« 「S.Hawksの試合は横綱相撲のようだ!」 | トップページ | 「貫禄の日本一!ソフトバンク・ホークス優勝!」 »

「ソフトバンク・ホークスが王手!」

Photo 27日の第3戦では、ヤクルトの山田選手一人に振り回されて、ソフトバンクは完敗を喫しました。しかしそれにしても、中田投手や千賀投手の気迫を上回る山田選手のすばらしい打力を称えたいと思いますね。レギュラー・シーズンを含め、今年の山田選Photo_2手の活躍は球史に残るものです。実に素晴らしい成長ぶりです。敵ながらあっぱれです!

 まあ、ソフトバンク・ホークスはキャプテン・内川選手が抜けているとはいえ、それでもセ・リーグの覇者ヤクルトを相手に2勝1敗と勝ち越しているのですから、底力の違いが出ている戦いなのではありませんかあ?
 さて、そこで第4戦ですが、面白い戦いでしたねぇ。当然、ヤクルトは対等の勝敗にしなければ後がなくなるので、集中力を高めて臨んできました。誤算は先発の館山投手でしたね。彼は、調子が良ければそPhoto_3の変化球で打者を翻弄するのですが、昨日の出来は良くありませんでした。ホークスのバッターに、甘く入った球をことごとく打たれていました。3回が終わった時点で4点を失い、ホークスの楽勝かと思ったんですがねえ。なぜなら、久々に投げる攝津投手の出来が良く、気迫が球に乗り移っていましたから。ヤクルト・山田を、二度も見逃し三振に討ち取った場面などは鳥肌ものでした。”俺がエースだ”と言わんばかりの一球でしたよ。その裏には、ベテラン細川捕手の頭脳的な配球があったのは確かでしょう。しかも、意外性の一発が細川捕手から出たのも嬉しい誤算でした。
 それにしても、寝違えて首の痛みを抱えるイ・デホ選手でしたが、「キャプテン内川選手の分まで頑張る!」の意気込みと集中力には拍手でした。第3試合は、痛みのために途中交代したら”逆転”されてしまい「悔しかった」らしい。そんなこんなで、全員で勝ち取った第4試合の1勝でした。でも、一番「悔しい」のは、骨折で出場できない内川選手でしょうね。
 9階裏のサファテ投手とヤクルト打線の勝負は見応えがありました!粘る雄平を空振り三振!よくやったサファテ!

 これで日本一へ王手です。今日29日の第5試合はどんな戦いをしてくれるのでしょうか、楽しみです。出来ればもう一人のトリプル・スリー選手、柳田選手の活躍を観たいものですね。先発予定のスタンリッジ投手は、ちょっと不安定な面もあるので、打者がどれだけ援護できるかでしょう。ヤクルト先発は石川投手の再登場ですかね。ヤクルト中村捕手の配球の妙を観てみましょう。

« 「S.Hawksの試合は横綱相撲のようだ!」 | トップページ | 「貫禄の日本一!ソフトバンク・ホークス優勝!」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/150630/62269409

この記事へのトラックバック一覧です: 「ソフトバンク・ホークスが王手!」:

« 「S.Hawksの試合は横綱相撲のようだ!」 | トップページ | 「貫禄の日本一!ソフトバンク・ホークス優勝!」 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ