« 「亜麻色の髪の乙女」島谷ひとみ(楽譜) | トップページ | 「ブルー・シャトウ」ジャッキー・吉川とブルー・コメッツ(楽譜) »

「武蔵寺の藤まつり」

8  福岡県筑紫野市の二日市温泉近くに、九州最古のお寺と言わ5 れる武蔵寺(ぶぞうじ)があります。天台宗のお寺で、正式には「椿花山 成就院 武蔵寺」と言い、毎年4月29日には樹齢700~1300年と言われる”長者の藤”の供養が行われます。今年はちょっと覗いてみました。
 昨年も武蔵寺は訪れたのですが、藤供養の日に訪れたのは初めてかな?天気もよかったので多くの参拝客で賑わっていました。
4  山門をくぐる前から線香の匂いが漂ってきます。愛犬”団十郎君”を抱いて境内に入ると老若男女の人混 みです。お7寺の前には、水上ステージが設置された天拝公園があります。そのステージで催される行事に参加する子供たちやその保護者なの でしょうか、若い人たちも境内に陣取っていました。井上隆照住職が”長者の藤”への奉納行事を神妙にとり行っていました。
 この”藤まつり”の期間は、椿の木から彫りだしたという薬師如来像を見ることができるので、お参りしようとする人たちが列を作っています。また、若いお坊さんたちがあちこちにいますが、彼らは応援のために比叡山などから派3遣されて来た人たちです。
 井上隆照住職とは、彼が副住職だった若い頃からのお付き合いで、その縁で時折訪れては安否、生存(?)を確かめます。今年も元気でいるようでしたから安心しました。忙しそうだったので、今年は会話を交わすこともなく寺を後にしました。
 公園の方に足をのばし、木陰のベンチで妻が準備したお弁当を開き、二人と一匹でお昼を食べました。武蔵寺の裏山ともいうべき天拝山は、菅原道真公に縁のある山で、毎日ウォーキングで訪れる人が後を絶ちません。
 お腹が落ち着いたところで、再び小1時間のドライブをしながら福津へと帰りました。

« 「亜麻色の髪の乙女」島谷ひとみ(楽譜) | トップページ | 「ブルー・シャトウ」ジャッキー・吉川とブルー・コメッツ(楽譜) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/150630/51434128

この記事へのトラックバック一覧です: 「武蔵寺の藤まつり」:

« 「亜麻色の髪の乙女」島谷ひとみ(楽譜) | トップページ | 「ブルー・シャトウ」ジャッキー・吉川とブルー・コメッツ(楽譜) »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ