« 「”なごみ”2月度の歌声喫茶」 | トップページ | 「Brilliant Classicsのヘンデル”合奏協奏曲”を聴いてみた」 »

「”赤間宿”勝屋酒造の蔵開き」

001_2  昨日2月22日と今日23日の二日間、福岡県宗像市赤間の勝屋酒造の蔵開きが催されました。
 赤間は、私が生まれ育った町です。天気の良さが寒さを和らげてくれました。3月中旬並みの気温は、愛犬を連れて散歩するのに適していました。が・・・・・!!
 何と何と群衆の多いこと多いこと!狭い宿場町の路が人、人、人で埋まっていました。まずは車の駐車場を探すのに一苦労。町が準備していた駐車場はほとんど満杯状態で、空きを探すのに苦労しました。それでも何とか車を止めて、妻と002愛犬と町の方へと出掛けたのですが、何と、犬が歩くのも大変なくらい人が多いのです。時折は愛犬を抱いて歩かないといけないくらでした。
 なるほど、百田尚樹の「海賊と呼ばれた男」で一躍注目された出光佐三の生家が解放されていましたので、蔵開きプラスアルファの人混みになったのかも知れませんね。今までは生家の表記はありましたが、家の中には入れませんでしたから。
 勝屋酒造の前で、高校の後輩に出会い、話している間に、妻は酒造の中に入ってちゃっかりと甘酒をご馳走になったようです。私はカメラでこの喧噪を撮影しようとしましたが、ろくな写真も撮れないくらいの人混みでしたので、掲載の2枚だけで諦めました。さらに、通りを犬を連れてぶらりとするような状況でもありませんでしたから、急いで帰ってきました。自分の故郷が注目されるのは嬉しいですが、度を超すと興ざめですね。参りました(笑)。

« 「”なごみ”2月度の歌声喫茶」 | トップページ | 「Brilliant Classicsのヘンデル”合奏協奏曲”を聴いてみた」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

中高年のお出かけが]増えたからでしょうか。
テレビ番組で取り上げられると どっとお客が増えたりしますね。
ところで、例の MINI を目の前で見ました。かっけー です。

middle60さんへ
お天気も良かったし、呑兵衛の団塊世代がおおぜい押し寄せたのでしょうかね。
MINIを見ましたかぁ。それぞれが個性的な装いをしていますから、同じスタイルでも外装も内装も違うようですよ。
そんな楽しみを持たせた車ですね。ちなみに私のMINIはロンドン・パッケージのスタイルです。ユニオンジャックがアクセントになっています。英語も話せないのに(笑)。

えええええ! ユニオンジャックがでかでかと乗っているやつですか。みんなが振り返る・・・・。
私はもう少し先にしようと思いますが、MINIやVolvo Audi には手が出ません。 ゴルフかポロあたりが・・・・。

middle60さんへ
えへへ・・・お恥ずかしい!
さすがに天井にはユニオンジャックは描かれていません!
でもミラーにはしっかり入っています。
昔の映像を見ますと、ジョン・レノンは例の小さなMINI(1000cc)に乗っていました。
そこで、私も彼にあやかって乗ってみたという次第です。ハイ!
今のMINIは名前だけがMINIで、実際は車高が高く、大きくなっています。小回りがききませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/150630/55111808

この記事へのトラックバック一覧です: 「”赤間宿”勝屋酒造の蔵開き」:

« 「”なごみ”2月度の歌声喫茶」 | トップページ | 「Brilliant Classicsのヘンデル”合奏協奏曲”を聴いてみた」 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ