« 「宗像三女神について」 | トップページ | 「”なごみ”10月度の歌声喫茶」 »

「ミザルー(Misirlou)」Dick Dale and His Del-Tones(楽譜)

Dick_dale    1994年の映画「パルプ・フィクション(Pulp Fiction)」のテーマソングとして使われた「ミザルー」は、実はギリシャの古い歌謡曲「ミシルルー」が原曲です。「エジプトの女」という意味。
 現在よく演奏される形にしたのは、サーフ・ロックのパイオニアといえるアメリカのギタリストDick Daleでした(1962年)。さらにそれがフランス映画「TAXi」シリーズ(1998~)で使用され、若者達も知るようになりました。車をぶっ飛ばす映像に重なるギターの音が、いやが上にもスピード感を煽ります。
 原曲を聴いてみると、実に趣があっておもしろい!西洋音階に慣れている私達からすると、何ともエキゾチックに聞こえます。「アラビアン・ナイト」のイメージが漂ってくる感じですね。明らかに平均律の音階とは異なっていることが分かります。また、中近東やインドの音楽に特有な半音の半音、四分の一音の響きも特徴的です。
 さて、久々の耳コピ曲掲載となりましたが、日記風のブログ記事を書いている間、何も音楽をやっていなかったのかと言うとそうでもないのですよ。確かに体調があまりすぐれずに、やる気はでませんでしたが、その間、主にインスト曲が中心ですが、過去の耳コピ譜の整理や訂正、改訂などを少しずつやっていました。その延長線上に出てきたのが今日の「ミザルー」という訳です。決して”見ざる聞かざる言わざる”ではないのですよ(親父ギャグかよ~!)。
■You Tube…「ミザルー」Dick Dale版と原曲をイメージした歌「ミシルルー
■楽譜と演奏について…終始トレモロ(テケテケ)が続きます。しかもスピードは速いです。付いて行くにはスピードとリズム感が必要ですね。イントロ部はリズムをつけていますが、トレモロをするにはアクセントをつけた方が弾きやすいと思います。
 スピードが速いと感じる方や、トランペット部もギターで弾こうという方はBeach Boys版「ミザルー」が参考になるでしょう。ややテクニック的には稚拙ですが、若い日の彼らの姿が初々しく感じられますよ。ひやひや感があって、聞きながら思わず”ガンバレー!”って言いたくなります(笑)。ちなみにDick Dale は左利きでギターを弾いています。
■楽譜をご希望の方は、本ブログの右側下方にある「プロフィール」をクリックして入り、「メール送信」でお知らせ下さい。また、エチケットとして何市の何歳の誰(ハンドル・ネームでも結構です)か位はお知らせ下さい。

« 「宗像三女神について」 | トップページ | 「”なごみ”10月度の歌声喫茶」 »

Instrumental」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/150630/53492606

この記事へのトラックバック一覧です: 「ミザルー(Misirlou)」Dick Dale and His Del-Tones(楽譜):

« 「宗像三女神について」 | トップページ | 「”なごみ”10月度の歌声喫茶」 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ