« 雨が上がり、やっと視界がもどった! | トップページ | 「古賀市舞の里で出張”歌声喫茶”」 »

「3月5日の大気のようす」

001

010

 先日は、雨が上がった後で久し振りに澄み切った空を見ることができました(3月3日)。しかし、今日3月5日の同じ方角の空を御覧下さい。また、3月1日に掲載した写真と同じ状態に逆戻りしました。気圧配置が冬型に戻り、北西の季節風にのって空中浮遊物が大陸からやってきたのでしょう。時期的には”黄砂”も含んでいますし、さらに悪いことにはスギ花粉が飛散していますから”三重苦”となっています。道を歩く人、あるいはドライバーまでが大きなマスクをしています。私は犬の散歩にほぼ毎日出ていますが、マスクは面倒で着けません。私は”犬アレルギー”(???)ですから外に出ても大丈夫なんです(笑)。
 話は変わりますが、ウクライナの情勢が緊迫してきました。タイの反政府デモもまだ予断を許さない状況です。国内では、日本海沿岸で深海魚やダイオウイカが採れ、季節外れの大雪が降り、富士山の山体膨張が観測されて天変地異の予感?あるいは、またもや長距離バスの大事故に通り魔事件と、気の滅入るニュースばかりが続きます。よって、近頃はTVの付けっぱなしは止めて、音楽に浸るようにしています。せめて、その時間だけでも忘我の境地でいられますからね。
 今、私の居る空間に満ちている音楽は、マーラーの交響曲3番ニ短調です。マーラーの弟子であり、親友であった指揮者のブルーノ・ワルターによれば、この交響曲は”自然”を音楽にしたもので《交響曲第3番「自然」》とでも呼べるものです。別名《角笛交響曲》とも呼びます。ワルターの指揮で聴きたいところですがそのCDを持ちませんので小澤征爾、ボストン交響楽団で代用です。6楽章からなり、長大な演奏時間(1時間半以上)を要する曲でもあります。

« 雨が上がり、やっと視界がもどった! | トップページ | 「古賀市舞の里で出張”歌声喫茶”」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/150630/55246759

この記事へのトラックバック一覧です: 「3月5日の大気のようす」:

« 雨が上がり、やっと視界がもどった! | トップページ | 「古賀市舞の里で出張”歌声喫茶”」 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ