« 「”なごみ”歌声喫茶~夏の増刊号!」 | トップページ | 「CSファイナル・ステージ”ソフトバンク・ホークス先勝!”」 »

「ギター・マンドリン・アンサンブルの練習見学」

20150905_01_2 9月5日(土曜日)に、ギター・マンドリン・アンサンブルのグループ「カリエンテ」の練習を見に赤間コミュニティーセンターに出かけました。20150905_02_2
 このグループとの出会いは、先日の”歌声喫茶増刊号”の後に顔合わせをしたことでした。その時に練習日を尋ねていたので顔をだすことにしました。
 宗像市赤間は、私の生まれ育った小さな町です。唐津街道の宿場町で、古い建物が残っていて、今は「赤間宿」として町おこしが進んでいます。「海賊と呼ばれた男」の主人公、出光佐三が生まれた町でもあります。
 昼の12時から始まった練習ですが、私も学生時代は「ギター・マンドリンクラブ」でしたから、何だか学生時代の合宿に参加しているような懐かしさを感じました。
20150905_05_3
 練習は、敬老の日の催しのためのもので、純粋なクラシック音楽とは違い、お年寄りを意識した曲編成でした。練習態度も私たちのものとは違い”真面目”なものでしたね。和やかではありますが、真剣に譜面に向かっておられます。私たちのグループの取り組みは半分冗談みたいな練習なので、何だか”初心に還れ!”って思わされる雰囲気でした(笑)。
 スナップ写真をご覧になればお分かりのように、クラシック・ギターをちゃんと足台を使って構え(当たり前?)、お行儀よく音楽に向かっておられました。フォークやポップスを気楽に弾いている私たちとは大違いですね。まあ、その方が肩が凝らないと言えばそうですが・・・。「ああ、自分も昔はあんな風だったよな」って思い出してましたね。20150905_04
 「カリエンテ」のメンバーの何人かは、他のグループのメンバーとしても活動しておられるようで、発表会ごとにメンバー構成が変わるようです。同じような音楽をやっているグループと交流があるんですね。私が練習にお邪魔した目的がまさにそれで、それぞれ活動しておられるグループと交流しつつ、何か新しい”もの”ができないかなあと思い巡らせつつ聞いていました。
 練習は4時くらいまである予定でしたが、私は邪魔にならないように途中で退席しました。帰りの車の中では、予想される音楽構成を考えていました。異種の音楽の交流で、新しい響きのための化学反応が起きれば・・・と。


« 「”なごみ”歌声喫茶~夏の増刊号!」 | トップページ | 「CSファイナル・ステージ”ソフトバンク・ホークス先勝!”」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/150630/61538172

この記事へのトラックバック一覧です: 「ギター・マンドリン・アンサンブルの練習見学」:

« 「”なごみ”歌声喫茶~夏の増刊号!」 | トップページ | 「CSファイナル・ステージ”ソフトバンク・ホークス先勝!”」 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ