« 「時をかける少女」原田知世(楽譜) | トップページ | 「LPレコード鑑賞は懐古趣味?」 »

「”なごみ”3月度の歌声喫茶:大盛況!」

Dscf25361 今日で”東日本大震災”が発生してから丸4年が経ちました。復興にはまだまだの道のりです。東北の町や人が津波に呑まれる映像は、今でも瞼の裏から離れません。とても”ショック”なDscf25351どという言葉では表せない衝撃映像でした。ここ福津市も海岸沿いの町ですから、一旦津波に襲われたら大惨事になるでしょう。”天災は忘れた頃にやってくる”寺田寅彦の言葉が頭をかすめます。
 また、10年前の3月20日には、福岡西方沖地震が起きました。またまた、70年前の3月10日には福岡大空襲が起きています。色々と区切りがよい年になっていますね。各人で、身の有り様を振り返ってみる機会にしろということなんでしょうか?過去を振り返らざるを得ない日になったような気がします。

 さて、今日は津屋崎千軒「なごみ」で3月度の”歌声喫茶”が開催された日でした。昨日から、季節Dscf25471外れの寒風が吹きつける寒い日でしたが、幸い明るい日差しのせいか、たくさんの参加者にお集まり頂きました。世話をしてくださった施設関係者の話では「100名を越える」方々にお参加頂いたとか。有り難いことです!Dscf25481
 施設センター長の日高さんによれば、TV放送された「ここにある幸せ」の影響で、確かに津屋崎を訪れる観光客は多くなったそうです。それと”歌声喫茶”は直接関係はないかも知れませんが、何はともあれ、今日の大盛況は嬉しい悲鳴でした。
 ”歌声喫茶”は、2時から4時少し前まで賑やかに実施されました。始まってすぐに、隣のコーナーで展示されている絵画の関係者のおしゃべりがうるさくて、大きな声で注意を促したのは少しやり過ぎたかも知れませんが、”歌声喫茶”のお客さんが気にしているようだったので注意しました。空気が読めない人間ってどこにもいるんですね。まあ、その結果、皆さんと心地よく盛り上がることができました。協力者は、いつものように上野君でした。復興支援ソング「花は咲く」で始まり、「花は咲く」で終わりました。

« 「時をかける少女」原田知世(楽譜) | トップページ | 「LPレコード鑑賞は懐古趣味?」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/150630/59231874

この記事へのトラックバック一覧です: 「”なごみ”3月度の歌声喫茶:大盛況!」:

« 「時をかける少女」原田知世(楽譜) | トップページ | 「LPレコード鑑賞は懐古趣味?」 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ