« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

「”なごみ”2017-3月度の歌声喫茶」

Dscf133  ここのところ、比較的暖かい日が続いていたのですが、皮肉なことに3月8日(水)の”歌声喫茶”の日は朝方「みぞれまじり」の雨が降っていました。
 当然のことですが、行事を抱えた日の天気は気になるものです。かなり気温も低いので、恐らく今日は出足が悪いだろうと予想していたのですが・・・おや、まあ!50名を数える方々がお出でになり、嬉しい悲鳴となりました。
 2月の歌声喫茶の日から今日までの間、金正男の暗殺事件のニュースが世界を駆け巡りましたね。常軌を逸した北朝鮮の狂気が改めて身近に感じられ、暗い気分になります。また、韓国は韓国で大統領が弾劾を受けて失脚するでしょう。この結果、親北朝鮮の政府が誕生するとなれば、日本にとってさらにややこしい舵取りを迫られるでしょうね。大変な世の中となりました!Dscf122

 相棒の上野君は、2時開始の直前に会場入りです。仕事を持っていながらよく付き合ってくれます。感謝です。設営と写真担当の上田君は、”よっちゃん祭”の準備で遅れて参加してくれました。これまた感謝です。
 さて、3~4月の歌は、春の歌ですからどれも明るい色調の曲です。やはり”ホッ”としますね。でも、もう何年も歌って来ましたから新しい曲を準備しました。
 1 「春のうた」…桜の花の咲く頃は~(詞:野口雨情)
 2 「春の歌」…ラララ 紅い花束車に積んで
1は大正の歌、2は昭和の歌です。さすがに若い方は1の歌をご存じありませんでしたね(汗)。
 さらに3月1日になくなった「かまやつひろし」を追悼する意味で、彼に関する歌を数曲取り入れてみました。吉田拓郎が贈った「我が良き友よ」、スパイダース時代の彼の作曲した「どうになかるさ」「なんとなくなんとなく」「あの時君は若かった」や、拓郎と歌った「シンシア」などを”ざ~っ”と駆け足で歌い綴ってみました。
 今さらこんな事を言うのも何ですが、彼がスパイダースで活躍していた時期は、私はまったく興味がなく、むしろGSなどは軽蔑すらしていました。でもこれだけ耳に残っているのですから、どれだけ多くの場面でラジオ、テレビで流れていたか、さらにどれほど優れていたかを改めて思い知らされる思いですね。今は、”なんと心地よく心に響く音楽”なんだろうと思いますよ、ハイ。

 私たちに数々の宝物を残してくれた”かまやつひろし”の魂に感謝の念をおくりましょう!

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ