« 「3月5日の大気のようす」 | トップページ | 「”なごみ”3月度の歌声喫茶」 »

「古賀市舞の里で出張”歌声喫茶”」

Img_1379  毎月、福津市津屋崎”なごみ”で開催される”歌声喫茶”でImg_1386すが(3月は12日が予定)、そこに顔を出される方から「古賀市舞の里」での”歌声喫茶”開催を依頼されたのは昨年の10月頃でしたか?で、今日がその日でした。
 古賀市は、私が住む福津市と隣接する市で、舞の里はその中でも最も福津市に近い所に位置している区域です。そこの集会所で10時半からの開始でした。
 舞の里は1丁目から5丁目まであり、毎月、お年寄りとの親睦や地域の人々による支援を目的に、集会所を持ち回りしながら種々の催しが執り行われているようです。私たちの歌や演奏が、その活動に少しでもお役に立てば嬉しい限りです。
 会場の集会所は、公園に隣接した明るく開放的な場所です。そこでお集まりの30名ほどの方々と小一時間、歌とお話でお付き合いしました。地域活動のスタッフの方々も一緒に、あれこれ言葉でやりとりしたり、一緒に大きな声を出して楽しみました。
 Img_1388 声で賑わった後は、スタッフの皆さんが作られた愛情溢れる昼ご飯をご馳走になりました。窓を広くとった集会所は、光がたくさん入り、とても開放的で明るい空間となっています。壁は木の板が全面に張られ、なかなかすてきな空間を演出していました。明るい日差しが室内に入ってきますから、気持ちがいいですね。
 食事を終え、1時前にはおいとましました。御用達の「愛犬の美容室”Happy”」さんで、我が家の愛犬”団十郎”君がカットしてもらっているので、迎えに行って帰路につきました。

 今回の舞の里地区の皆さんは、とても熱心に地区の活動に取り組んでおられる印象でした。明るく、健康的な雰囲気を、地区のスタッフの皆さんが積極的に作り出し、昔風に表現すれば”向こう三軒両隣”が意思の疎通をしっかり行い、お年寄りを”尊敬”しつつ生活をフォローしておられましたね。その親密さはうらやましく思いました。フォローする方もされる方も、共に笑顔があるのが良いですね!

« 「3月5日の大気のようす」 | トップページ | 「”なごみ”3月度の歌声喫茶」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

向こう三軒両隣って大変いい言葉ですね。
団地が高齢化する中、このことを訴え、班長の決め方をはじめ色々な問題を考えていく「提案会議団」てきなものはどうかと 提案し続けているのですが・・・。なかなか受け入れられません。「うちの事はうちでやるから、ほっといてくれ!」てきな雰囲気があることはいなめません。自然発生的に 向こう三軒両隣 になるのが良いとは思いますが やはり科学的に分析 提案していく必要があるとおもいます。音楽がそこに加わると更に良いと思うのですが。

middle60さんへ

>「うちの事はうちでやるから、ほっといてくれ!」

近年、人と人との繋がりが希薄になっているのは感じますね。
それを「個人主義」と思って「自分勝手主義」だとは思っていないんです。
自分だけで生活が可能だと思う勘違い人間は多いですね。
「自分だけがよければいい」という狭い了見の人間は、自分が生きていくために多くの人が陰で支えてくれていることを感じることができないようです。それはIQの問題でもあり、EQ(心の指数)の問題でもありますね。
「お陰様」の意味が分かっていないのでしょう。寂しい限りです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/150630/55292860

この記事へのトラックバック一覧です: 「古賀市舞の里で出張”歌声喫茶”」:

« 「3月5日の大気のようす」 | トップページ | 「”なごみ”3月度の歌声喫茶」 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ