« 「初恋」村下孝蔵(楽譜) | トップページ | 「心を開いて」チューリップ(楽譜) »

「SOMEDAY」佐野元春(楽譜)

Photo 3月になってしまいました。明日は”桃の節句”です。全国でおひな様の飾りつけがみられますが、時代毎に顔の造形が違うのに気づきます。昔はこの顔が美人だったのかと、ちょっと不思議な感じです。と言うことは、”小野小町”が現代に生きていても美人かどうかは分からないってことですよね。まあ、実際に会うことは叶いませんが、会わない方が夢があるのかも知れませんね。
 さて、今日は1981年に発表された佐野元春「SOMEDAY」の紹介です。1956年生まれの佐野は、今年3月で59歳になります。私とは一世代近く離れているせいか、まったく彼のことは知りません。立教高校~立教大学時代に音楽活動を重ね、TVに出る代わりにライブを中心に活動している様ですが、私が知っている楽曲は「SOMEDAY」だけです。しかし、他のアーティストへの楽曲提供も多いようなので、実際は彼の曲を聴いているかも知れません。
 「SOMEDAY」は、私にとっては佐野元春の代表曲です。だった、これ1曲しか知りませんから(汗)。しかしながら、これ1曲で十分堪能できる出来映えのように思います。
  イントロに挿入されている町の雑踏と車の音、それに続く印象的なシンプルなピアノの音、さらに途中に挿入された変拍子的なドラムの音など、周到に工夫されて名曲に仕上がっています。TV番組『行列の出来る法律相談所』の中で、何故か東野幸治がトライアスロンに挑戦する場面で、彼が好きだというこの曲「SOMEDAY」が流れていたのが印象に残っています。また、小田和正の「クリスマスの約束」の中で、二人が歌うシーンも珍しい図柄で面白く聞きましたね。佐野元春は、ファンには悪いのですが決して歌が上手いとは思いません。しかし、この曲の中の彼の歌は、あの”調子っぱずれ”の音程の悪さが、かえって色づけをしている気がします。
  
■You Tube…「SOMEDAY
■楽譜と演奏について…シンプルですが、終始流れるピアノの音が曲に統一感を与えています。また、変拍子気味に、深いエコーをかけたドラムが印象的ですね。歌は、文字振りが難しくて、歌いにくいですね。でも、それが絶妙な曲のムード作りを演出しています。ガンバッテ歌詞を覚えましょう!私は、相棒とドラムのリズムをうまくギターに割り当てて演奏しようと思っています。

■楽譜をご希望の方は、本ブログの右側下方にある「プロフィール」をクリックして入り、「メール送信」でお知らせ下さい。また、エチケットとして何市の何歳の誰(ハンドル・ネームでも結構です)か位はお知らせ下さい。

« 「初恋」村下孝蔵(楽譜) | トップページ | 「心を開いて」チューリップ(楽譜) »

日本のフォークなど」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/150630/59121951

この記事へのトラックバック一覧です: 「SOMEDAY」佐野元春(楽譜):

« 「初恋」村下孝蔵(楽譜) | トップページ | 「心を開いて」チューリップ(楽譜) »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ