« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

「初恋」村下孝蔵(楽譜)

Photo ふと昔を思い返す時、甘酸っぱい響きで心を満たすのが”初恋”でしょう。私はどれが初恋か分からないのですが(笑)、この村下孝蔵「初恋」(1983年)は中高生の時代を歌っているようです。
  村下孝蔵は、1999年に46歳という若さで亡くなりました。ベンチャーズが好きというだけあって、そのギターの腕前はなかなかのもので、YouTubeに”一人ベンチャーズ”と称して演奏する姿が残っています。

 彼の最大のヒット曲「初恋」は、自分の中学生の頃の経験をもとに作曲されたようです。彼が住んでいた熊本県水俣市には、彼にちなんで「初恋通り」という商店街ができたとか。次に「初恋」にまつわる話をネットからチョイスしてご紹介します。

 水俣第一中で同学年の少女に恋をした村下氏。少女はテニス部に属し、進学クラス在籍の村下氏は放課後に校庭を眺めることしかできなかった。先生から「外ばかり見るな!」と、注意を受けたこともあったと振り返っている。
 仲を取り持つという姉に「よかと。遠くで見ているだけでよか」と答えた少年。2年の夏、少女は家族とともに転居。水俣を離れる日も、思いを胸の奥に秘めて、陰から見ているだけだったという。(出典:村下孝蔵氏の故郷、熊本・水俣に「初恋通り」誕生+(1/3ページ)- MSN産経ニュース)

  純粋に人を愛した時代の澄み切った心を思い起こせば、何故か胸の奥がうずきます。皆さんと同様に、私も一人前に青春時代の懐かしい想い出があります。しかし、私たちの時代の男達は「付き合う」なんて軟弱な行為だという”間違った(笑)”共通意識がありましたから、私もその法(のり)を越えることはありませんでしたね。今思い返せば残念でなりませんが・・・(苦笑)。
 この曲を聴くと、髪の毛がまだフサフサで、身体に有り余ったエネルギーが充満していた純粋な自分・・・と言えば綺麗過ぎ・・・若い学生時代が蘇ってきます。
 1983年の曲ですから私が35歳の時に流行ったんですね。仕事に夢中になっている時期ですし、ズッポリとクラシック音楽に浸っていた時代ですからリアル・タイムでの記憶はありません。何だか不思議な気分です?!

■You Tube…「初恋
■楽譜と演奏について…キーボードが入っています。それをギターで弾けるように書いてみました。洒落たコード進行にしたのはアレンジャーかなあ?もともとはスローバラードだったのをアップテンポにしたとか。ちょうど「Please Please Me」のようですね。歌うより、つい聞き入って昔を思い出すのは私だけ???

★注意…音源を聞いていて、基音A=440Hzでは合わずにA=450~460Hz程度でチューニングしました。

■楽譜をご希望の方は、本ブログの右側下方にある「プロフィール」をクリックして入り、「メール送信」でお知らせ下さい。また、エチケットとして何市の何歳の誰(ハンドル・ネームでも結構です)か位はお知らせ下さい。

「空の終列車」The Spotnicks(楽譜)

The_spotnicks3 スプートニクス「空の終列車」の楽譜紹介です。この曲は2011年5月11日 (水)に一度掲載しています。今回改めて耳コピし直して、スコア譜にしたのでご紹介します。
 耳コピを再度しようという場合、当然”目的”があります。ひとつは、疑問を残しつつ耳コピ作業を妥協していた場合、もう一つは自分でマルチトラックに多重録音をするための確認作業です。多重録音をするには、ドラムのリズムチェック、ベースの譜面も同時に作成しなければなりません。その結果、スコア(総譜)ができます。
 「空の終列車」の譜面を希望された方にはお伝えしたのですが、自分たちで遊びで練習していた時にすでに問題点が見えていましたので、ここで改めて改訂版を作った次第です。ただし、スプートニクスの録音は、「霧のカレリア」同様、複数存在するようです。で、今回のもそうですが”初期”に録音された版を聞いて譜面に致しました。
 改めて聞き直して、修正した箇所が何カ所か出てきましたね。意識する場所や意識のレベルが違うと気付くものなんですね。だいぶん、初回の譜面よりも”改善(オリジナルに近づいた)”された気がしました。しかしながら、どの耳コピ曲にもあるのですが、音源が聴き取りづらくて(あるいは聞こえない)箇所は、推量するしかないので苦労する場合が多いですね。
 そうそう、最近は、音源を通すとその音をオタマジャクシで自動的に表してくれたり、和音を見つけてくれるソフトがあるようですよ。耳コピが不得手の方はお試しになったらいかがでしょうか?「ソフト名は?」ってか?それくらいは自分でお探し下さいな。ただし、完全自動というのは完璧ではなく、最後は人の耳で判断する箇所は必ず残ると思いますが・・・。私が使うとしたら、自分の耳コピが正しいかどうか検証するために使って見るということでしょうかね。
 ちなみに今「耳コピ ソフト」で検索すると「Keep the Sound! Free その音とまれ!」というフリー・ソフトが一番上に来ましたね。面白いかも知れませんね。

■You Tube…「空の終列車」この音源は後からの録音のようです。一部リード・ギターのメロディーやリズム処理がオリジナルとは違い、シンプルになっています。提供できる楽譜は、リズムを意識的に変えたりして弾いている野心作の初期バージョンです。
■楽譜と演奏について…スプートニクスのエコー・サウンドは独特ですね。似たようなサウンドにすればうまく聞こえるでしょうね。私はエフェクターについては詳しくありませんので、詳しい方は逆にお教え下さいませんか?

■楽譜をご希望の方は、本ブログの右側下方にある「プロフィール」をクリックして入り、「メール送信」でお知らせ下さい。また、エチケットとして何市の何歳の誰(ハンドル・ネームでも結構です)か位はお知らせ下さい。


「旅立ち」松山千春(楽譜)

3 ”今さら”シリーズです(自嘲気味に)。
 最近は、曲のコードを紹介するサイトがいくつか出来ましたね。以前はJ-Total Musicが一人でがんばっていましたが、間違いが多く、実用にならない曲が多くありました。また、洋楽やオールディーズとなると皆無の状態でした。洋楽やオールディーズは現在もないかな?そんな状況だったので、耳コピ紹介を始めたのですが、今日の松山千春「旅立ち」はいくつかのサイトで調べることができるでしょう。それでも私が紹介するのは、オタマジャクシで楽譜を書くことを出来るだけしているからです。楽譜が読める人は、より具体的に参考になるでしょう。インスト曲などは、最近はスコア譜にしているのでお得感があります。でも若い人に多い「Tab譜」でしか読めない人は”ごめんなさい”です。私は古い人間ですから、音符が読めない人は音楽をする資格がないと思っています。まあ、これは独善的な判断ですのでお気に召さない人はご遠慮くださいね。
 さて、「旅立ち」もですが、松山千春の歌詞には女性の立場で歌う歌がいくつかあるようですね。特に聞いた歌手でもないので詳しくはわかりませんが、実に女性の心理を上手に表現している気がします。

■You Tube…「旅立ち」オリジナルではなくライブの音です。どんどんJASRACによって消されています。それでもUPする根性に感謝!楽譜はオリジナル音源を使用しています。
■楽譜と演奏について…アコースティックギターが活躍しています。全曲を通して書くのはしんどいから一部に限っています。それを参考にスリー・ファインガーで挑戦してください。イントロは2本以上のギターがあると感じが出せるのですが、1本で低音の半音の動きを弾きながらコードを弾くのはちょっと大変かも知れませんね。

■楽譜をご希望の方は、本ブログの右側下方にある「プロフィール」をクリックして入り、「メール送信」でお知らせ下さい。また、エチケットとして何市の何歳の誰(ハンドル・ネームでも結構です)か位はお知らせ下さい。

「二つのギター」The Mustangs(楽譜)

The_mustangs_2  私がギターを弾き始めたのは中3の夏休みでした。兄が、ギターと簡単な曲集を買ったのはいいのですが、諦めて捨て置いていたのです。当然、エレキではなく、ナイロン弦が張られたクラシック・ギターでした。それを見よう見まねで弾き始めました。その曲集に「二つのギター」がありました。
 今、エレキ・バンド用にアレンジされているのを聞いて、何とも懐かしい気分に浸りました。
 演奏しているバンドはThe Mustangsですが、調べても詳しいことがわかりません。フィンランドのバンドのようですが・・・。
 Mustangと言えば、私にはFordの車が思い浮かびますが、FenderのギターにMustangというのがありますね。恐らくは、バンドのみんながFender Mustangを使用しているのでThe Mustangsとなったのでは??ちなみに昔は「ムスタング」と言っていましたが、むしろ「マスタング」の方が発音が近いらしい。

■You Tube…「二つのギター
■楽譜と演奏について…この譜面もスコア譜にして書き出しています。しかしまあ、ふと気づいたのですが、誰とも知れぬ人のために、時間と労力を費やしているなんて、馬鹿みたいですね!一文にもならないのにね(笑)。一昨日位から体温が38℃を越えるようになり、体中、節々が痛いです。インフルエンザでしょうかね、参った!

■楽譜をご希望の方は、本ブログの右側下方にある「プロフィール」をクリックして入り、「メール送信」でお知らせ下さい。また、エチケットとして何市の何歳の誰(ハンドル・ネームでも結構です)か位はお知らせ下さい。


「アマポーラ」The Spotnicks(楽譜)

The_spotnicks2 「アマポーラ」は、スペイン人のホセ・ラカジェが1922年(1924年?)に作曲した歌(詞はルイス・ロルダン)ですが、一般に知られるようになったのは、1935年にフランス語に訳され、ルンバとして発表されてからのようです。
 「アマポーラ」はスペイン語で「ひなげし」の意味。もちろん「アマポーラ」の旋律は知っていましたが、「ひなげし」と聞けば、私などはつい「丘の上、ひなげしの花で~♪」のアグネス・チャンを思い浮かべますね(笑)。
 耳コピを譜面にし始めて、さて何曲になったのかさっぱり分からなくなりました。ある時期まではカウントしていましたが、300曲を越えた時点くらいからいい加減になって・・・というより、譜面にしていない、いわゆるコード譜がそれ以外に100曲以上もあるものですから本当に訳が分からなくなってしまったんですよ(汗)。それに、多ければ良いってものでもなく、質が問題ですからね。
 今日の掲載曲は、その「アマポーラ」をスプートニクスが演奏したインスト・バージョンです。楽譜を希望される方の中に、インスト曲をという方が結構あります。それで最近はなるべくインスト曲はスコア形式で作成するようにしています。

■You Tube…「アマポーラ」ザ・スプートニクス
■楽譜と演奏について…演奏はそれほど難しいものではありません。ただ、スタッカートをしっかり表現してリズム感を出さないと面白くないでしょう。後半、半音上がりますが運指は同じで弾けます、気持ちよく演奏に集中して弾けますね。

■楽譜をご希望の方は、本ブログの右側下方にある「プロフィール」をクリックして入り、「メール送信」でお知らせ下さい。また、エチケットとして何市の何歳の誰(ハンドル・ネームでも結構です)か位はお知らせ下さい。


「夢の途中」来生たかお(楽譜)

Photo ”今さら”シリーズ(笑)が続きます。1981年、来生たかおが発表した「夢の途中」です。この曲は、少し歌詞を変えて角川映画「セーラー服と機関銃」の主題歌となり、薬師丸ひろ子の歌でヒットしました。作詞の来生えつこは姉に当たります。
 来生たかおの曲はあまり知りませんが、多くのアーティストに提供してヒットを飛ばしているようです。
 いまWikipediaを読んで知りましたが、フォーク・ソング風な曲を嫌い(退屈でつまらないとか)、ギルバート・オ・サリバンやポール・マッカートニー風な曲を好むようです。なるほど、メロディー・ラインが洒落ています。もともとはギターで作曲していたようですが、ピアノを弾きたくて20歳の時に一念発起してピアノ教室に通い、子供達と一緒に練習したとか。なかなかの根性者です。また、49歳で自動車免許も一発で取得したりと、凝り性の性格をもうかがい知ることができますね。
 そう言えば、ノンビブラートの歌い方はギルバート・オ・サリバンやポール・マッカートニーと共通です。感情過多を嫌うのでしょうかね。私もビブラートは”演歌”っぽくて好みません。
 来生たかおは、井上陽水の「少年時代」でピアノを担当していますね。私も本格的に鍵盤楽器を弾いてみようかしら・・・・。と、いつも思うのですが、なかなか環境が許してくれないんですよ。

■You Tube…「夢の途中」来生たかお
■楽譜と演奏について…毎度書きますが、鍵盤で作曲された曲は、コードをシンプルにしないとギターに移しにくいのですね。まあ、イントロ部はギターですから助かりますが、その後につづくフレーズは1本のギターでは表現が難しいですね。
 原調はC#mですが、4フレットにカポをつけてAmにしています。ちなみに薬師丸ひろ子「セーラー服と機関銃」はGmです。

■楽譜をご希望の方は、本ブログの右側下方にある「プロフィール」をクリックして入り、「メール送信」でお知らせ下さい。また、エチケットとして何市の何歳の誰(ハンドル・ネームでも結構です)か位はお知らせ下さい。


「宗像市”亀の尾”酒蔵開き」

Dscf25221Dscf25031 宗像市武丸にある酒造”亀の尾”の酒蔵開きが、昨日13日から始まりました。昨日、今日と、風は冷たいですが良好な天気が続いています。
 昨日、福岡市のTV局が中継で紹介していたからか、たくさんの訪問者でひしめき合っていました。日本酒の消費は一時期低迷していましたが、昨今は若い女性までもが”角打ち”をする光景が見られます。世界的にも、日本の酒や焼酎が注目されてきたのは確かですね。NHK朝の連ドラ”マッサン”によってウィスキー消費が伸び、また世界の品評会ではDscf25041_2スコッチ・ウィスキーを抑えて日本のウィスキーが最高の賞を獲得したとかDscf25081。匠の技と精神は、日本の酒の製造にも十分活かされているのでしょう。
 これほどに”こだわり”を持つ国民性は、その結果として驚くべき作品を作り出します。また、小惑星探査機「はやぶさ」のような偉業をも達成します。さすがに「メイド・イン・ジャパン」は誇らしいものですね。惜しむらくは、それらを受け継ごうと思う若者が少ないことです。親方の技を盗み見しながら、自らの腕を鍛え上げていくような徒弟の関係などは若者は嫌います。自分は生きているだけで”素晴らしい”などと勘違いし、汗水流して努力するなど”かっこ悪い”と思っています。いったい、どこで履き違ってしまったのでしょうね???
 さて、”亀の尾”酒造ですが、昔の行政区で言えば、私が生まれ育った町(赤間)の隣町(吉武)にあります。古い宿場町であった赤間には2軒の造り酒屋がありました。勝屋(楢の露)と吉野屋(門の松)です。現在は、勝屋酒造1軒が製造を続けています。勝Dscf25141_2屋は寛政2年(1790年)の創業、亀の尾酒造は享保2年(1717年)です。亀の尾酒造の近くには「八所(はっしょ)宮」があります。
 言い伝えによれば、神武天皇が日向の国から東征をする折、祭神達が”赤馬”に乗って現れ、この地の守護神であることを誓った故事からこの一帯を「赤馬」と言うようになり、その後訛って「赤間」となりました。674年、神武天皇のご神託で神々を奉る神社が建てられたとするのが「八所宮」です。「吉キ所ニ留リ給フ」から神社周辺を「吉留」とDscf25201呼ぶようになったと伝えられています。また、遣唐使の航海の安全を祈ったり、昔の武将の信仰が厚い神社であったといわれています。 つまり、昔の「赤間」は、現在Dscf25191の行政区「赤間」よりも広い範囲だったようですね。そして宗像氏が白山や城山に山城を作ったことで町の中心が吉留辺りから現在の城山の麓に移ったのではないでしょうか。よって、亀の尾酒造の方が創業が早いのでしょう。さらに江戸時代には唐津街道が赤間宿を通ることになり、明治維新に関わる人々が集うことになります。
ちなみに、赤間宿のすぐ近く「石丸」に「七所宮」というお宮があります。昔から知ってはいましたが縁が無く、一度も訪れたことがありません。今度足を伸ばしてみましょう。そんなこんなをつらつら考えた酒蔵訪問でした。それにしても大勢の方々が訪ねて来られてましたね。意外に若い女性の姿も多く見られましたよ。

 左側、上から2枚目の写真は大人気の「酒まんじゅう」を蒸しているところです。買おうと思うと2時間以上は待たなければなりません。また、右上の1枚目は、ちょうど子供達が餅つきをしているところでした。慣れない重い杵をもって大変そうでしたね(笑)。

ちなみに、勝屋酒造の蔵開きは2月21日(土)と22日(日)です。

























「”なごみ”2月度の歌声喫茶」

Dscf2466 寒い日が続いていましたが、今日2月11日(水)は少し寒が弛んできました。でも、また明日から冷え込むとか。まあ、1年で最も寒い時期ですから当たり前と言えば当たり前ですね。
 受験のシーズンです。よりによってこんな寒い時期にとも思いますが、受験生は熱い闘志で乗り切って欲しいと思います。ガンバレ!
 さて、今日は恒例の津屋崎千軒”なごDscf2468
み”での「歌声喫茶」の日です。”建国記念日”の休日ですから出足を心配しましたが、何と椅子を追加して配置しなければならないほどの盛況になりました。嬉しい悲鳴でした。
 歌声喫茶が行われる「施設”なごみ”」には、津屋崎を案内するボランティアが数人赤いジャンパーを着て机を出していました。先日NHKで放送さDscf2476れた津屋崎を舞台にしたドラマ”ここにある幸せ”が好評で(視聴率12%ほど)、ロケ地を見たいという方々が訪問されているらしい。3月にはBSで再放送予定だそうです。また、そこでも視聴率が良ければ全国放送されDscf2480るとか。地元としては嬉しい限りですね。
 歌声喫茶は変わり映えしないのですが、総数66名のお客さんの笑顔と歌声に救われます。私と上野君のたわいもない、あるは独断と偏見の小話に喜んで下さいます。有り難いことです。
 歌声喫茶は2時からでしたが、すでに30分前にはほぼ椅子が埋まりました。今日は休日なので、ご夫婦でお見えの方も数組あったようです。それに新しい顔ぶれも多く見受けられました。このまま盛況がつづけばやり甲斐もありますね。さて、さて曲集も作り直さなければならないのかな?ちょっと考えようっと!
 来月は、3月11日(水)が歌声喫茶の日です。2011年の大震災から4年目になります。早いものですね。

「この広い野原いっぱい」森山良子(楽譜)

Photo 今回も”今さら”の曲です。1967年に発表された「この広い野原いっぱい」は、学生だった森山良子の名を”日本のジョーン・バエズ”として一躍有名にしました。え~っと、調べてみると1948年1月生まれですから、私とひと月ほどしか違わない年令なんですね。改めて驚きです。
  曲は、初期和風フォーク・ソングの定番中の定番で、コード進行もシンプルで、平易な歌詞が当時の曲風を示しています。
 今回、きちんと譜面にしようとして初めて気付いたのですが、作詞者が「小薗江圭子」となっています。私はてっきり森山良子の”作詞・作曲”とばかり思っていました。
 所で、この人はどんな人なのだろうかと調べると「イラストレーターで、ぬいぐるみ作家で、バーを経営、作詞家で、童話作家」などと紹介されています。ただし、もう故人のようです。自分が関心のない世界の人なので知り得なかったんですね。
 そう考えてみると、自分が知り得ている知識や、それを通して理解している世界はいったいどれほどの真実を含んだものだろうかと、ふと疑問に思ってしまいました。例えるならば、針の穴から見える狭い世界だけを理解しているに過ぎないような心許なさがあります。宇宙を相手にするまでもなく、自分の知り得ている世界は小さいものなんですね、何だか、改めて自分の生き方、考え方を問うてみる必要に迫られた感じです。まあ、それほど大げさなものではないかも知れませんが、”人間うぬぼれるべからず”と自戒した次第です。おや、曲の紹介とは関係ないところに話が落ち着きましたね(笑)。

■You Tube…「この広い野原いっぱい」ライブ映像です。コピーに使った音源がYouTubeから削除されているので、このままの譜面ではありません。
■楽譜と演奏について…ギターのリフは、ナイロン弦の柔らかい音です。何度かレコーディングし直しているようで、新しい録音では半音下げて歌っているようです。その場合は4フレットにカポをつけて下さい。

■楽譜をご希望の方は、本ブログの右側下方にある「プロフィール」をクリックして入り、「メール送信」でお知らせ下さい。また、エチケットとして何市の何歳の誰(ハンドル・ネームでも結構です)か位はお知らせ下さい。


「シクラメンのかほり」布施明(楽譜)

Photo 毎月行っている歌声喫茶(私が主催ではありませんが)の歌は、殆どちゃんとした譜面にはしていません。この曲もその中のひとつで、布施明版で歌ったり、小椋佳版で歌ったりしています。よって、改めて譜面にしたのは今回が初めてという次第ですね。何だかやっていて”今さら”って感じでしたが、イントロ部はどう弾くんですか?何て質問を受けますから、”ちゃんと”譜面に写してみました。しかし、何度か録音し直しているでしょうから、違う演奏もあるかもしれませんね。
 布施明は1947年12月生まれとか、おやおや、私と同学年ですね。初めて知った!
かつては、イギリスの女優オリビア・ハッセーと1980年に結婚して世界中を驚かせました。しかも、オリビア・ハッセーからのアプローチだったのでなおのこと”羨ましい”限りでしたね(笑)。当時のオリビア・ハッセーは、映画「ロミオとジュリエット」でブレイクしていた女優でしたから。
 さて、「シクラメンのかほり」ですが、お気づきでしょうか?作詞・作曲者の小椋佳は「かおり」と表記せず「かほり」としたんですね。この言葉のこだわりは何でしょうかね。
 東大を出て、勧業銀行の銀行マンになって、片手暇にシンガー・ソングライターでアルバイト。しかもそのアルバイトが”大当たり”するなんて、”持っている”人は違いますね。ただ、譜面を書くことができずに、鼻歌を歌ってテープに残し、それをアレンジャーが譜面にしていたとか。小椋佳は、1944年生まれです。歳が私より4つ上ですが、ほぼ私と同じような勉強内容だったでしょうから、小中学校では教科としてちゃんと音楽を勉強させられたんじゃないかなあ。譜面が書けないのは少々合点がいきませんが、まあ、楽器をいじるチャンスがなかったんでしょうね。
 小椋佳版にしなかったのは、最初にヒットしたのが布施明版で、それが耳に残っているからです。その歌詞で、「真綿色したシクラメンほど~出会いの時の君のようです」と形容するくだりを聴くと、フッと青春時代を思い出しますね。誰にでもある、純粋な青春時代の恋心です。ちょっと切ない想い出かな?ちなみに、この曲がヒットしたのは1975年でした。

■You Tube…「シクラメンのかほり」布施明
■楽譜と演奏について…アコースティックギターの音が印象的です。フィンガー・ピッキングの方が弾きやすいでしょうかね。

■楽譜をご希望の方は、本ブログの右側下方にある「プロフィール」をクリックして入り、「メール送信」でお知らせ下さい。また、エチケットとして何市の何歳の誰(ハンドル・ネームでも結構です)か位はお知らせ下さい。

「To know her is to love her」The Beatles(楽譜)

The_beatles11  「恋するデビー」のコメント欄に投稿して下さった”YOU”さんの話題から、「To know him is to love him」The Teddy Bearsの歌をビートルズがコピーして歌った「To know her is to love her」を耳コピしてみました。話題を提供して下さった”YOU”さんに感謝申し上げます。
 ”YOU”さんが書かれていますように、確かに「会ったとたんに人目ぼれ」は”ダサイ邦題”ですね。それを反省してか(?)ピーターとゴードンがコピーした曲には「つのる思い」というタイトルが付けられました。まあ、これならば許せますね。
 さて、ビートルズがBBCに録音したこの曲は、テディ・ベアズが女性の立場から歌っていたものを男性に置き換えて歌っています。そのためにhimがherとなっています。メイン・ボーカルはジョン・レノンですね。彼らの歌からすると少し低い声域で歌っていますから、落ち着いた雰囲気に仕上がっています。そのジョンですが、ビートルズ解散後にも録音しています。が、超スローテンポで何だか違う曲に聞こえてしまいます。興味がおありの方はYouTubeででもお探し下さい。
 この曲は、”YOU”さんが触れられていますが、フィル・スペクターが高校時代に結成した「The Teddy Bears」が歌って全米1位に輝きました。しかも、B面だったようです。歌った本人達もびっくりしたでしょうね。しかし、それに気を良くして作ったアルバムはまったく当たらなかったようです。世の中って不思議なものですね。

■You Tube…「To know her is to love her」Live at the BBCより
■楽譜と演奏について…ビートルズが単なるロック・バンドではなく、コーラス・グループであることがよく分かりますね。彼らはしっかりした音楽的センスを持っていた証拠です。若き日の彼らの姿に、あなたの青春時代を重ねてお聴き下さい。

■楽譜をご希望の方は、本ブログの右側下方にある「プロフィール」をクリックして入り、「メール送信」でお知らせ下さい。また、エチケットとして何市の何歳の誰(ハンドル・ネームでも結構です)か位はお知らせ下さい。

「恋するデビー」Debby Boone(楽譜)

Debby_boone 今日は暦の上では”立春”です。しかし、北海道では激しい風雪が襲い、春にはほど遠い様子が伝えられています。ここ九州・福岡では、しばらくは寒さが弛んでいましたが、今日からまた「寒」が戻り、冷たい雨と風が吹き付けています。夜には”みぞれ”になるかも知れません。
 さて、「ISISイスラム国」と称する”過激派集団”による日本人殺害やヨルダン人パイロットへの残虐な行為が報じられました。悲しいニュースです。何が彼らをそこまで駆り立てているのでしょうか?まったく理解できない事態が現実に進行しています。誰が彼らの行為を止めることが出来るのでしょうか?国でなくても、極悪非道(としか私たちには見えない)の輩です。前々から思っていたことですが、”国連”って何の役にも立たないのですね!
  気分を変えて、今日の掲載曲に話題を移します。
 今日の曲は、「You Light Up My Life」邦題「恋するデビー」です。まあ、何と陳腐で安っぽい邦題でしょうか?センスが感じられませんね。
 1970年代の終わり、1978年に、ビルボード誌で10週連続1位の大ヒットになりました。すごいですね!しかし、日本ではそれほどまでにはヒットしなかったのでは?この”ダサい”邦題タイトルがその一因かも知れませんね。私はもうすでにポップスなどを聴いてない時代でしたが聞き覚えはあります。しかし、歌手のDebby Booneが、あのPat Booneの娘さんとは知りませんでした。なるほど「カエルの子はカエル」で、歌はしっかりしていますね。しかも歌詞がいいです。
 この曲は、1978年の映画「マイ・ソング」の主題歌になったので大ヒットにつながったのでしょうね。歌詞を噛みしめて、ちょっと青春時代を思い出しませんか?

■You Tube…「恋するベビー
■楽譜と演奏について…ピアノが和音を一拍ずつ響かせます。難しいコードはありません。だから、せめて低音の動きを意識しながら弾いたらどうでしょうか?

■楽譜をご希望の方は、本ブログの右側下方にある「プロフィール」をクリックして入り、「メール送信」でお知らせ下さい。また、エチケットとして何市の何歳の誰(ハンドル・ネームでも結構です)か位はお知らせ下さい。


« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ