« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

「Brilliant Classicsのヘンデル”合奏協奏曲”を聴いてみた」

002   最近、随分と春の気配を感じるようになりました。梅の花が咲き、道端にはタンポポがチラホラ顔を出しています。でも、桜の花の蕾はまだ固いようでした。豪雪のために孤立している集落や、雪下ろしに難渋する独り暮らしのお年寄りのためには、春が速やかに来てくれることを願いたいですね。003

 さて、CDを探している時に気になっていた「Brilliant Classics」というレーベルのCDを購入してみました。
 「Brilliant Classics」レーベルからは、”めっちゃめちゃ”安価なCDが多量に発売されています。例えば「Mozart大全集」と銘打ったBox Setでは、CD170枚で11,368円(Amazon)の価格です。
 「えっ???」と思うでしょ?1枚当たりに換算すると約67円です。信じられない価格です!「Haydn作品集」では150枚で17,983円で1枚当たり約120円です。
 これらは”とんでもない価格破壊”ですが、クラシック音楽愛好家には本当に有り難い設定です。しかし、「音質は大丈夫だろうか」とか「演奏の完成度は大丈夫か」あるいは「録音時期はいつなのか」などが気になります。
 確かに、レコード時代にもバロック音楽を中心とした”エラート”のような廉価版(盤)はありましたが、ここまでは安価ではありませんでした。
 で、今回ヘンデルの「合奏協奏曲全集」を購入してみました。CD5枚で1639円です。1枚約328円の勘定です。かつてはCD1枚が2800~3200円の時代があったことを考えると1/10の価格です!昔の値段は何だったのでしょうね。

 さて、その「合奏協奏曲全集」ですが、イギリスより郵送されてきました。もともと「Brilliant Classics」はオランダのレーベルのようです。で、梱包を開いて見ると・・・・紙の粗末なボックスに1枚ずつケースに収めた5枚のCDが入っていました。早速CDケースを開けてみると・・・5枚とも解説書が入っていません。曲名はケースの方に書かれていますが実にあっさりです。よく書店やホームセンターで売られている正体不明のCDのような感じです。
 うまくCDが装置にかかるか試してみました。う~ん、なかなかいい音です。外国でプレスをするからでしょうか。おや、1枚目には「王宮の花火の音楽」と「水上の音楽」が入っていました。しかし、「水上の音楽」はハーティ版やレートリッヒ版があり、どの版で演奏しているか分かりません。ハーティ版でないことは分かりますが、手元にあるピノックの演奏と比べても微妙に曲順が違います。ここでは解説が欲しいところですが。

 演奏は私が好きなネビル・マリナー指揮アカデミー室内管弦楽団です。ただし、2~5枚目の合奏協奏曲のCDはアイオナ・ブラウンの指揮となっています。ブラウンはマリナーの次にアカデミー室内管弦楽団を指揮した人です。ちなみに録音年は1993~1995年と記載されていました。

 解説書がないのと関連して、ヘンデルの作品目録番号として使用されるHWVが付されていません。合奏協奏曲は作品3の6曲と作品6の12曲が納められています。演奏と音質は何ら文句のないレベルですが、使用楽器は今風の古楽器(オリジナル楽器とかピリオド楽器と呼ばれる)ではなくモダン楽器のようです。よって、よりリズミカルで心地よい演奏となっています。

 「Brilliant Classics」の他のBox、例えばMozart大全集などのように枚数が多いものでは不良品があると報告されています。その辺の木目の細やかさは他の正規レーベルには及ばないのは仕方ないのかも知れません。
 今回の「Brilliant Classics」の「合奏協奏曲全集」を評価すると、私は満足のいくお得な買い物だったと思いました。もっとも作品3の6曲は、ヘンデルが原曲は作曲しているものも、楽譜商のウォルシュがヘンデルの作品を自由に編曲して出版したと言われるものです。この点はちょっと首を傾げますが、それでも管楽器を多用して面白く仕上げているので楽しめますから良しとしましょう。
 クラシックに興味のない方には関係ない記事かも知れませんが、これから少しでもクラシックを聴いてみようと思われる方は、購入の有力な選択肢ですのでご紹介しました。
 また、今回のヘンデルの「合奏協奏曲全集」は、コレルリの平坦すぎる「合奏協奏曲」に比べて起伏に富んだ音楽に仕上がっています。さすがヘンデルだと思いました。

「”赤間宿”勝屋酒造の蔵開き」

001_2  昨日2月22日と今日23日の二日間、福岡県宗像市赤間の勝屋酒造の蔵開きが催されました。
 赤間は、私が生まれ育った町です。天気の良さが寒さを和らげてくれました。3月中旬並みの気温は、愛犬を連れて散歩するのに適していました。が・・・・・!!
 何と何と群衆の多いこと多いこと!狭い宿場町の路が人、人、人で埋まっていました。まずは車の駐車場を探すのに一苦労。町が準備していた駐車場はほとんど満杯状態で、空きを探すのに苦労しました。それでも何とか車を止めて、妻と002愛犬と町の方へと出掛けたのですが、何と、犬が歩くのも大変なくらい人が多いのです。時折は愛犬を抱いて歩かないといけないくらでした。
 なるほど、百田尚樹の「海賊と呼ばれた男」で一躍注目された出光佐三の生家が解放されていましたので、蔵開きプラスアルファの人混みになったのかも知れませんね。今までは生家の表記はありましたが、家の中には入れませんでしたから。
 勝屋酒造の前で、高校の後輩に出会い、話している間に、妻は酒造の中に入ってちゃっかりと甘酒をご馳走になったようです。私はカメラでこの喧噪を撮影しようとしましたが、ろくな写真も撮れないくらいの人混みでしたので、掲載の2枚だけで諦めました。さらに、通りを犬を連れてぶらりとするような状況でもありませんでしたから、急いで帰ってきました。自分の故郷が注目されるのは嬉しいですが、度を超すと興ざめですね。参りました(笑)。

「”なごみ”2月度の歌声喫茶」

2001  2月13日(木)に2月度の”歌声喫茶”を行ってきました。場所は津屋003 崎の「町おこしセンター”なごみ”」です。毎月のことですが、今回はすごく久し振りな気がしていました。先月が1月8日だったので時間を置いている訳ではなかったのですが・・・・。奇妙な気分でした。
 東日本では、ここのところ”大雪”に見舞われていて、神経を使う日々を過ごされているようです。西日本も昨日から降雪が見られるようになりました。福岡県もニュースでは降雪があちこちと報告されて2002  います。右上に掲げた写真は、雪に彩られた今朝(14日)の西山山系(犬鳴山)です。平地では降雪はありませんが、山間では雪の気配ですね。中央の横広い大きな建造物は、西日本一の規模を誇る「イオンモール福津店」です。
 福岡市や筑後地区では、私立高校の後期の入試が14~15日と予定されています。大体、私立高校入試の頃が一番2005寒くて、雪に見舞われた引率経験を何度かしました。早く、暖かい”春”が訪れてくれることを願いましょう。
 ”歌声喫茶”は、いつもの通り、上野君とおしゃべりしながらの楽しい1時間半でした。今日は、毎月第2水曜日だったのが、変則的に木曜日の開催となりました。そのためかどうか分かりませんが、お客さんが60名にもなる盛況ぶりでした。慌てて椅子の準備をしたほどでした。今回は、先月私用で抜けた友人も裏方を務めてくれ、嬉しい悲鳴を上げていました。来月3月は、もう少し春めいて来ていることでしょう。3月12日(水曜日)2時からの開催です。

「リンゴのテーマ」ジョージ・マーチン楽団(楽譜)

Ringo_starr  耳コピを休止しますと言った舌の乾かぬうちに、1曲だけお届けします。と言っても、これは作成途中で放っておいたものを完成させただけですから、”新規の耳コピ”ではありません。音楽仲間が”未完成”のままの譜面で演奏しているのが心苦しくて完成させました。曲は、映画「A Hard Day's Night」中で使われていた「リンゴのテーマ(This Boy)」です。
 この曲は、サウンド・トラック以外に、ジョージ・マーチンがアレンジし直してレコーディングしたバージョンもありますが、ここは敢えて「サウンド・トラック」にこだわりました。日本ではA面が「リンゴのテーマ」B面が「アンド・アイ・ラブ・ハー」でEPレコードとして発売されました。You Tubeで聴きましたが、EP盤の方はストリングスが多く、ギターの出番が少ないのでサウンド・トラック版にしました。
 映画では、リンゴと子供とのたわいのない会話が音源を聴き取りにくくしていますが、何とか想像&創造で譜面にしました。サックスやフルートが使用されていますが、フルートだけ音符にしています。
 この曲は、ステージでは目立たないリンゴの人となりが表現されている場面で効果的に使われましたので、リンゴの人気が世界中で一気に高まりました。とてもユーモアに溢れた映像が印象的でした。この曲を聴くとその場面が想起されます。そのリンゴ・スターも今年で74歳になります。いつまでも元気で「You're Sixteen」などを歌いつづけて欲しいものです。
 さて、これにて本当に耳コピをしばらく中断いたします。ただし、楽譜の依頼については引き続きお引き受けします。

■You Tube…「リンゴのテーマ」映画中の場面です。
■楽譜と演奏について…イントロを終えたところから、ジョージ・マーチンの三連符のピアノが響いて、しっかりリズムを作っています。ドラムはオリジナルの「This Boy」よりもシンプルになっています。ベースの音が一部聞き取りづらく、創作になっています。とぼけたリンゴの映画の場面を彷彿とさせるような演奏がしたいですね。
■楽譜をご希望の方は、本ブログの右側下方にある「プロフィール」をクリックして入り、「メール送信」でお知らせ下さい。また、エチケットとして何市の何歳の誰(ハンドル・ネームでも結構です)か位はお知らせ下さい。

「オーディオ機器を整備しました!」

002  東日本が、低気圧の影響で積雪に見舞われています。入試の時期なので受験生は気が気でないでしょう。都知事選も低調001でしょうね。人間や社会が、自然に支配されていることを示す良い材料です。そろそろ、自然を支配しようとしてきた人類の思い上がりを軌道修正しませんかね?
  さて、我が家のオーディオ機器が”危機”に陥ったので修理とメンテナンスを依頼していましたが、2月8日土曜日に修理が済んで戻ってきました。早速オーディオ機器周辺の整備です。
 スピーカー・ユニット(ウーハー)の重さは1個が9kgもあり、取り付け、取り外しも大変でした。スピーカーボックスを倒せばいいのですが、このボックス自体も重いのでこのままで取り付けます。スピーカーの大きさは、CDケースの大きさからお分かりになるでしょう。
 現在、多くの方はPCや、MP3のファイル形式で、コンパクトな装置で音楽を楽004しんでいますが、私はいたって昔のイメージの”大きなスピーカーボックス”と”大きなステレオアンプ”にこだわっています。とはいえ、もちろん何十万円005_2もするような高級な装置は準備できる訳ではありませんから”それなり”の装置で我慢です。ちなみに、アンプはOnkyoのintegra A-917F、スピーカーはOnkyo D-77Xで、共に20年以上も前に買った装置です。
 確かに、リビングで聴いているBose社の「Wave Music System」も良い音がしますが、高音域が頭打ちで、低音の質は倍音が多くて 人工的です。Boseの、小さなスピーカーで低音域が出せる技術は 素晴らしいですが、やはりパイプオルガンの低音やコントラバスの音は本来のものではありません。お腹に響く芯のある低音ではないです。ただ、ポップスやロックなどのエレキ・ベースの音ではさほど気にはなりませんから、ジャンルを選べば「Wave Music System」で十分でしょう、何しろ場所を取らないので大助かりです。
 さあ、これで音楽がじっくり堪能できる環境が整いました。残りの人生で、どれだけたくさんの良質の音楽が聴けるか分かりませんから、今日から早速音の洪水に身を浸したいと思います。近所迷惑にならないようにして!

「しばし耳コピはお休み~私の今・・・」

66_005  昨年の暮れより、少しずつ音楽活動を離れて自分の身辺を整理していました。というと”とうとう終活?”と想像される方も多いかと(笑)。いえいえ、そんな目的のためではありません。自分が本来やりたかったことをやろうと準備しているだけです。
 5年ほど前の私は、毎日、自分のコレクションである”クラシック音楽”のCDを聴いて過ごしていました。贅沢ではないにしろ、それなりのオーディオ装置を使ってBachやMozartやBeethoven、Mahlerを友達にする日常でした。しかし、気付けばスピーカーシステムのウーハーのエッジが硬化してぼろぼろに痛み、音に影響が出るようになっていましたし、ステレオプリメインアンプも、2005年3月20日の福岡西方沖地震を凌いでくれたものの、接点が不良気味になっていました。それらを、耳と心を休めるために、現在、修理とメンテナンスに出しています。お陰で合計5万円ほどの出費が予想されます。しかし、恐らくこれでアンプの故障がなければ死ぬまで使えるかな?66_001
 私は2月2日に66歳の誕生日を迎えました。高校の同窓生のうち、すでに1割以上は鬼籍に入っています。昨年の10月には、心を通わせていた友人の一人がまた亡くなったと聞きました。ビートルズを一緒に夢中になって聴いていた一人です。それを契機にと言う訳でもないのですが、ずーっと気になっていた、音楽の原点への回帰をやろうと準備をしているところです。今、クラシック音楽のCDが極めて安く手に入ります。5~7枚のBOXセットで3000~4000円という、昔では考えられないような価格で手に入るのです。もっとも輸入盤ですから解説が外国語のままなので少々不便はあります。さらに原盤が少し古いことを除けば、世界のプレーヤーの若々しい演奏が聴けるのですから有り難いです。
 掲載写真は、今の私を象徴するような品物を並べてみました。なるほど、こうやって物だけを写すと「遺品」と言えなくもありませんねぇ(笑)。黒い、利休が好みそうな湯呑みがありますが、それには豆を挽いてドリップした一服のコーヒーが入っています。昔は、LPをかけながら、パイプを燻らせつつ、コーヒーを飲み飲み、クラシック音楽を1,2時間聴くのが至福の時間でした。現在は、部屋の中での喫煙は禁じられていますのでパイプは吸えません(泣)。
 ヴァイオリンの箱は、単にクラシック音楽を象徴するために置いたものです。気の早い姪っ子がバレンタインチョコを送ってくれた箱です。
 車の説明書がありますが、久し振りに車を買い換えようとしたら、生年月日に気付いた業者の方が、大忙しで準備して下さり、日にちを合わせて納車してくれました。お陰で、予想もしていなかったバースディ・プレゼントになり大感激でした。妻にも感謝です。ちなみに、車は、縁があってビートルズゆかりの車になりました。”爺くさい”車に乗るより、明るく元気な気分になれる車にしたんですよ。ちょっと派手ですが(笑)。
 そんなこんなの日々なので、耳コピはしばしお休みと致します。また、気が向いたら始めると思います。今は、クラシック音楽と本を読む時間を下さい。「えっ?何の本を読んでるかって?今は、吉田秀和さんの書かれた”私の好きな曲”という本です。」

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ