« 「リンゴのテーマ」ジョージ・マーチン楽団(楽譜) | トップページ | 「”赤間宿”勝屋酒造の蔵開き」 »

「”なごみ”2月度の歌声喫茶」

2001  2月13日(木)に2月度の”歌声喫茶”を行ってきました。場所は津屋003 崎の「町おこしセンター”なごみ”」です。毎月のことですが、今回はすごく久し振りな気がしていました。先月が1月8日だったので時間を置いている訳ではなかったのですが・・・・。奇妙な気分でした。
 東日本では、ここのところ”大雪”に見舞われていて、神経を使う日々を過ごされているようです。西日本も昨日から降雪が見られるようになりました。福岡県もニュースでは降雪があちこちと報告されて2002  います。右上に掲げた写真は、雪に彩られた今朝(14日)の西山山系(犬鳴山)です。平地では降雪はありませんが、山間では雪の気配ですね。中央の横広い大きな建造物は、西日本一の規模を誇る「イオンモール福津店」です。
 福岡市や筑後地区では、私立高校の後期の入試が14~15日と予定されています。大体、私立高校入試の頃が一番2005寒くて、雪に見舞われた引率経験を何度かしました。早く、暖かい”春”が訪れてくれることを願いましょう。
 ”歌声喫茶”は、いつもの通り、上野君とおしゃべりしながらの楽しい1時間半でした。今日は、毎月第2水曜日だったのが、変則的に木曜日の開催となりました。そのためかどうか分かりませんが、お客さんが60名にもなる盛況ぶりでした。慌てて椅子の準備をしたほどでした。今回は、先月私用で抜けた友人も裏方を務めてくれ、嬉しい悲鳴を上げていました。来月3月は、もう少し春めいて来ていることでしょう。3月12日(水曜日)2時からの開催です。

« 「リンゴのテーマ」ジョージ・マーチン楽団(楽譜) | トップページ | 「”赤間宿”勝屋酒造の蔵開き」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

記事読ませていただいています。
「なごみ」のように定期的にすることがあるのはとてもうらやましいことですね。
オーディオすごいですね。亡くなった友人は真空管式のを持ち、何千枚ものレコードを持っていました。
残念ながら、現代の若者はいわゆるピックアップの針をレコード盤に置けないそうだと聞きます・・・。
私は、レコード盤を何枚か捨てずに持っていますがプレーヤーがありません。レコード盤の傷まで来ると がぁ! と音がするあの変な感動が忘れることができません。
ひょっとするとローバーですか?私は「高齢者が運転しやすい車」で検索し色々調べている最中です・・・。

middle60さんへ
コメントありがとうございます。
オーディオは、羨ましがられるほどの装置ではありません(笑)。昔は、亡くなられたお友達のように、かなり大きな真空管アンプを自作して楽しんでいました。今でも作れますが、真空管が限られていて、粗悪な中国製だとガッカリする音になると聞いています。レコード・プレーヤーは探せば適当な物が適度な金額で見つかりますよ。オーディオ・テクニカやデノン、ソニーなどが作っています。針はナガオカがしっかりと提供しています。レコードはもったいないですからお聴き下さい。カビはガーゼにカビキラーなどを湿らせて拭き取りましょう。
ローバーって、よく分かりましたね。さすがです!昔はローバー・ミニ・クーパーっていってましたが、今はBMWミニ・クーパーになっています。3ドアが4ドアになり、大きくなっていますね。座席が少し高いので乗りやすいです。すこし派手ですが、気分だけでも若くなりますよ(笑)。

私信みたいですみません。
ローバーは写真のパンフの....ver から想像しただけです(笑)  座席が高く、ボンネットが見えることが運転しやすいことの条件だと思います。ダットサントラックにキャビンを積んだキャンピングカー仕様の車に12年ほど乗っています。昨年 脱輪し、感覚の鈍りを痛感してので次の車を検討し始めたところです。shienta か pB か ワーゲンpolloかな?
若き頃は 私も真空管で色々作ってましたね・・・。たしか12Eという整流管とか80A?でしたか増幅管とかありましたね。ボビンにエナメル線を巻いて調節し短波受信機を作り、英語の放送が聞こえた感動!!今でもこういう感動を持ち続けたいとあれこれやっているわけですが・・・なにせ体力がもちません・・・
青海波の敷物がすてきです。

middle60さんへ

コメントありがとうございます。
私信で構いませんよ、あとどれだけ生きているか分からない年代ですから情報交換はありがたいです(笑)。
ローバーは画像からですか、なるほど。実は~verは、crossoverのverだったんですよ。ミニ・クーパー・クロスオーバーという名称で検索できると思います。車体に縞模様があるのでcrossoverという訳でしょうね。

真空管アンプを製作されていたのですね。ST管からGT管、MT管までいろいろ作ってみましたが、もう名称は忘れましたね。最初に中学生の時に作ったラジオ(4球の高周波一段増幅、通称”高一ラジオ”)では、12F、6C6、6WC5、6ZP1などで作った記憶があります。最終的に自分で使っていたアンプは、6CA7のプッシュプルだったと思います。6CA7はその後アマ無線機の送信管にも使いましたかね・・・・。CQ、CQも楽しんでましたが、私は結局オーディオが面白くて無線はやめました。今は、小さなLSIのパーツをソケットにはめて、組み合わせるだけですから醍醐味が感じられません。
あ~あ、あの頃は楽しかったなぁ!勉強もせずに音楽ばかり聴いていましたよ。
ところで、pBとありましたが、私には不明です。なんでしょうか?

まちがえました。bB ビービーという名前の○ヨタの車です。ブラックボックスなんでしょうか?○○ウスのように、ボンネット前方も見えなく、勘を、慣れを頼りに運転するのはやめたいと思うようになりました。資金の許す限り高級な車に乗りたいなという欲望もないわけではありません。http://middle60.blog.ocn.ne.jp/secondbirth/2005/09/post_53b3.html
昔の写真です。

middle60さんへ

bB!でしたか。
"それなり"の車に乗っていますと、運転が"それなり”に慎重になりますよ。BMWの1シリーズやVOLVOのV40などはいかがでしょうか?私のように普段が地味な人間は(???)MINIのCrossoverのような派手なので気分を変えたいと思います(笑)。すれ違う車のドライバーが「おお!」って振り向くのが楽しくなりました!中には「なんじゃこいつ。バカじゃねえか!」とあきれるドライバーもいるかもしれませんが、もうこの歳になれば自分が楽しめるだけで良いですからね。

おはようございます。有難うございます。
ブログの写真の車で通勤もしていました。 12年前、業者は、全国で5台作ったといってましたので、現在は一台もないかもしれません。いまでも、すれ違う人から見つめられます。同乗のお子さん達は指をさします。あまりに珍しいので、どこへ行っても「・・・・・にいたね」と見つかってしまいます。もらい事故?のほかは何も事故等はおこしていませんでしたが、昨年の脱輪、薬による注意散漫、記憶欠如いらいトラウマとなり思い悩むようになってしまいました。色々と考えてみます。有難うございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/150630/54991662

この記事へのトラックバック一覧です: 「”なごみ”2月度の歌声喫茶」:

« 「リンゴのテーマ」ジョージ・マーチン楽団(楽譜) | トップページ | 「”赤間宿”勝屋酒造の蔵開き」 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ