« 「津屋崎ロケ”ここにある幸せ”放映」 | トップページ | 「僕の歌は君の歌Your Song」Elton John(楽譜) »

「アローン・アゲインAlone Again」Gilbert O'sullivan(楽譜)

Photo 1972年と言えば、日本で札幌オリンピックが開催された年でした。笠谷幸生が、スキー70m級ジャンプでアジア初の冬季オリンピック金メダルに輝きます。
 しかし、この年は日本赤軍の「あさま山荘事件」が起きたり、ベトナム戦争のまっただ中で暗いムードが漂っていた気がします。沖縄が返還されたのが明るいニュースではありましたが、しかし、現在その沖縄は左翼の最後の砦としてまったくおかしな状況に置かれています。まあ、それに触れると話が長くなりますから止めますが、NHKが行った世論調査を見れば「基地反対は沖縄県民の総意である」などという言葉が”虚言&妄言”ということが分かるでしょう。→「NHKの調査”復帰40年の沖縄と安全保障”」
 さてこの1972年にアイルランド出身のイギリスのシンガー・ソングライター:ギルバート・オサリバン「アローン・アゲイン」が世界的にヒットしました。内容は、少々重いものです。色々な方が邦訳をネットで紹介されていますが、ここでは「ストロベリーフィールズ翻訳日記」さんのブログから引用させていただきましょう。

『またひとりぼっち...当然だけど』 詞・曲:ギルバート・オサリバン

もう少ししたら
この苦い思いが変わらなければだけれど...
僕は自分に約束をした
近くのタワーに出かけていき
てっぺんに登って
そこから飛び降りるんだと...
教会の祭壇の前に取り残され
ずたずたに引き裂かれた
僕の気持ちがどんなだったかを
みんなに知らせるために...
人々が口々に言っている
「あらまあ、かわいそうに
彼女、彼を捨てたんだわ
私たちここにいても仕方がないわね、帰りましょ
彼の責任でこうなったことだし...」
当然だけど、またひとりぼっちさ

つい昨日のことを考えると
僕は快活で明るく陽気だった
誰もがそうするように
自分が演じようとする役回りを待ち望んでいた
けれども、まるで僕を打ちのめすかのように
突然現実が襲ってきて
ほとんど触れることもなしに
僕をずたずたに引き裂いた
慈悲深い神の話に対する
懐疑の念を僕の心に残しながら...
なぜって、もし神が本当に存在するのなら
僕が神を必要としているときに
どうして神は僕をみすてたのだろう?
僕は本当に、またひとりぼっちになった
当然だけど

この世の中には、打ちひしがれ
癒されることなく、見守られることもない心が
もっとたくさんあるような気がする
僕たちは何をしてるんだろう
何をしてるんだろう

またひとりぼっちだ、当然だけど...

ここ数年間のことや
その他のいろいろな出来事をふりかえると
父が死んだとき、僕は人目もかまわず泣いたっけ
今は安らかに眠る母は当時65歳だった
彼女は自分が愛したただ一人の男がどうして
天に召されなければならないのか理解できず
ひどく傷ついた心で生活を始めなければならなかった
僕は彼女を励ましたけど
母は一言も語りかけてはくれなかった
彼女が逝ってしまったとき
僕は一日中泣きとおした
当然だけど、またひとりぼっちさ
当然だけど、またひとりぼっちさ

 ちょっと驚くような内容ではありませんか?こんな暗く、重く、悲しい歌が世界的にヒットしたんですね。まあ、時代と言えば時代なんでしょうが。
 英語の歌は、微妙な英語のニュアンスが日本人には分かりづらく、つい辞書的に訳してしまいがちで「いや、これはそんな深刻なものではなく、ちょっと茶化すか自虐ネタ的にユーモアを含んだものなんですよ」と書いているブロガーさんもいらっしゃるようです。

 今日の「アローン・アゲイン」は、実は以前に紹介しています。しかし、今日改めて音を訂正したり、ギター的に直したりしましたので再掲することにした次第です。改めて聞き直すとちょこちょこコードにミスがあるのが分かります(汗!)

■You Tube…「アローン・アゲイン」ギルバート・オサリバン
 ギルバートのキー・ボード(ピアノ)とギター、それにストリングスがかぶさっていますね。ピアノを弾きながらの”弾き語り”は印象的で、ビリー・ジョエルへとこのスタイルは引き継がれました。来生たかおも彼を真似たと言われています。
■楽譜と演奏について…一部ギター的にコードをいじった(変更した)箇所があります。3小節目のコード進行をGm7→A♯m→C7としていますが、本当はGm7→C7-9→C7と響いています。が、響きと弾きやすさを考慮して変更しました。エンディングの箇所をごらんになるとそのまま書いていますので参考になると思います。試してみて下さい。コードのリズムは適当に取られて構わないとおもいます。
■楽譜をご希望の方は、本ブログの右側下方にある「プロフィール」をクリックして入り、「メール送信」でお知らせ下さい。また、エチケットとして何市の何歳の誰(ハンドル・ネームでも結構です)か位はお知らせ下さい。

« 「津屋崎ロケ”ここにある幸せ”放映」 | トップページ | 「僕の歌は君の歌Your Song」Elton John(楽譜) »

外国のフォークなど」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/150630/58667752

この記事へのトラックバック一覧です: 「アローン・アゲインAlone Again」Gilbert O'sullivan(楽譜):

« 「津屋崎ロケ”ここにある幸せ”放映」 | トップページ | 「僕の歌は君の歌Your Song」Elton John(楽譜) »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ