« 「To know her is to love her」The Beatles(楽譜) | トップページ | 「この広い野原いっぱい」森山良子(楽譜) »

「シクラメンのかほり」布施明(楽譜)

Photo 毎月行っている歌声喫茶(私が主催ではありませんが)の歌は、殆どちゃんとした譜面にはしていません。この曲もその中のひとつで、布施明版で歌ったり、小椋佳版で歌ったりしています。よって、改めて譜面にしたのは今回が初めてという次第ですね。何だかやっていて”今さら”って感じでしたが、イントロ部はどう弾くんですか?何て質問を受けますから、”ちゃんと”譜面に写してみました。しかし、何度か録音し直しているでしょうから、違う演奏もあるかもしれませんね。
 布施明は1947年12月生まれとか、おやおや、私と同学年ですね。初めて知った!
かつては、イギリスの女優オリビア・ハッセーと1980年に結婚して世界中を驚かせました。しかも、オリビア・ハッセーからのアプローチだったのでなおのこと”羨ましい”限りでしたね(笑)。当時のオリビア・ハッセーは、映画「ロミオとジュリエット」でブレイクしていた女優でしたから。
 さて、「シクラメンのかほり」ですが、お気づきでしょうか?作詞・作曲者の小椋佳は「かおり」と表記せず「かほり」としたんですね。この言葉のこだわりは何でしょうかね。
 東大を出て、勧業銀行の銀行マンになって、片手暇にシンガー・ソングライターでアルバイト。しかもそのアルバイトが”大当たり”するなんて、”持っている”人は違いますね。ただ、譜面を書くことができずに、鼻歌を歌ってテープに残し、それをアレンジャーが譜面にしていたとか。小椋佳は、1944年生まれです。歳が私より4つ上ですが、ほぼ私と同じような勉強内容だったでしょうから、小中学校では教科としてちゃんと音楽を勉強させられたんじゃないかなあ。譜面が書けないのは少々合点がいきませんが、まあ、楽器をいじるチャンスがなかったんでしょうね。
 小椋佳版にしなかったのは、最初にヒットしたのが布施明版で、それが耳に残っているからです。その歌詞で、「真綿色したシクラメンほど~出会いの時の君のようです」と形容するくだりを聴くと、フッと青春時代を思い出しますね。誰にでもある、純粋な青春時代の恋心です。ちょっと切ない想い出かな?ちなみに、この曲がヒットしたのは1975年でした。

■You Tube…「シクラメンのかほり」布施明
■楽譜と演奏について…アコースティックギターの音が印象的です。フィンガー・ピッキングの方が弾きやすいでしょうかね。

■楽譜をご希望の方は、本ブログの右側下方にある「プロフィール」をクリックして入り、「メール送信」でお知らせ下さい。また、エチケットとして何市の何歳の誰(ハンドル・ネームでも結構です)か位はお知らせ下さい。

« 「To know her is to love her」The Beatles(楽譜) | トップページ | 「この広い野原いっぱい」森山良子(楽譜) »

日本のフォークなど」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/150630/58879222

この記事へのトラックバック一覧です: 「シクラメンのかほり」布施明(楽譜):

« 「To know her is to love her」The Beatles(楽譜) | トップページ | 「この広い野原いっぱい」森山良子(楽譜) »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ