« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

「”団十郎”君の6歳の誕生祝!」

Photo とにかく暑い!西日本ではここのところ雨が降りません。台風はすべて進路をはずれ、例年になく北海道などに上陸しています。
 北海道は今年すでに連続して上陸しています。また、通過していく途中の地域では「大雨」「突風」「洪水」「土砂崩れ」と、自然災害のオンパレードです。
 季節的に夏~秋は台風のシーズンで、日本人は慣れてはいるはずですが、それにしても中心気圧などを見ると935hPaなどと今までにあまり見かけなかったような低い値に驚かされます。台風が発達して930hPaは分かりますが、日本本土付近ではだいぶん衰えて970hPa程度になっているのが通例ではなかったですかねぇ?
 さてさて、北海道の皆さんは大丈夫でしょうか?
 その北海道からはるばる6年前に我が家にやってきたのがトイ・プードルの愛犬「団十郎」君です。今年も大好物の蒸気屋「博多焼どうなつ」を買ってもらいました。封を開けて6個積み上げるのもどうかと思ったので、思わせぶりですが団十郎の前に並べておきました。「え~?食べさせてくれないの~?」という顔でカメラを見ています。いえいえ、すでに昨日、今日で何個か食べているのですよ!
 さあ、オリンピック選手を見習って、暑さに負けずに頑張ろうね・・・・って、何を見習うの?
 リオ・オリンピックでは、「日本人ってすごいなあ!」と改めて思う場面がいくつもありました。日本選手団の皆さん”感動”をありがとう!あとはソフトバンク・ホークスが何とか3連覇へ頑張ってくれることを祈ってま~す!

「”なごみ”2016-8月度の歌声喫茶」

Photo 8月10日(水曜日)は、津屋崎千軒”なごみ”での定例「歌声喫茶」の日でした。
 連日、日本列島は”熱闘”甲子園ではないですが”熱島”の日々が続いています。この日も気温は36℃を越えていたでしょうか。それでも掲載写真のようにたくさんの方々がお集まりになりました。その中には、老人施設から初めておいでになった方々がいらっしゃいました。まさにこれが「枯れ木も山の賑わい」というのでしょうね(笑)。いいえ、これが今の日本の縮図ですよ。やってる私も「枯れ木」なのですから!Photo_2
 そこで今日は、いつもはだらだらと話をしながら進めるところを、真面目に童謡・唱歌をたくさん歌ってもらうことにしました。
 施設のお年寄りは、「調子っぱずれ」ですがしっかりと声を出しておられました。まあ、場所を移動して来ることができる方々は、もともとそれなりに元気な方々なんでしょうが、奇妙な言い方かも知れませんが、歌声を聞いていて「生命力=生きている感じ」が伝わってきました。あるいは、それを歌が引き出しているのかも知れませんが、今日はちょっと違った感覚で伴奏をしていましたね。
 後半の1時間は、おいでの方々からリクエスト曲を紙に書いていただき、アメリカン・ポップスや日本の懐かしい歌の音源を流して聴いていただくことにしました。ちょっとしたエピソードを書いていただきましたが、自分も含めて来場の皆さんもきっと同じような想い出がおありで、共感しつつ聞かれていたのではないでしょうかね。パット・ブーンの「砂に書いたラブレター」、映画『荒野の決闘』の主題歌「いとしのクレメンタイン」、カーペンターズの「シング」などなど、皆さんと楽しみました。

 巷では、リオ・オリンピックの話題でもちきりです。また、甲子園では全国高校野球があっていますし、プロ野球も優勝へ向けてしのぎを削っています。スポーツの熱い戦いも、まだまだ当分続きそうですね。



「”なごみ”七夕コンサートに出演!」

Dscf3733 暑い日が続いています。たまたま6日には雷鳴と共に”夕立”が降りましたが、30分足らずの雨では”からっから”の地Dscf3719面にあっと言う間に吸い込まれるだけでした。それでも植物には有り難かったでしょうが!
 マンションから見ていると、古賀や新宮の空が真っ黒でした。でも、すぐに雨は海に抜けて相島(あいのしま)を包み込むように足早に去って行きました。
 さて、8月7日の夜は「第12回福津市納涼花火大会」でしたが、昼間、私たちCOSMOSのメンバーは、津屋崎千軒”なごみ”で開催されDscf3722た「七夕コンサート」に出演しました。
 6日土曜日はギター・マンドリンのグループが、また、7日Dscf3724の午前中はギター・アンサンブルの皆さんが演奏していました。
 花火大会の記事にも書いたのですが、ちょうど「リオ五輪」と重なり、お客さんはさほど多くはありませんでした。おまけに外に出るには猛暑でしたしね。
 それでも足を運んでくださった方々にと、精一杯の演奏を届けました。
 COSMOSは、私1人が男性です。七夕なので「浴衣を着て」と思いましたが、袖が演奏の邪魔になりそうなので、私は”甚平”をはおり、女性陣は涼しげな装いで演奏とあいなりました。しかし、友人に撮ってもらった写真を見て”がっくり”!どこぞの田舎の爺ちゃDscf3730んが畑仕事をしているような格好となってますね。このまま”肥(こえ)たご”でも担いでいけそうです!(笑)
Dscf3721_2 演奏は、午前中に宮地のコミセンで練習した甲斐があって、まずまずでした(と自画自賛)。ただ、高校時代からの友人夫妻が来ていたので後で感想を聞くと”微妙”という返事!彼は私とバンドを組んでいた友人です。
  どうやら選曲にメリハリがなかったのが一因かな?それに土曜日からの出演者が「演奏」ばかりだったというのも、終わってから気になりました。
 以前、私たちのギター仲間が出演した時はボーカルが主体でしたし、冒険でしたが「監獄ロック」や「ハート・ブレイク・ホテル」などのパンチの効いた曲も絶叫していましたからね(笑)。また、その方がお客さんも乗ってこれるということがありました。
 今回のCOSMOSのプログラムは、「星に願いを」「見上げてごらん夜の星を」「少年時代」「ディズニー・メドレー『いつか王子様が』『ホール・ニュー・ワールド』『美女と野獣』」「青葉城恋唄」「365日の紙飛行機」「いとしのエリー」「また君に恋してる」「つぐない」「川の流れのように」そしてラストが「ラ・クンパルシータ」でした。なるほど、パンチが効いた曲といえば、せいぜいタンゴくらいでしたね。全体的に優等生を気取った感じの仕上がりってことかな?もっとくだけた音楽の方が気楽に聞けるかも知れませんね。演奏自体はまとまっていたと思うので、あとはプログラムを工夫することとボーカルをどうするかを考えねば・・・と思いました。
 でも、写真の女性陣の皆さんの笑顔を見ていると、自分たちはしっかりと楽しめたという事ですね。音楽をやっている本人が楽しまないと聞いている人は楽しめませんからね。
 さてさて、7月30日~8月7日と来て、次は8月10日の「歌声喫茶」と続きます。まだまだ私のあつ~い夏は続きます!

「第12回福津市納涼花火大会!」

Photo_3 毎年恒例の「福津市納涼花火大会」が、福津市の福間海岸で開催されました。私の住むマンションから、直線でほぼ1kmの距離にあり、ちょうど良いロケーションで花火を見ることができます。
 打ち上げ花火の数(3,000発)は、大濠公園(6,000発)や筑後川河畔(18,000発)の花火大会にはとても及びませんが、毎年、近隣の人達を楽しませるには十分な景観です。
 福津市では、この納涼花火大会の他に、実はあと二つ花火大会があるのです。1つは宗教団体・「天光中心会」が、福津市納涼花火大会に先駆けておこなうもので、今年は7月20日(水)に宮地浜海水浴場で打ち上げられました。Photo_4
 もう1つは、宮地嶽神社の秋季大祭(御神幸祭)2016年9月21日(水)~9月23日(金)の折りに、「ねがいかなえ開運花火大会」が22日(木・祝)に開催されます。私の所からは、宮地嶽神社の花火は見ることができませんが、あとの2つは見えます。花火は「夏だ~!」という気分にしてくれますね。
 8月7日は、花火大会の日でもありますが、午後1時から「COSMOS」のメンバーでライブ演奏会を行いました。場所はいつもの「津屋崎千軒”なごみ”」でした。
 ただ、今日はお客さんの数は今ひとつ少なかったようです。なぜならば、1つは連日の猛暑!もう1つはリオのオリンピックが始まったからです!施設長の日高さん曰く、暑さはしょうがないにしても「オリンピックまでは考えてなかった~!」と苦笑いでした(笑)。それでも演奏はまずまずの出来でしたね。
 ところで、”なごみ”の係りの方からグループ名「COSMOS」は似合わないと言われました。理由は「COSMOS=ドラッグ・ストア名」と思われるとのことです。なるほど、他にも石油会社で「コスモス」ってのもありますしね・・・。
 という訳で、やっぱり名称を変えようということになりつつあります。






« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ