« 「”なごみ”6月度の歌声喫茶」 | トップページ | 「人生が二度あれば」井上陽水(楽譜) »

「夏休み2005ver.」吉田拓郎(楽譜)

1  梅雨空がうっとうしい毎日です。最近は雨の降り方が変わってきましたね。地球温暖化の影響からか、集中的に激しい雨が降ります。また、アメリカの風景だった”竜巻”も日本で比較的多く観察されるようになりました。きっと地球が怒っているのでしょうね。
 最近は「歌声喫茶」の準備で耳コピが滞り気味です。で、久々に吉田拓郎の曲をアップすることにしました。
 「夏休み」。この曲は過去にご紹介していますので2度目となります。ただし、記事は、過去に一挙に削除したために見ることはできません。今回は過去のアルバム『元気です』のコピーではなく、2005年のヴァージョンを耳コピしました。音が半音低くなっています。
 6月も終わろうとしています。1学期の期末テストが7月初め位まであり(最近は1学期は中間テストがなく、期末テストが1回だけという学校も多いようですが)、それが済むと夏休みが駆け足でやってきます。太陽の日差しがジリジリと熱くなり、教室がやたらと蒸し暑くなります。セミがうるさく鳴き、窓際の席は授業どころではなくなります。今思い返してみても、よくもまああんな教室環境で勉強していたものだと思いますね。(影の声:勉強はしてなかったんじゃない?)
 夏休みは、当時の自分にとっては、やはり楽しみだったでしょうね。と、他人事のように書いていますが、遠い記憶ですからどんな気分でいたかは忘れました!でも、この拓郎の曲を聴くと”懐かしさ”がよみがえってきますね。
 小学生の頃は、近くの川(釣川)で近所の子供達と毎日泳いでいました。アブにさされたり、ヒルに血を吸われたり、時折ヘビが水面をヒョロヒョロと泳いで来るのに驚いたりと、都会の子には経験できないような日々を送りました。エアコンなどない時代ですから、昼間は水遊びをするか日陰を見つけて昼寝をするだけです。ある日、少し離れた所にある「ため池」まで年上の人達と一緒に行き、広い池を横断できた時、「一人前になったぞ~!」という気分になったものでした。そんな危険なことをやっていたのに、小中学校で水の事故で死んだなんて話は聞かなかったなぁ。当時の子達はたくましかったんですね、きっと。
■You Tube…「夏休み」2005年ヴァージョン
■楽譜と演奏について…P.1~3までがオリジナル曲の楽譜で、P.4が2005年Ver.です。オリジナルより半音低く、カポを2フレットにはめて演奏するようにしています。このヴァージョンの方が少し緩やかに歌っていますね。ストリングスとコーラスの響きが”癒やし系”の音楽にしています。
■楽譜をご希望の方は、本ブログの右側下方にある「プロフィール」をクリックして入り、「メール送信」でお知らせ下さい。また、エチケットとして何市の何歳の誰(ハンドル・ネームでも結構です)か位はお知らせ下さい。

« 「”なごみ”6月度の歌声喫茶」 | トップページ | 「人生が二度あれば」井上陽水(楽譜) »

日本のフォークなど」カテゴリの記事

コメント

これも大好きですね。体をゆらし、手をたたき、リズムを目いっぱい表現する・・・・・っていうことは、私はまったくしません。拓郎のライブ動画を見ると、みんな元気に動いている。私は目をつむって、「むぎわらぼうし」の映像を頭にうかべる。スマホを片手に45度下を向いてぞろぞろ歩く不気味な光景。不気味だと思う私が変なのかも知れませんが・・・・。
虻にさされたり、ヒルに血を吸われたり・・・こういう経験が大切だと訴えなければならないことが寂しい感じがしています。こういう記事・・・待っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/150630/52193500

この記事へのトラックバック一覧です: 「夏休み2005ver.」吉田拓郎(楽譜):

« 「”なごみ”6月度の歌声喫茶」 | トップページ | 「人生が二度あれば」井上陽水(楽譜) »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ