が何人もいましたし、津屋崎浜や恋の浦の美しさはテストで疲れた頭と心を癒やすには最適だったのでしょうね。
 野郎ばかりが集まって、今思えばつまらない話ばかりをしていたように思います。砂浜に打ち上げられている貝殻や、磯の岩の中に時たま発見できるメノウや潮だまりに見られる海生生物などを見ることで疲れがとれましたよ。
 ただひとつ、後々まで残っていた疑問がありました。それは、元帥東郷平八郎がなぜ神様として祭られているのだろうか、ということでした。
 多分、左寄りの教育を受けて育った団塊世代特有の色眼鏡越しの感情ですね。当時は、戦争をやらかして、たくさんの兵隊を殺した人間がなぜ神様として祭られなければならないんだと思っていましたから。その呪縛はもうすっかり解けていますが、Photo_2その時思った感情は鮮明に覚えています。もしも日露戦争で負けていたら・・・と考えるとゾッとしますよね。今頃はロシア語をしゃべっているかもしれませんから!
 その公園に、妻と愛犬・団十郎とで沖ノ島を見に来たわけです。晴れて空気が清浄ならば見えるはずですから。
 上ってみると、水平線に”海の正倉院=沖ノ島”が肉眼で確認できました。「おっ、すごい!」と思わず興奮しましたよ。おそらく、はっきり意識して島影を確かめたのは今回が初めてではないでしょうか。今までも見ていたでしょうが、興味も関心もなければ感動はありませんのでね。双眼鏡でみると、山肌の陰影まで見えました。ちょっと神聖な気分にもなりましたよ。
 掲載写真は、クリックして拡大すると「沖ノ島」の陰影を認めることができるでしょう。本当にクリーンな眺望とは言えませんが、それでも確かに沖ノ島がそこにありました!これで、来年は今年よりもましな「平和な日本」になるでしょう!

「”なごみ”2018年12月2回目の歌声喫茶」

Dscf7500   12月26日水曜日は、今年最後の”なごみ”歌声喫茶の日でした。徐々に寒さが増しつつある日でしたが、寒さもなんのその、皆さんの暖かい歌声が響きました。
 今回はピアノの橋爪さんが参加されるので、心強い日です。
 それに先駆け、20日の木曜日には、私の住んでいるマンションで小さな歌声コーナーを演じてきました。光陽台や古賀市日吉台での歌声喫茶と同様に、イレギュラーな催しです。来年2月には福津市立図書館で開催が予定されています。こうやって、イレギュラーを入れると、結構な数をこなしているんですよね。疲れるはずですね!
 さて、話を”なごみ”歌声喫茶に戻しましょう。
 今回は80名を数える参加だったでしょうかね。毎回、いちいち数をDscf7504_2数えていませんので確かなことは不明です。幼なじみや、高校の電気物理部の後輩の顔などが見えていました。
 いつものように、童謡唱歌から、昔風に言えば流行歌までを楽しく演奏して歌っていただきました。歌集の曲を数えますと、1年間で480曲を越える数を歌うことになります。改めて、我ながら「よくもまあそんなにたくさんの曲を演奏するものだ!」と感心しています。正直なところ、もう7年以上やっていますから活動に飽きが来ているのは確かですが、ラーメンやうどんを作り続けるのと違って、月々異なる曲を演奏するので毎回が新鮮な気分になれるので続けられているのでしょうね。
 近頃は「時事放談」も快調で(笑)、今年最後ということもあって少々熱が入った感がありました。韓国海軍の駆逐艦が、自衛隊のP1哨戒機に火器管制レーダーを照射した事件や、30名近い逮捕者を出している関西生コン事件を報じない新聞や地上波TV局のマスコミに対する批判などをつい熱く語ってしまいました(笑)。しかし、参加されている方々は、ネット環境下で情報を得ておられる方は少ないようで、ひょっとすると「何の事?」って感じだったかもしれませんがね・・・(ため息)。

「”なごみ”2018年12月1回目の歌声喫茶」

Dscf7402_3   数日来の雨模様が回復した12日水曜日、12月1回目の歌声喫茶を開催しました。
 もう師走なんですよね。会場の皆さんとも共感したことなのですが、時間の経過が早く感じられるようになって久しくなります。1年の経つのが遅く感じていたのは中学生か、高校生の頃だったでしょうか?それ以後は、年を追うごとに時間の経過が早くなっていったように思います。この感覚って、何から来ているのでしょうかね。
 さて、歌声喫茶ですが、今日もたくさんの方々に参加していただきました。今日は上野君と二人でお相手する会です。お相手の上野君と始めた当初、彼は若いなあと思っていたのに、7年も経ってしまったので、最近はすっかり”おじさん”色が濃くなってきましたよ。当たり前ですが(笑)。私と二回りちがうので確か○○歳なんですね。改めてそう思うと、老けましたね~!(笑)
Dscf7391  今回は、しばらく陰を潜めていた時事放談の時間が多くなりました。百田尚樹氏の書いた「日本国紀」を読み、インターネットで「虎ノ門ニュース」を聴いているせいですかね(笑)。まあ、それでなくても、韓国の国際条約を無視した暴挙を見聞きすれば日本人ならば誰でも腹を立てるでしょう!中国のハーウェイがらみのニュースもしかり、どうして中韓というのはこうも節度のない国なのでしょうね。それに加えて、それらを中韓にご注進、ご注進と、虚偽のニュースをプレゼントして日本叩きの原因を作る反日(親中、親韓)の日本人(新聞社、TV局)って、何をしたいのでしょうか?現在もコミンテルンが機能していて、その活動が水面下で行われているという言説が正しいように思えてきました。Dscf7386
 まあまあ、気を取り直しつつ歌声喫茶を進行しましたが、上野君が「これは個人的見解ですから」と私をフォローしてくれるのですが、この日本人の優しさが結果として中韓の横暴を呼び込んでいると思われます。彼の国は、日本人の思いやりだの慎み深さなどを感じることができない政治形態や人種ですから、もう、はっきりと述べることが誤解や”日本には何でもあり”という勘違いをさせない方法だろうと思いますから、私もはっきりと表明することにしました。なぜなら、会場にお出での皆さんは、TVの地上波と新聞からしか情報を得ていない人達だからです。そのため、ごく偏った情報しか知らされていないのですね。まあ、それでもごく柔らかくしか言えないとは思っていますが。今後の展開はどうなることやら!

« 2018年11月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ