« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

「津屋崎園グループホーム”座々”で4回目のチャリティー・ライブ」

002  私の体調が回復しましたので、老人福祉施設でのチャリティー・ライブを再開しました。ここは認知症の老人達の、グループ活動を通しての支援施設です。最高齢106歳の方も比較的元気に聴いておられました。1時間程度の演奏でしたが、どなたも席を立とうとせず、アンコールを1曲歌って終わりました。新人の音楽仲間のデビューでもありました。
 3回目のライブまで元気にしておられた入居者が客席から見えなくなっていることなどを知ると、ちょっと複雑な気分にはなりますね。でも、それが時間の流れによる必然の帰結なのですから受け入れるしかありません。救いは、ある程度最期まで健康的に生活できているということですね。恐らく、私たちだけではなく他の方々もチャリティーで励ましに来られているものと思います。人生の終わりに、少しでも楽しい気分にさせてあげられたことを喜びとしなければなりません。やがて、回り回って自分も客席に座る日がくるでしょうから。
 ライブを終わると、それぞれのお年寄りが”ありがとう”と声をかけて下さいます。でも、次に行った時にはまったく覚えておられないのでしょうね、認知症ですから(笑)。
 終わって、職員の方から珈琲をご馳走になりながら今回も考えました。”老い”って何だろうな、どのように老いるのが理想かなってね。
 次の催しは10月3日、次が10月14日、さらに11月の歌声喫茶に11月11日の”あんずの里”ライブと、何だか忙しい日々が続きま~す!

「津屋崎千軒”なごみ”で歌声喫茶開始」

919  中秋の名月も台風の影響で見えません。只今愛知県に上陸とニュースで報じていました。進路に当たる方々はお気をつけ下さい!
 さて、気ぜわしく行事が立て込んでまいりました。先日9月19日(水)には、津屋崎まちおこしセンター”津屋崎千軒なごみ”にて「9月の歌声喫茶」を開催して参りました。適当な写真がなく、”なごみ”のブログから転用致しました。自分で自分を撮影することもできないので思ったような絵柄でなくて申し訳ありません。周りの友人達が気を利かせてくれればいいのですが・・・。
 この”歌声喫茶”は月に1回の定例会で実施されることになりました。今回は伴奏者に私と友人の二人が担当しました。できたらキー・ボード奏者がいてくださればありがたいのですがね。
 いつものオールディーズやビートルズを歌うライブとは趣が異なり、唱歌や童謡、歌謡曲などを演奏する時間ですので、自分でもちょっと新鮮な気分になりました。しかし、どうも私が余計な話しをし過ぎてしまい、歌う曲数が少なくなってしまったのは大反省でしたが!
 来月は3日(水)です。お近くの方はお茶のみついでに歌いにおいで下さい。

「団十郎君、HAPPYさんでカット!」

Happy_001  2歳と1ヶ月になる団十郎君、福津市西福間にあるHappy_008”愛犬の美容室  HAPPY”さんでカットしてきました。
 ”愛犬の美容室 HAPPY (Tel:0940-42-4066)”さんは、トリマー歴15年になるベテラン店長:篠原さんのお店です。団十郎が北海道からやって来て以来ず っとお世話になっています。いわば”団十郎御用達”のお店なのです。最近では、姪のところで飼っているラッセル・テリアもお世話になり始めました。
Happy_004  近くにはHAPPYさんの他に2件の美容室兼ペット・ショップがありますが、行ったことはありません。噂によれば・・・いやいや、定かでない風評は慎みましょう。
 HAPPYさんの店長・篠原さんは、現在は知りませんがトリマーの専門学校で講師も務めておられました。つまり、腕前は補償付きということです。説明はそれだHappy_007けで十分でしょう。動物が好きなことは当然なのですが、なかなか歌が上手でいらっしゃるらしい。私たちの音楽活動に参加して頂きたいのですが、子育てとお仕事が忙しいためになかなか希望が叶えられません。残念ですねぇ。いずれ美人歌手としてデビューの機会が訪れるでしょうから気長に待つことに致しましょう。
Happy_015  さて、団十郎君の様子はいかがでしょうか?涙腺が小さいために、どうしても涙の吸収が悪く”涙やけ”がHappy_011 続いています。でも、手術のような痛い目に合わせてまで・・・と思っています。
 先日、来客がありましたが、随分落ち着いてお相手できるようになりました。少しは団十郎君も成長したということでしょうかね?今、HAPPYさんから帰ってきて、疲れたのかお昼寝中です。もうすこし寝かしておきましょう。

「術後4ヶ月の検診でPSAの値が・・・」

3  9月13日木曜日に、術後4ヶ月目の検診を受けてきました。先月に採取した血液で前立腺腫瘍マーカーPSAの値を調べた結果がでました。
 私の過去のPSA測定値の最高値は14.09で、術前では13.3でした。ともに高い数値のために、過去3回前立腺の生検(組織検査)を行いました。幸い顕著なガン細胞はなく前立腺肥大の手術を受けたのでした。
 さて、今日の結果は、術前値13.3の値が術後値0.41という値になっていました。劇的な降下ですね。とりあえず一安心です。
 3ヶ月検診の折りに、気になっていたもう一つの懸案事項は”尿もれ”でしたが、括約筋の筋トレ(?)の結果、これもほぼ回復しました。確かに、それまでにも筋トレの必要性を指摘されていたのですが、つい忘れていたのです。それを意識して実行することで意外に簡単に改善されました。現在は尿もれパットをつけなくても良い状態ではありますが、咳やくしゃみの際が心配ですから念のために使用しています。しかし、1日に一回替えるか替えないか程度になっています。有り難いです。
 さて、これからは半年に1回程度PSAの値を調べて経過を調べることになりました。これで当分は前立腺肥大とはおさらばとなった訳です。目出度し、目出度し!

「愛犬"団十郎"君が2歳になりました!」

018  アップが遅れましたが、我が家に北海道からはるばるやって来020 たトイ・プードルの”団十郎”が8月24日で満2歳になりました。…って書いてもブログをご覧の皆さんにはどうでも良いことでしょうが(失笑)。
 親子ギター教室の最中でしたが、その日にいつもお世話になっている西福間にある「愛犬の美容室”HAPPY”」さんでカットをしてもらいました。まあ、ささやかな「お祝い」ですね。
 犬の2歳は、人に換算するとおよそ20~25歳程度だと書か007れています。しっかりと成人(成犬)している訳ですね。まあ、換算の仕方はいろいろのようですが、どうも20歳と言われてもピンとくるものではありません。相変わらず遊びが好きで、部屋中を家族と追いかけっこをして走り回ります。好奇心旺盛で、一人でもよくオモチャで遊びます。ただ、成長するにつれて周囲への警戒心が強くなってきました。普段吹かないような風がカーテンを揺らすと警戒音”ウーッ”と唸ったりします。しっかりと自分のテリトリーを認識しているということなのでしょ008 うか ね。
 身体が小さいので(3kg程度)、涙を吸収する穴が小009さく、「涙やけ」を起こしますが、手術をして痛い目に合わせることもないだろうと放置しています。まあ、こまめに拭いてあげれば済むことですから。
 団十郎が来てから、このマンションでも寿命が来て死んでいっ た愛犬がいます。散歩でご一緒していた014ご近所さんに逢わなくなりました。その後、どうしておられるやら。先代の愛犬”花ちゃん”を失った哀しみを知っているだけに色々考えてしまいます。
 現在、末期ガン患者の「平穏死」が話題になっています。町医者として多くの患者を看取ってきた長尾和宏医師の本の広告が今日の朝刊に載っていました。私見ですが”ペット”も同様に無理な延命などはせずに自然に任せるべきでしょうね。先代の”花ちゃん”は私達に見守られながら最期を静かに迎えました。感謝の意味なのか、最後の力をふり絞って振った尻尾が忘れられません。
 ”団十郎”君は、花ちゃんへの愛情を引き継いで現在元気に育っています。ヤンチャでめっちゃ明るいですが!

「オリビアを聴きながら」杏里(楽譜)

Photo  1961年生まれの”杏里”が、1978年に出したデビュー曲「オリビアを聴きながら」は、尾崎亜美の作になる曲ですね。耳コピした版は杏里17歳の時の初々しい歌声です。後日、尾崎亜美も自ら歌っています。
 杏里は、ファッションモデルをしながら定時制高校に通っていたようですから、その時期に録音したということでしょうか。
 彼女について詳しい訳でもありませんので他のヒット曲は知りませんが、この「オリビア」はデビュー当時の小ヒット以来ロングランを続け、とうとうスタンダード・ナンバーにまでなりました。彼女のオフィシャルサイトを覗くと、新バージョンの「オリビア」が聴けます。→「ANRI[杏里]」をご観下さい。
 このタイトルになっている「オリビア」とは、言わずと知れたアメリカのカントリー歌手「オリビア・ニュートン=ジョン」のことですね。女性なのにNewton-Johnとはこれ如何に?と、「そよ風の誘惑」を聴きながら思ったものですが、父親が物理学者ということで合点がいきました。でもちょっとからかわれてしまいそうな名前ではありませんか?
 歌の詞ですが、どんなシチュエーションなのか想像力に乏しい私には分からない・・・?男女ともに疲れてるんだぁ~。お互いに、相手の幻に恋をしてたって言いたいのかなぁ?「疲れ果てたあなた 私の幻を愛したの」って勝手な言い分だよなぁ…何て思いながら耳コピしていましたが…。誰か解説して!

■You Tube…「オリビアを聴きながら」初期バージョンです。
■楽譜と演奏について…キーボードのコードは、ギターのコードに移すのに悩むことが多いですね。今回もギター的でないので苦労しました。思いっきりギター的にしてしまうのがいいのか、原曲通りに複雑なコードにするのがいいのかで迷います。編曲者は音を付け足して複雑にしたがる傾向にありますからね。譜面はコード主体となりました。
■楽譜をご希望の方は、本ブログの右側下方にある「プロフィール」をクリックして入り、「メール送信」でお知らせ下さい。 コメント欄に書かれてもお届けできません。また、エチケットとして何市の何歳の誰(ハンドル・ネームでも結構です)か位はお知らせ下さい。

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ