« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

「世界に一つだけの花」SMAP(楽譜)

Smap1  今や押しも押されもせぬ日本の国民的アイドル”SMAP”ですが、彼らが歌った「世界に一つだけの花」も国民的大ヒット曲になりました。シングルカットされて発売されたのは2003年です。1番を、歌の得意でない(失礼!)中居君が一所懸命歌っていますね。作詞・作曲は”マッキー”こと槇原敬之で、自身でもこの曲を歌っています。
 この曲は”No.1にならなくてもいい、もともと特別なOnly One”というフレーズに意見が分かれるようですね。事業仕分けの折りに、民主党の蓮舫議員が言った「2番ではだめなのですか?」の発言にリンクしていると思った方は多いのではないでしょうか?1番になれない人間の慰め(?)や言い逃れ、努力をしたくない人間の言い訳に使われているとしたら、この歌がちょっと可哀想ですね。
 なぜこのような歌を作ったかは、槇原の心境に影響した当時の事件があったようです。1999年、槇原は覚醒剤取締法違反で逮捕されます。なぜ、そのような行為に走ったかは分かりませんが、この事件後、内省をする中で生まれた1曲がこの「世界に一つだけの花」でした。反省の日々の中で仏教に触れ、『天上天下唯我独尊』や仏説阿弥陀経の『青色青光、黄色黄光、赤色赤光、白色白光』=「浄土には様々な色の蓮華が咲き乱れているが、そこではそれぞれがそれぞれの個性に無上の尊厳性を認め合い存在している」という内容が歌のヒントになったようです。
 そう説明されると、この歌を「なるほど」という感じで聴けますね。しかし、それを未完成な存在である子供達に「あなた達は無理に競い合う必要はない。ありのままの存在で十分」と教えるのは問題がある、と感じる人が反対しています。いわく”個性の履き違え”や”過剰な平等主義”への批判です。これでは”健全な競争”による成長や”公平感”は生まれないと反対します。さて、この問題はどちらが正しいのでしょうか?まあ、確かに、器でもないのにただただ1番を目指すことだけを目標とする愚かな人間や、人に負けまいと卑怯な手を使う輩がいるのは確かですし、努力をしたくないから競争を避ける人間がいることも事実でしょう。しかし、これを掘り下げて論じるのはこのブログの趣旨ではありませんし、長~くなりますからやめておきましょう。でも、はしょって私の結論を言えば、この歌の内容は”条件付きで賛成”です。
 条件とは『それぞれの個性に無上の尊厳性を認め合い存在している』の箇所でお分かりだと思いますが、各人がいわゆる”自己実現”を果たしているか、果たそうと努力している存在であるということです。仏教的には”菩薩道に精進する存在”と言うことになりましょうか。そこには自己中心的発想はなく、他者への慈愛を根底に自己研鑽に励む姿があります。そして菩薩道に励む者どうしは、互いに他者を尊敬し合い、切磋琢磨します。そこには健全な競争をする”対等な”立場の仲間が存在します。つまり、人間的、精神的な成長なくして「Ony One」などは無意味、いやむしろ有害な存在だということです。
 このような条件を抜きにして、教条的に「No.1にならなくてもいい、もともと特別なOnly One」と唱えるとしたら”鰯の頭を信心する”愚かさに通じてしまいましょう。競争相手が他人ではなく、常に自分自身を向上させる意識でいるのならば「No.1でなくてもOnly One」の価値があります。そして努力の結果を見た周囲の仲間が、あなたをNo.1と評するでしょう。評価は自分で求めるものではなく、自然に周囲が与えてくれます。しかし、そのような人は決して自分がNo.1だとは思いませんね。思ったとたんに進歩が止まるわけですから。
 また、『天上天下唯我独尊』の方ですが、これも誤解が多い言葉です。まず、これは釈迦が初めて使った言葉ではありません!さらに「宇宙で一番尊いのは俺だ!」などはまったくの誤訳中の誤訳です。私は『天上天下唯我独尊』と漢字に翻訳された段階で間違ってしまったのではないかと思っています。本意を知りたいならば、元々のサンスクリット語に立ち返って意味を問うべきでしょう。漢訳した後、原本を捨ててしまうような独善的な中国の僧侶達の神経からして、漢訳から本意を伺おうとするのは限界があると思うのですがいかがでしょうか?「般若波羅蜜多」の漢字の意味を調べるようなものですよ(笑)。
 結局、長くなりましたね、すみません!
■You Tube…「世界に一つだけの花」オリジナル音源(シングル・バージョン?)
■楽譜と演奏について…まあ、考えすぎることなく曲を楽しみましょう!珍しく声部を譜面に書き記してみました。理由は・・・よく歌を知らなかったからです(笑)。メロディー・ラインは槇原特有の動きがありますね。付点音符を多用しましたが、3連符と迷いました。リズム感を出すには付点音符の方が感じが出ると思います。コードのC♯かC♯7かで迷いますね。弾きやすいと感じる方で弾かれればいいのでは?
■楽譜をご希望の方は、本ブログの右側下方にある「プロフィール」をクリックして入り、「メール送信」でお知らせ下さい。また、エチケットとして何市の何歳の誰(ハンドル・ネームでも結構です)か位はお知らせ下さい。

「福津市街地で建物火災!」

2013_0527_003  昼過ぎ、妙に近くでサイレンの音がうるさく鳴っているなぁと思いつつパソコンに向かっていた時です。余りにサイレンが騒々しいので「まさか?」とベランダの方に目をやると、掲載写真の光景が目に飛び込んで来ました。「あらまあ、昼火事だぁ!」
 消防車がけたたましいサイレン音を響かせて走っています。ここから500mほどの距離でしょうか、福津市中央6丁目6付近での火災です。1時半頃の出来事でした。ほぼ煙が治まって「鎮火したかな?」と思ったのが2時半頃だったでしょうか。民家か店舗か分かりませんが、風もなく、懸命な消火活動で大火にはなりませんでした。不幸中の幸いです。2013_0527_002
 火事はすべてを灰にしてしまいます。貴重な財産も、時によっては人命をも灰燼に変えます。さらに、それに伴ってたくさんの思い出までをも持ち去ってしまいます。
 最近は、老人人口が増え、さらに高齢化が進む現状で、火元が高齢者という火事が増えてきているのではないでしょうか?今日の火事がそれかどうか分かりませんが、体力や注意力の衰えが火事の原因になることも憂慮すべきことですね。特に独居老人については心配です。都会では隣組活動もなくなり、近隣の扶助も当てにならなくなりました。昭和の時代には”向こう三軒両隣”で相互扶助しあったものです。現代は妙な”個人主義”、というより”利己主義”が横行し、老人や弱者には住みにくい世の中になりましたね。政治や行政に頼らず、自分たちで知恵を出さなければなりません。ふと、いろいろな事を考えてしまった火事騒ぎでした。

「津屋崎園グループホーム”座々”で6回目のチャリティー・ライブ」

016  今日は5月にしては暑い一日でしたが、老人福祉施設”津屋崎園にて第6回目のチャリティー・ライブを行いました。津屋崎園グルー019 プホーム”座々”では、今日、施設入居者のご家族への報告会が行われていたので、今日のお客さんはご家族を含めて50名ほどになりました。
 お昼に部員集合の後、お弁当が振る舞われたのでご馳走になり、午後1時からの演奏です。メンバー6人と、施設の看護士さん(彼女も私たちの音楽仲間です)を加えて7名でのライブ演奏となりました。写真は、撮影しているメンバーが抜けていますので6名が写っています。
 いつものライブでは私が主に司会進行をするのですが、最近では部員の皆さんに役割を代わっていただくようにしています。歌も出来るだけ部員の皆さんに歌ってもらいます。今回も私はなるべく裏方仕事です。
 施設では、下手なライブですが毎回皆さんが楽しみにして下さっています、しかし、021行く度に一人、二人と顔ぶれが変わっていくことに寂しさを感じます。高齢の方々ですから、お亡くなりになっていくのですね。人の世の無常を感じます。ここに来る度に、”さて自分はどのように人生の終末を迎えようか”と考えますよ。
 ライブは1時間半ほどで終了。オープニング、エンディングの「ビター・スイート・サンバ」を入れて17曲の演奏でした。部員の皆さんの頑張りで何とか形にはなりましたが、反省すべき点も多々あったように思います。その反省を踏まえて、また上手になりましょうね、皆さん!

「およげ!たいやきくん」子門真人(楽譜)

Photo  1975年、子供番組『ひらけ!ポンキッキ』の中で誕生した「およげ!たいやきくん」は、爆発的な人気を呼び、やがて日本一シングル盤が売れた曲となりました。
 なぜここで「およげ!たいやきくん」?と、いぶかる方もおいでかと思いますが、まあ、堅いことは言わないで”国民的愛唱歌”を懐かしんで下さい。そう!実はこの曲も「ブルー・シャトウ」も”なごみ歌声喫茶”で取り上げた曲なんです。
 ニキビ面の子門真人が歌ってヒットした「およげ!たいやきくん」ですが、実はオリジナルは「生田敬太郎」という人が歌ったようです。ところが、レコードの販売権の事情で1ヶ月後に子門真人に歌い直させて発売したら大ヒットになった。すでに歌手としてデビューしていた子門真人でしたが、まったくヒットがなく、アルバイトとして歌った歌が大ヒット!人生なんて、いつ、何が起きるか分からないものです。まあ、子供向けの歌なのに、ミスマッチな感じの子門真人の声と歌い方が「たいやきくん」の歌詞に面白みを加味したというところでしょうか。人なつっこいニキビ面とアフロ・ヘアも庶民受けした要因かも知れませんね。その後、彼はアニメの主題歌などを数多く歌っているようです。
 「エビで鯛を釣る!」なんてことを歌にするなんて、なかなかユーモラスで洒落ていますね。この曲は、25日(土曜日)の”老人福祉施設:津屋崎園”でのチャリティー・ライブで皆さんと歌う予定です。
■You Tube…「およげ!たいやきくん」オリジナル音源
■楽譜と演奏について…曲が曲ですから特に何もいうことはないでしょう!楽しい曲に仕上げて下さい。難しいコードもありません。
■楽譜をご希望の方は、本ブログの右側下方にある「プロフィール」をクリックして入り、「メール送信」でお知らせ下さい。また、エチケットとして何市の何歳の誰(ハンドル・ネームでも結構です)か位はお知らせ下さい。

「ここは北京?いいえ、福岡県福津市です!」

Pm25_003_3 ここ最近、気温が高い日があるかと思えば朝晩が冷え込んだり、体調管理に気をつけなければいけない日が続いています。それに、西日本を中心に「黄砂」と「PM2.5」のダブル・パンチでご覧のような大Pm25_005気の状態が続いています。
 左上の写真は、今日5月21日の正午頃の福津市の大気の状態です。この写真は、私のマンションから1.5kmほど先の、福間海岸近くにある二つのマンションを撮影したものです。天気は快晴です。しかし、海原などまったく見えません!
 驚くほど汚れていることがお分かりでしょう。福岡市近郊の小中学校では、運動会の開催をどうする かが問題とされるほどです。右上の写真は、山側を写したものですが、通常ならば写るはず緑豊かな犬鳴山山系が写っていません!
 左下の写真は、2.2kmほど離れた通称「東郷公園」を写したものです。うっすらと見える小高い丘の最も高いところに大峰山公園、昔ながらの呼び名で「東郷公園」があります。
 実は、私の友人が写した栃木の田舎の写真を見て、その違いがあまりにも大きかったのでここで比較をしてみたのです 。彼の写真は右下のものです。無断で掲載しました。Mon-G君ゴメPm25_002_2ン!
 いかがですか、この驚きの美しさと汚さの対比!栃木はよかねぇ、Mon-G君!Photo
 中国大陸奥地の砂漠、タクラマカン砂漠やゴビ砂漠、あるいは黄河流域から飛んでくる黄砂と、工場の排煙や車の排気ガスに起因するPM2.5ですが、まったく困った飛来物です。中国大陸では、間違いなく砂漠化が深刻化していると思われます。河川から淡水を多量に摂取すれば大地が乾きます。すでに、インドシナ半島の国々との間では「水戦争」の様相を呈し始めています。水を確保するためか、北海道などの山林が中国資本に買われているのはご承知の通りですね。20年ほど前は、地球上の緑地が、毎年「九州と四国」程度の割合で砂漠化していると見積もられていました。現在ではもっと広い範囲が砂漠化しているでしょう。人類は、愚かにも滅びへの道を突き進むのでしょうか?それとも、人間性を何とか進化させて、地球を自然溢れる”青い星”にし続けることができるのでしょうか?「慰安婦」がどうたらこうたらなんてくだらない議論をしている場合じゃないぞ!
 ついでに一言いえば、過去の歴史を現代の価値観(人権など)で推し量る愚かなマスコミや女性団体は頭が悪~い!さらにその批判に軽く乗っかる国民はさらにアホですね・・・・なるほど数が最も多いのは偏差値50前後の人たちだから仕方がないのかなぁ?ベンサムの「多数決の理論」はアホをだますための理論って知ってましたか?。いやいや”頭が悪い”などというと角が立ちますから”心優しき多くの人々”をミスリードしているのがマスコミですよ。クックックと、陰で笑いをこらえているのは・・・そう、労働者の見方だなんて言って労働者を欺し、利用している民主党かぁ???(笑)

「”なごみ”5月度"の歌声喫茶」

5_006  今日(5月8日)は絶好の行楽日和・・・それは今日の催しにプ5_005ラスに働いたのでしょうか、それともマイナスに働いたのでしょうか?天気が良すぎ て、室内の行事よりは野外へ出かける方が気持ちがよかったかも知れませんね。さて今日は何人の参加があったのでしょうか、数を調べてもいません。すみません!掲載写真でご判断下さい。
  ここのところ、気温の変化が大きく、ちょっと風邪気味なのでしょうか、朝からクシャミ、鼻水がひどく、久しぶりに鼻炎の薬を飲んで催しに出かけました。5_003
5_004   毎月、この催しの日は、愛犬”団十郎君”をペットの美容室”ハッピー”さんに預けてカットをしてもらいます。が、今日は生憎お店がお休みで、団十郎君はお留守番となりました。4~5時間程度のお留守番です。
  気分が少しすぐれませんでしたが、それがかえって気負いをなくさせたのか心地よく会を進行することができました。分からないものですねぇ。よって結果オーライでした。
 いつものように小学唱歌や童謡から始まり、青春歌謡(?)的な歌、フォーク・ソングなどを楽しく歌ってもらいました。お客さんが歌う会なので、伴奏者の私たちは気楽です。相棒の上野君も適当に会話に加わってくれますし、楽しく時間が過ぎましたね。いつもはオールディーズやビートルズなどの曲をやっていますが、まったく気分を切り替えての歌声喫茶は新鮮に感じます。来月は6月19日が予定されています。お近くの方は是非ご参加下さい。
 福津市まちおこしセンター「津屋崎千軒なごみ」
            福岡県福津市津屋崎3丁目17−3 電話:0940-52-2122

「ブルー・シャトウ」ジャッキー・吉川とブルー・コメッツ(楽譜)

Photo  まさか、まさか「ブルー・シャトウ」を耳コピするなんて予想だにしていませんでした。小・中・高と洋楽を聴いて育ち、ビートルズとリアル・タイムで生きた私(達)にとっては、日本のG.S(グループ・サウンズ)は欧米のポップスやロックの猿まねにしか見えず、とても共感できませんでした。しかし、私の思いとは裏腹に、日本の若者達は熱狂的なG.Sファンとなってその音楽を支持しました。確かに、G.Sは日本人の感性に合った音作りをし、ルックスだけではなく、音楽性も垢抜けした姿に進化していきました。その代表がジャッキー・吉川とブルー・コメッツが歌った「ブルー・シャトウ」でした。井上忠夫(後に井上大輔)が作曲したこの曲は国民的なヒット曲となり、小学生までもが「森トンカツ、泉ニンニク~♪」と替え歌を歌ったものです。歌謡曲でもロックでもないジャパニーズ・ポップスG.Sは、やがてジャパニーズ・フォークと共に”ニュー・ミュージック”へと発展していくのです。
 「ブルー・シャトウ」は、現在からみればまだ詞が稚拙ですが、井上忠夫のメロディーからはそのセンスの良さが感じられます。残念ながら彼は、若くして自殺という行為で生命を絶ちましたが、フォーク・ソングからジャパニーズ・ポップスを発展させた加藤和彦同様に、生きていたら日本の若者音楽に多大な貢献をしたのではないかと思います。そんな事を考えたり、懐かしい思いに浸りつつ耳コピ譜の完成です。
 と、ここまでジャッキー・吉川とブルー・コメッツをG.Sの一員のように書いてきましたが、実は彼らはG.Sの中に入れられることを好んでいなかったようです。「ちゃらちゃらしたガキの音楽とは違うんだ!」とでも言いたかったのでしょうか。その辺は”かまやつひろし”と同じかもしれませんね。
 ところで、「森トンカツ、泉ニンニク~♪」と歌っていた小学生は・・・・え~っ!もう50代ですか!
■You Tube…「ブルー・シャトウ」オリジナル音源
■楽譜と演奏について…軽快なリズムの割には日本的なメロディーなのが受けた?イントロ部分は、オケの音をギターで弾けるように譜面にしてみました。難しいコードもなく、歌いながら楽しく弾けると思います。
■楽譜をご希望の方は、本ブログの右側下方にある「プロフィール」をクリックして入り、「メール送信」でお知らせ下さい。また、エチケットとして何市の何歳の誰(ハンドル・ネームでも結構です)か位はお知らせ下さい。

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ