« 「光陽台へ歌声喫茶の出張です!」 | トップページ | 「”なごみ”2018年8月2回目の歌声喫茶」 »

「”なごみ”2018-7月1回目の歌声喫茶」

Dscf6634 西日本に甚大な水害が発生しました。広島市安芸区、倉敷市真備町などの報道をTVで見るたびに胸が痛みます。福岡県でも門司区で崖の崩落、久留米市で川の氾濫などがありました。現在ですでに死者が197名、行方不明者が49名を数えています。土砂に押し流された地域で救済活動がすすめば、この数はさらに多くなるでしょう。Dscf6660
 この背景には気候変動にともなう異常気象が関係していると考えられます。恐らく、このような被害は世界的に進行しているでしょう。地球規模のカタストロフィー(大災害)は、私の知る限り30年前には”確実”に予測されていました。多くの科学者が地球の危機を訴えていました。そして、元米副大統領ゴア氏 が2006年に作成した映画『不都合な真実』が現実となりつつある訳です。私も「環境問題」という言葉が存在しない前から機会ある毎に話してきましたが、大人達(周囲の教師達)はほとんど関心を示しませんでした。「それは理論の世界で現実味が乏しい」という感覚でした。それで、せめて子供達には分かって欲しいと熱心に話したものでした。「瀕死の地球を救おう!」が私のスローガンでした。もう、その時の子供達もいい大人になっています。なんとか食い止める方向へと社会が変化してくれるDscf6651ことを祈るばかりです。しかし、相変わらず利潤追求の自由主義が大きな顔をしている社会ですから望み薄ではありますが・・・。今の私の感覚は「欲しいものが、欲しい時に、欲しいだけ手に入る社会」を目指すことが解決の方向だと考えています。そこには「お金」が存在しません。おそらく「夢」であり、お前は「夢想家」だと切り捨てられるでしょうね。40年ほど前に地球のカタストロフィーの危険を話し始めた時と何ら変わりませDscf6674んね。人間はもっと精神的に成長しなければ!と空しさが募ります。
 風邪のダメージが思ったより大きく、今回の歌声喫茶もいまひとつエネルギー不足のまま何とかやりおおせた感じでした。年齢には勝てない?ってことでしょうかね?指がギターを弾くことを拒否し始めています(笑)。しかし、この苦しみは他人には分かりません。そんなストレスも疲れる原因かも知れませんね。
 今回も80名ほどの参加があったと聞きました。しかし、いつまでもこのままの形で歌声喫茶を続けることはできません。さあ、いつ、どんな形で終わりを迎えるのが良いのかをどうしても考える今日この頃なんですがね。
 今回は、私の代わりに上田君に座ってもらって会を進めてもらおうとしたのですが、私の苦労や心配は彼らには”一切”理解ができないようですね。どんな指の状態で必死で弾いているかなど想像もできないようです。今、パソコンのキーボードを叩いていますが、これも右指が半分は動かない状態でキーを打っています。想像できないでしょうね(笑)。





« 「光陽台へ歌声喫茶の出張です!」 | トップページ | 「”なごみ”2018年8月2回目の歌声喫茶」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/150630/73858076

この記事へのトラックバック一覧です: 「”なごみ”2018-7月1回目の歌声喫茶」:

« 「光陽台へ歌声喫茶の出張です!」 | トップページ | 「”なごみ”2018年8月2回目の歌声喫茶」 »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ