« 「”なごみ”11月度の歌声喫茶」 | トップページ | 「”なごみ”12月度の歌声喫茶」 »

「津屋崎園グループホーム”座々”で10回目のチャリティー・ライブ」

Dscf23831Dscf23781 去年の12月以来の、津屋崎園グループホーム”座々”でのライブです。10回目の今回は、11月16日(日曜日)に行いました。今回は、ライブ・デビューとなる仲間一人を加えての5人で皆さんのお相手をしました。
 また、今回は初めての試みとして「お話」のコーナーを設けてみました。コンピュータとTV画面を使って、お話を「紙芝居」風に仕立て上げたものです。話の題材は、ここ福津市に伝わる事件を取り上げました。津屋崎と勝浦の漁場を争う話の内容は、俳優の故・米倉斉加年さんの演出で舞台劇として上演されたことがあるそうです。どうやら福津市出身の奥様がこの話を提供したようですよ。これから、機会があれば「紙芝居」のレDscf23891パートリーを増やしDscf23951てくれれば有り難いですね。一回毎に話がうまくなってくれることを願います。語り部は、我が友、上田君でした。
 さて、歌の方は、ライブ・デビューの宇都宮さんから始まりました。宇都宮さんは実は素晴らしい雅楽演奏家であり、またジャズ音楽の愛好家でもあります。そして今回はフォーク・ソングを歌いました。奇妙な取り合わせと思われるかも知れませんね(^0^)。しかも使用ギターがマーチンD28ですから恐れ入りました~!!今日は「神田川」「22才の別れ」と、フォーク・ソングのスタンダードと言える2曲をお願いしました。後は当園の看護士・井久保さんと私がそれぞれ歌を歌Dscf24041い、一番若い上野君は演奏に徹していました。今までと違って、エレキ・ギターの仲間がいませんでしたが、まあそれなりに愉しDscf24071んでもらえたのではないでしょうか?上の2曲以外では、「秋桜~コスモス」「私の城下町」「瀬戸の花嫁」「オリビアを聴きながら」「未来へ」「案山子」「妹」「人を恋うる歌」「青い山脈」それになぜか「ダイアナ」でした(笑)







« 「”なごみ”11月度の歌声喫茶」 | トップページ | 「”なごみ”12月度の歌声喫茶」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

いやあ 実にいいですねえ。まことにいい日々を過ごしていらっしゃる。
曲も好きなものがいっぱいです。
こちらも今月二か所で行いますが、この歳になってこんなことが私を待ち受けていようとは夢にも思いませんでした。とても素晴らしい生活だなあと我ながら思っています。

退職後、生きがいを探さないといけない人がいるのが信じられませんね。
自分の中から自然とわき出てくるものでしょう。
自分の個性が分かっていれば外に探す必要はないと思うのですがね。
”みやさん”の楽しみも、自分の中にあったものなんでしょう。
だからこそ、愉しんでできると思います。
お互いに、身体に気を付けながら、継続していきましょう!good(o^-^o)

まったくそのとおりですね。
私は 退職後は絵画、三味線をと考えていましたがまったくできていません。
手をあげている人にしかリンゴは落ちてこないとかなんとか言われますが
まるで天から落ちてきたみたいに今の「遊び」をやっています。
また、別のことが天から降りてきたらそれをやってみます・・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/150630/58016735

この記事へのトラックバック一覧です: 「津屋崎園グループホーム”座々”で10回目のチャリティー・ライブ」:

« 「”なごみ”11月度の歌声喫茶」 | トップページ | 「”なごみ”12月度の歌声喫茶」 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ