« 「Another Girl」The Beatles(楽譜) | トップページ | 「ひだまりの詩」ル・クプルLe Couple(楽譜) »

「今年も楽しく”親子ギター教室”」

2012_004  8月17日から、福岡市主催の”親子ギター教室”にでか2012_001けていま す。今年で5年目です。
 場所は福岡市中央区の「少年科学文化会館」の音楽室。教えるのはクラシック・ギターを使った都合7回の入門講座で、定員は20名(10組の親子)です。対象は小4から中2ですが、今年は小学生のみになりました。
  福岡市の広報「市政だより」に告知されたのを見て募集してきた親子から、抽選で選ばれた19名(9組の親子)が予定でしたが、結局はキャンセルなどが出て少し少ない人数でスタートです。毎年そうですが、無料の講座なので気軽に応募しますが、簡単にキ2012_002ャンセルもします。費用がかからないこと2012_005は有り難い反面、参加者の覚悟が弱いのですね。自分に投資をしてこそ、真剣になり、自分の成長につながるのも事実なの  です。
 さて、今年は小4から小6の子供たちとその保護者(今年はお母さんばかりになりましたが)でギター演奏の習得に取り組んでいます。
 ギターは「少年科学文化会館」に備えられている楽器を借ります。大きさは普通サイズですから、子供の中にはギターが大きすぎる子もいますね。ギターを抱えているのか、ギターに抱えられているのか分からないような子もいます(笑)。それでも「弾きた2012_003い!」という強い意志があれば食らいついてきま す。12_001 そこは”根性”ですね。
 私はあまり”形”にとらわれない指導を心がけています。演奏時の姿勢がどうだというよりも「楽しむこと」ができれば”音楽”になると思っています。プロを目指すのなら別ですが、人生をエンジョイする道具として”ギターを弾く”のならば、最初から楽しむことに主眼を置きましょう!楽しんでいるうちに覚えます。それが上達のコツですから。

« 「Another Girl」The Beatles(楽譜) | トップページ | 「ひだまりの詩」ル・クプルLe Couple(楽譜) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

いですねえ。まことに楽しそうな風景です。5回目ですか。ずっと続くといいですね。もっとも簡単な曲でもっとも感動させられるのがプロだと思っています。(自分が超下手なので言い訳、負け犬の遠吠)。
 私の切り紙講座も町が200円取りますが、定員オーバー抽選、でも、当日キャンセルがあります。やりたいから応募されるので、講座自体はやりやすいです。

middle60さんへ
楽しんでくれればいいのですが・・・(汗)
どうしても一生懸命な人ほど指先が痛くなってしまい辛そうにしています。15分程で休みにしてあげるのですが、それでも初めての人は痛いですよね。全員が同じ歩調で進歩してくれれば楽なのですが、バラバラの進捗状況をどううまくカバーしながら練習させていくかで苦労するところです。でも汗かきます!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/150630/46770877

この記事へのトラックバック一覧です: 「今年も楽しく”親子ギター教室”」:

« 「Another Girl」The Beatles(楽譜) | トップページ | 「ひだまりの詩」ル・クプルLe Couple(楽譜) »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ