« 「東郷公園の桜はまだまだ・・・」 | トップページ | 「福津市役所の桜が満開!」 »

「春の夕陽は鈍くて・・・」

019  桜の開花が各地で一斉に報じられています。列島が晴天に包まれ、気温が高くなったからでしょう。春は、なぜかウキウキする季節です。でも、日陰に入ると空気はひんやりなんです。桜が艶やかに彩りを添えるこの季節ですが、一方で、人々が別れと出会いを迎える時でもあります。希望と不安、その二面を併せ持った季節とも言えます。
 高校の卒業式を終えた日、校門の前にあった小さな池(蓮池)に、友人と二人で制帽を投げ込みました。今の高校生は帽子をかぶりませんが、当時は校章の入った制帽をかぶるのが決まりでした。その、高校生活を象徴する帽子を脱ぎ捨てて、新しい自分へ脱皮するんだ。もう、妙な校則に縛られた高026校生活ともお別れなんだ!そんな気分で投げ込んだ気がします。今振り返ると、そんなことすら”甘えん坊”のガキのする”自己陶酔”の時間でしかなかったようですね。大人になったつもりでしたが、結局は親の擁護なしでは歩けない”ひよこ”の時間がしばらく続くわけですから。思い返せば、苦笑いのワン・シーンです。時折、一緒に投げ込んだ友人とその事を話します。二人して「あの帽子、投げ込まんで取っとけばよかったねぇ!」と単に勢いでやってしまった行為を後悔しています (笑)。
 そんなこんな遠い記憶を手繰り寄せている間に、夕陽が玄界灘に沈んでいきます。この季節(春分)の太陽は、ちょうど真東から出て真西に沈みます。春霞のために鮮やかな夕焼けにはならず、反照が消されて血のような太陽が相島をかすめて沈んでいきます。「あした天気にな~れ!」

« 「東郷公園の桜はまだまだ・・・」 | トップページ | 「福津市役所の桜が満開!」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/150630/55507278

この記事へのトラックバック一覧です: 「春の夕陽は鈍くて・・・」:

« 「東郷公園の桜はまだまだ・・・」 | トップページ | 「福津市役所の桜が満開!」 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ