« 「福津市役所の桜が満開!」 | トップページ | 「久し振りに”幻日”が現れる」 »

「福間から東郷へ自転車の旅」

002  福津市役所の桜は満開です。掲載写真はJR鹿児島009本線と福津市役所の桜です。時々撮り鉄さんがいるポイントでもあります。通過中の電車は鳥栖行きの普通電車(福間駅10時47分)です。電車に乗っている人は、途中あちことで満開の桜を見ていることでしょう。
 さて今日は、福津市から宗像市東郷まで、旧3号線(現県道97号線)をレンタル自転車で走ってみたいと思います。目的地は母校の宗像高校です。
 JR福間駅から出発すると、やがて「手光(てびか)」の交差点とバス停を通過します。手光の交差点から新し006いバイパスが「太郎丸」へと出来たので風景は昔と一変しています。ただし、このバス停とそこにある古墳(手光波切不動古墳)は昔の面影を残しています。
 手光からさら に北九州方面へと向かうと、「通り堂(どおりどう)」010_2 を経てJR東福間駅へ着きます。道を挟んだ反対側の公園には見事な桜が咲いていました。高校~大学くらいの時に宅地造成 が行われた場所なので、この桜は50歳くらいになるのでしょうかね。
011  JR東福間駅前を通過すると「白水峠(しらみずとうげ)」への緩やかな上り坂が続きます。県道沿いには「桜公園」があり、道行く人々の目を楽しませています。当時は人家の乏しい峠でしたが、この峠を越えれば「宗像市」です。017
 この辺りが「神興(じんごう)」と呼ばれるところで、地名の「東郷」「南郷」「西郷」の中心地です。恐らくは宗像大社の三女神と因縁の深い場所だと考えられます。神興と隣接する八並(やつなみ)に014 019  は「的原宮」があり、大国主命が奉られています。なぜここに大国主命?と不思議がっている間に「村山田(むらやまだ)」へと一気に駆け下りてきます。右手にJR鹿児島本線が平行に走っているので、写真のように列車を眺めながら走ることができます。白いソニックの車体が緑に映えます。背景の山合には桜が見えます。のどかです。
   「村山田」を過ぎるとやがてJR東郷駅が近づい031て来ます。宗 像高校生でJRを利用する生徒達はこの駅を利用します。しかし、駅から高校までは、歩くと30分(以上?)024はかかります。雨でも降れば、靴もズボンもずぶ濡れでしょう。もちろん、バスを利用すればいいのですが、そうすると交通費がバカになりまません。なぜ、こんな辺鄙な場所に駅を作ったかはだいたいお分かりでしょう。機関車 が走り始めた当時、人達は町が汚されると考えて町並みから遠い場所に駅を設置したのでした。JR赤間駅もしかりです。駅北口近辺は何とも殺風040景な風情です。佃煮の花田食品は移転しているようです。何だかさみしい風景ですが、駅南口(日の里側)はそれなりに華やかだと思います。今日は行き021ませんが。
 さて、東郷駅の坂を下りて旧3号線に再び出ましょう。ここから右へ進路を取ると日の里団地の方へ033向かいますが、高校生は派出所や東郷小学校の前を通って町並みに沿って歩きます。「田熊」のバス停の前にスポーツ 用品店がありますが、昔ここは農機具メーカーのクボタの店だったと思います。さらに歩いて行くと「チャイルドハウス」の名を冠した託児所がありますが、ここは確か「内田書店」があった場所ですね。高校の頃は、時折立ち寄ってました。良く立ち寄っていた片山レコード店は・・・・ありませんね。
 さて高校が近づいてきました。旧3号線から右へ曲がると吉武059 文具書店がまだありますねぇ!私037たちが通っていた頃は、高校の正門はこの写真よりもっと遠くにありました。現在、この入口は正門でなく裏門(?)になっています。入ると広い駐輪場があり、グラウンドへと入れます。
 高校の建物は、私達が学んだ木造校舎から数え てすでに2回目のコンクリート棟です。現在の正面玄関は、昔の被服科があった方の入口(裏口)に作られています。石碑には校訓の「質実剛健 自彊不息(じきょうやまず)」と記されています。しか056し、おやおや、平成27年4月から「中高一貫046校」へ姿を変えるのですね。この校訓は活かされるのでしょうか?校歌の「千載揺るがぬ四塚の峰・・・♪」は歌い継がれるのでしょうかね。今日は春休みで、校庭には部活の生徒達だけで閑散としていました。見回しても懐かしむような風景はありません。少しさみしい気分で学校をあとにしました。また、友人と訪れてみましょう。

« 「福津市役所の桜が満開!」 | トップページ | 「久し振りに”幻日”が現れる」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

懐かしの東郷界隈。懐かしの地名。
しかし・・・ハッキリ思い出せるのは「吉武文具店」だけ(*_*;
もう記憶も薄らいでしまったのか・・・。

八並は憶えてるぜ! 初恋のひとが住んでたから(笑)

いいですね いいですね。
地名や店の名前さえなくなってしまっていることが多いですよね。
頭の中には鮮明に当時の映像が出てくるものですね。
とても良い旅をなさいました。

Mon-G君、middle60さんへ

自転車をこぐ度に、タイムトラベルで過去へどんどん戻っていくような気分でした。
頭に浮かんでくる歌が「In My Life」。

There are places I remenber
All my life though some have changed
Some forever, not for better
Some have gone and some remain ........

懐かしい友情のぬくもり、いまは亡き愛しき人への切ない想い・・・
寂しくもあり、また嬉しくもある時を過ごしました。

疲れも忘れてこきましたよ。普通の自転車だったら帰りの峠道はべそをかいていたかも。
電動アシスト自転車恐るべし!有り難いものでした(笑)。


また行ってみます。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/150630/55593481

この記事へのトラックバック一覧です: 「福間から東郷へ自転車の旅」:

« 「福津市役所の桜が満開!」 | トップページ | 「久し振りに”幻日”が現れる」 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ