« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

「ブルドッグ」The Ventures(楽譜)

The_ventures3  ベンチャーズのコピー・バンドは日本中に五万といるでしょう。団塊の世代がリタイアして以来、さらにその数は増えているでしょうね?そのコピー・バンドが好んで取り上げる曲があるように思います。今日の「ブルドッグ」もその1曲ではないでしょうか。
 単純なメロディーの繰り返しですが、ロンド形式のようにメイン・メロディーの間に違ったメロディーが挟まれます。この形式ではエンドレスで演奏する事もできる訳です。しかも、そこに名人芸的なテクニックを入れることもできます。サイド・ギターはしっかりとリズムを刻みます。
  オリジナルは1960年のファイアー・ボールズで、メンバーのジョージ・トムスコの作曲のようです。実に味のある曲だと思いますが、なぜこれが”Bulldog”なんでしょうね???”Poodle”になるとどんな曲なんだろうと妙なことを考えてしまいました。
 今日の「ブルドッグ」はベンチャーズの古いオリジナルを耳コピしました。よって、ノーキー・エドワーズではなく、ボブ・ボーグルのリード・ギターなのではないかと思います。
■You Tube…「ブルドッグ」オリジナル音源です。
■楽譜と演奏について…今回も「バンド・スコア」形式で譜面を起こしました。時間がかかりますね。ドラムのシンバルだけは譜面にしていません。でも、これだけでバンド・ピースとして商品になりそうです。ベンチャーズのコピー・バンドにいた音楽仲間曰く、「こんな立派な楽譜で練習したことがない!」ということでした(笑)。
■楽譜をご希望の方は、本ブログの右側下方にある「プロフィール」をクリックして入り、「メール送信」でお知らせ下さい。また、エチケットとして何市の何歳の誰(ハンドル・ネームでも結構です)か位はお知らせ下さい。

「太陽の彼方へMovin'」The Astronauts(楽譜)

The_astronauts  「夏にはベンチャーズが似合う」と友人達が言います。エレキ・ギターの響きがそう感じさせるのでしょうか。”ベンチャーズ”を”エレキ・ギター音楽の代表”と考えればそうかも知れません。
 私の感じる”エレキ・ギター音楽の代表”とは、今日掲載のアストロノーツ「太陽の彼方へ」やシャンテイズの「パイプライン」、あるいはトルネイドーズの「テルスター」などでしょうかね。
 ゴールデンハーフが”乗ってけ、乗ってけ、乗ってけサーフィン”と歌詞をつけて歌ったので、子供達までが「太陽の彼方へ」を歌っていましたね。
 ジ・アストロノーツは学生バンドで、「太陽の彼方へ」のヒットは日本だけではなかったかと思います。深いエコーをかけた独特の音作りで印象に残りました。ただ、あの音を出すのはそれなりのアンプとエフェクターがないと出ないのでは?
 今でもこの曲を聴くと1960年代初期の暑い夏が想い出されるような気がします。1964年は東京オリンピックの年でもありましたしね。
■You Tube…「太陽の彼方へMovin'」オリジナル音源です。
■楽譜と演奏について…フェンダーのアンプとエフェクターがないと出ない音ですかねぇ。どなたか、こんなエフェクターでもOKだよと言うのがあれば教えてくれませんか?演奏自体は難しいものではありません。単純なメロディーが何度か移調しながら曲が進行します。珍しく最初からバンドスコアとして作成しました。
■楽譜をご希望の方は、本ブログの右側下方にある「プロフィール」をクリックして入り、「メール送信」でお知らせ下さい。また、エチケットとして何市の何歳の誰(ハンドル・ネームでも結構です)か位はお知らせ下さい。

「福津の空に雷鳴とどろく!」

006_2  22日夜、にわかに暗雲が垂れ込め、激しい雷雨となりまし005た。空に雷の閃光が見え始めたのでベランダから福岡市方面を眺めると、雨雲がこちらに押し寄せて来ていました。
 福岡地区では、まともな雨がここ数週間降っていません。水不足解消や田畑の作物のために、にわか雨でも良いから雨が欲し いところです。雨が降れば気温も低下します。
  ベランダに出て、カメラを三脚に設置し、稲光でも撮れないかと挑戦しました。しかし、バカチョン・デジカメで撮影するのは難しいですね。運良くすぐ近くに落雷がありましたが、撮影したものを見ると”真っ白く”飛んでしまいました。まあ、それでも少しだけ雨の恵みにはありつけました。
 この記事を書いているのは23日ですが、今日も夜には俄雨が降りました。大気が不安定になっているようです。雨も手加減して降ってくれればありがたいですね。ちなみに今日は二十四節気では”処暑”だとか。”暑さも一段落する”という意味だそうですが、さてどうなることやら。今年の夏はため息が出るほどに暑い夏ですね。002

「続々々:団十郎の危機!」

3_001  心配をしていた愛犬”団十郎”ですが、食欲も戻り、元気3_002を回復したようです。昨日はウンチをしませんでしたが、今日21日の夕食を食べて排便をしました。少し柔らかいですが、正常だと思います。19日に”おかゆ”を与えて以来、ご飯はドッグ・フードではなくお手製のご飯を食べています。そのため、消化されないカス(骨粉や繊維分)が少ないので便の量が少ないのでしょう。体重は、”危機”に陥る前は3.2kg でしたが、現在は3.0kgです。これを機会におやつを制限して3.0kgをキープさせましょう。可愛そうかな3_003 あ?
 とりあえずは、ホッとしました。
 今日も九州北部は酷暑です。窓を開け放っている私の部屋の温度は33℃を示しています。街中の気温は40℃はあるのではないでしょうか?
 西日本は雨が降らないので水不足もささやかれ始めました。本来、雨の少ない四国の瀬戸内側や、水の消費量の多い関東では節水を呼びかけているとか。台風の接近で、少しでも前線が刺激されて雨が降ることを願いましょう。農作物への影響も深刻化しない前に水が欲しいですね。ただし、雨は適度の雨量で降ってくれることを願います!
 掲載者写真は、食欲が出たので”もっと食べたいなあ”とおねだりしている団十郎です。

「続々:団十郎の危機!」

2_003  愛犬”団十郎”が異常事態になってから今日で4日経ちました。昨日の夜に”おかゆ”を食べ始めて、19日の朝には食欲がほぼ普通に戻ったようです。朝ご飯を与えた後、私がトーストを食べていると欲しそうに眺めていました。嘔吐が止まり、どうやら食欲は正常に戻りつつあるようです。ただ、便の様子を確かめねばなりませんが、今日は今現在(夜9時)までウンチをしていません。
 夕方までウンチをするのを待っていましたが、出ないので”あすはな動物病院”へ電話をして、診察に行くべきかどうか尋ねました。私としては便の様子を見てから行こうと思っていたのです。すると、経過を見て薬を与るので来て欲しいとの事だったので夕方6時頃に病院に行きました。この病院は、午後の診察が午後5時~8時までとなっています。
 病院では、聴診器を使って心臓や胃腸の働きを調べている様子でした。大腸炎は治る早さが個体によって違うし、胃腸の回復には時間がかかるというので、昨日と同じように点滴を受けました。今日は元気が出たからか、注射針をさされると文句を言ったり、お尻に抗生物質を注射される時にキャイ~ンと悲鳴を上げていました。昨日は悲鳴を上げる元気もなかったのですがね。
 とりあえず、団十郎君は”さくら動物病院”と”あすはな動物病院”の御陰で元気を取り戻したようです。仕事から帰ってきた妻共々、安堵のため息をつきました。これで一応”一件落着”かな?団十郎の表情も、掲載写真のように活きた目になってきました。

「続:団十郎の危機!」

2_002  17日(土曜日)、”さくら動物病院”に検査入院後、愛犬”団十郎”の嘔吐は止まりました。しかし今度は、チョコレート色の軟便をします。食欲もまだありません。軟便は、胃に溜まっていた胃液が腸へ流れるようになったせいかも知れませんが心配は続きます。
 ある情報では、カレーに入っていた肉(ちゃんと水で洗って)を与えたために同じような症状が出た犬がいると聞きました。カレーの中の香辛料やタマネギのエキスが悪影響を与えるそうです。なるほど、私もカレーの肉片を与えました(冷汗)。アナフィラキシーショックは少量でも起きますので、同じようなアレルギー反応が起きたのかも知れません。量ではないようです。以前飼っていた”花ちゃん”が比較的平気だったからといって”団十郎”が同じように症状が出ないとは言えませんしね。カレーは、タマネギのエキスも含んでいますから与えるべきではありませんでした。ため息!
 夕方、三度目の軟便をしましたが、それが血便にも見えたので、日曜日も診察をしている近くの”あすはな動物病院”へ急遽連れて行きました。何でもなければそれで安心ですし、血便ならば処置が必要だからです。
 福間駅のすぐ近くにある”あすはな動物病院”へ電話をし、排泄した便を持参して出向く。便を検査してもらうと「腸炎」を起こしているというので抗生物質などを点滴してもらって帰宅しました。まあ、それでも団十郎は、今日は病院で吠える位の元気は出ていました。
 こちらの病院では血管への点滴ではなく、皮下に一定量の薬剤を注入します。液がコブ状になりますが、徐々に吸収されるのでしょう。人間ならばかなり痛みを伴うはずですが、犬は平気な(?)ようすで泣きもしません。
 夕食の途中で出かけたので、帰宅して夕食を改めてとりました。団十郎はまだ食欲がでません。今日食べなければ4日間食事をしないことになります。病院で「おかゆさん」を食べさせればとアドバイスをもらったので、帰宅後妻が作りましたがすぐには食べません。水は飲むようです。
 と、しばらくすると・・・・や~っと食べました!量は少なめにしましたが、とりあえず食べました。ほっと一安心です。食べれるようになれば、やがて元気が湧いてくるでしょうから。
明日、念のためにもう一度”あすはな動物病院”へ出かける予定です。

「団十郎の危機!」

008  日頃、元気いっぱいの愛犬”団十郎”ですが、15日(木曜日)の朝ご飯以後、今日17日夜まで食べ物を受け付けません。
 15日の昼過ぎに胃液を吐き、それ以後、大好きなおやつ類にも興味を示さず、水を飲んでは胃液をもどす行為を繰り返していました。
 普段も、時折は胃液を吐くことはありましたが、1回吐いたらすぐに元気になっていました。しかし今回は回復しません。困りました。002 
 暑い日が続きますから、ほぼ毎日、エアコンで部屋の環境は涼しく保たれていますので”熱中症”ではありません。原因として思い当たるのは、人間のおやつ(お菓子やアイスクリームなど)を少し多く与えすぎたということでしょうか。少ししか与えていないつもりでも、3kg程度の身体には多すぎたかも知れません。
 で、16日金曜日にかかりつけの”さくら動物病院”に連れて行きました。熱はなく、細菌やウイルス類による006炎症ではないようです。やはり、消化器系に問題があるのではないかとの見立てで内服薬を処方してくれました。
 しかし、家に帰ってからも嘔吐は止まず、17日土曜日の朝一番に再び”さくら動物病院”に行きました。3.2kgだった体重が2.9kgになっています。60kgの人間だったら3日間で6kgやせた勘定になります。これではシンドイでしょうね。嘔吐が始まって以来、団十郎は始終横になっています。また、日頃はひとりでケージの中で寝るのですが、心細いのか私たちの横にやってきて寝ています。苦しいのでしょうね。まだ、水しか受け付けません。
 病院では、点滴をしてレントゲンやエコーで胃腸の活動を調べるということで一時検査入院となりました。
 夕方、病院に迎えに行くと、私たちを見て安心したのか、点滴が効いたのか少し元気が出たように見えました。
 胃腸に異物はないが、活動が低迷しているとのこと。家に連れ帰ってもしんどい様子でずっと寝ています。嘔吐はなくなりましたが、食欲はありません。今晩、ゆっくり寝てくれて、食欲が少しでも出てくれることを期待します。
 言葉を発しない動物は、病気になるととても心配ですね。昨夜は夜中に嘔吐で起こされましたが、今夜は熟睡してくれたら回復も早くなるだろうと思います。
 おねだりするからと言って、安易に人の食べるものを与えたらいけないということですね。反省。はやく元気にな~れ!

「ドライビング・ギター」The Ventures(楽譜)

The_ventures2  この夏の暑さを表現するのに何と言ったらいいのでしょうか?猛暑、酷暑、炎暑などとニュースで報じられますが、日最高気温が40℃を越えるような今年の夏の暑さ、熱中症で高齢者が死んでいくような過酷な暑さをどう表現したらいいのでしょうね。さしずめ『極暑』当たりしか思いつきませんが。
 一方、東日本では記録的な豪雨が降り、水害や土砂災害をもたらしています。このような被害は日本列島に限ったことではなく、地球各地で報告されています。大気と地表の熱バランスが崩れているために、平衡を保とうとする機構が働いて種々の現象が生じるのですが、これは現在に限って観られる得意な現象なのでしょうかね?
 まあ、これらを突っ込んで考察することは本ブログの主旨ではありませんので止めておきますが、地球それ自身が大きな変化、ステップ・アップの時期にさしかかっているのかも知れません。かつて”ムー大陸”や”アトランティス大陸”が津波のような時間に呑み込まれて消滅したように・・・。スピリチュアルなことに興味をお持ちの方はすでに気づいておいででしょうが。
 さて、今日の掲載曲はベンチャーズ「ドライビング・ギターDriving Guitar」です。私がベンチャーズを取り上げるのは、自分が弾きたいと言うより、音楽仲間に弾かせたい場合です。もちろん、耳コピをしながら奏法などを自分なりに研究していることはすでに書いた通りでもあります。インスト曲は、歌わなくて良いので演奏に集中できますから、ギターの腕を上げて欲しい音楽仲間へのプレゼントでもあります。といって、私が取り立てて腕前が良いという訳でもないのですが(笑)。
 「ドライビング・ギター」は、当初リード・ギターを弾いていたボブ・ボーグルの作曲ですね。オリジナルの録音は彼の演奏でしょう。それとは別にノーキー・エドワーズの演奏バージョンがあるようですが、今回はオリジナル版を譜面にしました。彼の演奏は、これ見よがしに力任せで演奏するスタイルとは違い、品良くまとめていると思いますから。
 暑い夏は”エレキ”が似合う、と音楽仲間が言っていましたが、その言葉を受けて耳コピも何曲か続くかも知れませんね。
■You Tube…「ドライビング・ギターDriving Guitar」You Tubeではオリジナル音源が見つかりません。それにた~くさんの人が自分たちの演奏をアップしていますね。驚いた!そんなに見て欲しいのかなあ、自分たちの下手さ加減を?なんちゃって!
■楽譜と演奏について…各パート譜を作ってみました。労力は要りますが、譜面としての価値は断然上がりますね。自分が録音する場合にも役立ちますしね。オリジナルをじっくり聞いてみると若干、多重録音の部分があるように聞こえます。5弦をピッチカットしながらテケテケと降りてくる音は二重に録音しているようです。他の楽曲にも同じような音が散見されます。それをどう処理しながら演奏するかはプレイヤーの判断ですね。
■楽譜をご希望の方は、本ブログの右側下方にある「プロフィール」をクリックして入り、「メール送信」でお知らせ下さい。また、エチケットとして何市の何歳の誰(ハンドル・ネームでも結構です)か位はお知らせ下さい。

「”なごみ”8月度の歌声喫茶」

2  列島が寒暖に分断されているようですね。西日本は極暑の連続です。「暑っ~い!」。今日も朝から晴天で暑い日になりましたが、8月度の歌声喫茶の日でした。また、この日(歌声喫茶の日)は愛犬”団十郎”のカットの日でもあります。犬の美容室”Happy”さんに預けて1 から津屋崎千軒”なごみ”へと向かいます。
 今日は、いつも一緒に伴奏をしてくれる上野君が欠席で、私一人で皆さんのお相手となりました。ちょっと勝手が違う感じで緊張?!室内はエアコンが効いて快適なのですが、ちょっと妙な汗をかいていました(笑)。
 顔ぶれは、おなじみのお客さんのようです。いつも参加して下さるって嬉しい事ですね。皆さんの笑顔が、私の疲れを軽減させてくれます。
3  童謡の「海」や「夏の想い出」、「箱根八里」などを歌い、今月の歌SMAPの「夜空ノムコウ」を皆さんで歌って、小休止。後半は、私が作った音源を紹介しながらTulipの「青春の影」、また、フォークらしくハーモニカを吹きながら拓郎の「今日までそして明日から」などを歌いました。
 何でも、後から聞いた話では「情報誌に紹介されていたので」と、福岡市から足を伸ばして来られた方がおいでになられていたようです。楽しんで頂けたでしょうか?
 来月は9月18日(水曜日)が予定されています。
 さて、これで歌声喫茶を引き受けて丸一年が経過しました。大変でしたが、あっという間に終わったような気がします。常日頃歌わない懐かしい歌を自分でも歌ってみて、ちょっと違った感覚になれる時間でしたね。

「第9回福津市納涼花火大会」

2013_017_3  今日8月4日(日曜日)は、朝から雷鳴がとどろき、激しい雨が断続的に降っていました。気象台のレーダー映像を見ると、西から激しい雨を伴った雲の塊がやってきていました。今夜は、福津市で花火大会が行われる予定なんです。雨が激しければ当然翌日に延期になります。
 幸い昼過ぎには雨が止み、雲もうすくなったのか、空が明るくなってきました。予定通り、午後8時に第9回福津市納涼花火大会が始まりました。ホッ! 2013_053
 花火は9時までの1時間で、花火は約3000です。私の部屋から1.5kmほど離れた福間海岸で打ち上げられます。例年、見物客は5万人程度と聞いていますが、この数、一体どうやって数えているんでしょうね。
 部屋の窓や、ベランダから見ると遮るものがないので綺麗に観ることができます。ちょっと写真に納めようとしたのですが、バカちょんのデジカメではうまく撮影できませんでした。田舎町ですので、街の灯りが少なく、花火だけが強調されています。できることならば、多重露光でいくつかの花火を重ねて撮れば”花火大会”らしくなるのですが、カメラにその機能はありません。
 花火の時間、珍しく涼しい風が吹いていたのでゆっくりベランダで鑑賞ができました。お腹に響く花火の音を聞きながら、あっという間の1時間を楽しんだ今日でした。

「第51回西日本大濠花火大会2013」

Photo  福岡市民の代表的な憩いの場と言えば、大濠公園と油山市民の森。今日8月1日は、その大濠公園での花火大会の日です。
 大濠公園は、市街地の中にある比較的大きな池で、中国の西湖を模して作られました。池の中の島には橋が架けられていて、歩いて池の中央を横断することができます。
 この大濠の花火大会は、NHK福岡支局が中継をするので遠距離の人にもTVでリアルタイムで花火を観ることができます。
 私は福岡市に30数年暮らしていましたが、大濠公園の近くで花火を鑑賞したのは2度くら21013_018 いしかありません(冷汗)。学習塾勤めでしたから、花火の時間帯はまさに授業の時間ですからねぇ。
 福津市に転居をして気づきました。なんと、大濠の花火が福津市から見えるのです!福津市から大濠までは直線距離で22~3kmです。その証拠写真を掲載しておきます。
 左上のは西日本大濠花火大会のHPからのもので、私が無理矢理撮影したのは右側の写真です。さすがに花火は小さくしか見えず、音は聞こえてきません。ですから花火大会らしくはありませんが、確かに大濠の花火が光っています!ああ~夏の風物ですねぇ。ちなみに福津市の福間海岸での花火大会は8月4日の日曜日です。

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ