« 「突発性難聴になってしまったぞ~!」 | トップページ | 「突発性難聴:症状経過-2」 »

「突発性難聴:症状経過-1」

Photo 耳鼻科に行ったのが3月17日(木)ですから、今日28日で11日経ちました。異常を感じてからは20日以上は経っていましょうか。
 17日にもらった薬は1週間分を取りあえずは飲みました。次に検査に行ったのが24日で、一部の改善はあるようなないような・・・。
 自覚としては、風呂上がりには何となく違和感が薄らぎます。血行がよくなれば良いのかと思いますね。
 17日に処方された薬剤を列挙すると
1 プレドニン錠…副腎皮質ホルモンのステロイド剤ですね。
2 アデホスコーワ顆粒
3 カリジノゲナーゼ錠…2,3は血行を改善するため
4 キプレス錠…アレルギー性鼻炎があるので処方されたのでしょう。
 24日に処方された薬剤はIpod_shuffle
プレドニン錠は処方されず、
1 アデホスコーワ顆粒
2 カリジノゲナーゼ錠
3 キプレス錠
4 クラシエ半夏朴湯エキス細粒…胃炎とか不眠を押さえると説明書きがある。

 薬剤は、22日の記事をかいた時点で主に「物理療法=音楽療法」に切り替えたで、24日に一回飲んだだけです。
 日頃、飲む薬剤と言えば、たまに胃腸薬(太田胃散)を飲む程度ですから、耳鼻科でもらった薬を1週間も飲むと、逆に胃腸に違和感があります。よって、現在は、処方された薬剤はもったいないけど服用していません。

 さて、そこで22日(火)から取り組み始めた音楽(音響)療法ですが、まずは小道具群の紹介です。

●小道具1…耳栓「イアーウィスパー」
●小道具2…iPod Shuffle

「イアーウィスパー」という耳栓は、15~20年も前に購入していたもので、長期間経っていたので使用ができないかと思ってましたが、ウレタンもさほど硬化していなくて使えました。フワフワのウレタンを指で押さえて細長くして外耳道に挿入します。するとゆっくりと膨れて耳を塞いでくれます。完全に遮音するのではありませんし、通気性もいいので有り難いですね。
 音楽を流す方は、日頃使っていないiPod shuffleがあったのでそれを使用しています。当然、片耳だけに音楽を流しています。
 使った音楽は

1 ヘンデル:合奏協奏曲Concerti grossi Op.6 No.1~12

  トータル154分02秒をエンドレスで流しました。ただ、それでも聞き飽きますので

2 モーツァルト:ピアノ協奏曲 No.8,9,18,19,20,21,22,23,24,25,26,27

  番号が飛んでいますが、深い意味はありません。たまたま内田光子の録音CDがあったのを入れたまでです。それでも飽きますから現在は、

3 フォーレの楽曲:「レクイエム」Op.48や、「夢のあとに」などCD2枚をiPodに入れて聴いています。飽きがきたらまた変えます。

 姪っ子が「クラッシック音楽でないとダメなの?」と素朴な質問をしました。恐らくは、幅広い周波数の音が含まれているので「クラシック音楽」を使用しているのではないかと予想しています。ですから、ピアノだけとかヴァイオリンだけの曲ではなく、管弦楽合奏や合唱が入ったものを選ぶのがいいのではないかと勝手に解釈しています。

 昨日は、津屋崎千軒”なごみ”で、女性3人とアンサンブルを披露した後、帰って来てマンションの理事会に遅刻して出席というハードな一日でした。
 アンサンブルの時も左耳(正常な方)には耳栓をしていました。若干、音のバランスが分かりにくかったですが、右耳の治療のためにと頑張りました!
 少しずつですが、改善はあるように思いますよ。でも、気長にやらないと…と思ってます。


« 「突発性難聴になってしまったぞ~!」 | トップページ | 「突発性難聴:症状経過-2」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/150630/64685044

この記事へのトラックバック一覧です: 「突発性難聴:症状経過-1」:

« 「突発性難聴になってしまったぞ~!」 | トップページ | 「突発性難聴:症状経過-2」 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ