« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

「術後3ヶ月の検診」

3  先日8月16日、前立腺の手術後3ヶ月の検診を受けてきました。
 3ヶ月がとりあえず完治のメドとなる日数だと言われていましたので、どのような結果になるか楽しみに出かけました。
 検査は1ヶ月、2ヶ月検診の時と同様に「尿の流量検査」「残尿のエコー検査」でしたが、今日はそれに加えて排尿前のエコー検査で膀胱や術後患部の様子を観察されました。特に異常はなく、順調な回復でした(ホッ!)。ただ、尿もれがまだ続いていたので口頭で答えると、括約筋の機能回復のためのトレーニングをしっかりやるように言われました。排尿の勢いは驚くほど快調です。今日も20歳代だと言われました。
 筋肉トレーニングは確かに言われていたことですが、意識してコツコツとやっていませんでしたね。帰宅後から、意識して10秒間括約筋を緊張させる訓練を1日10回程度実行すると・・・見事に目に見えて尿漏れの回数が減りました。言われたことをちゃんとやっておくべきでした。反省!
 今日30日では、1日に取り替える尿もれパットの回数は激減しました。この調子だと、9月の検診までにはかなり減っていることでしょう。有り難い!
 最後に血液検査のために3本分の血液採取がありました。次回にはPSAの値がどのように変化しているか分かります。術前は前立腺腫瘍マーカー値PSAは13.3でした。
 すでに、術後の自覚症状、痛みやかゆみなどはまったく感じなくなりました。ただ、油断していると”くしゃみ”や”咳”の時に尿が漏れることがあります。また、風呂上がりなど、身体が温まると尿漏れが起きやすくなります。筋肉が弛緩しやすくなるからでしょうね。しかし、手術をして正解でしたね。まったく排尿を気にしなくなりましたから。有り難いことです。

「Stop The Music」レーン&ザ・リーキングス(楽譜)

Lenne_the_lee_kings  2008年9月10日に掲載した「Stop The Music」(1966年ヒット)の再掲載です。
 高校を卒業後、私たちのバンドは自然に活動を中止しました。進路がバラバラになりますので当然の帰結ですね。本気でプロになろうなどとは思ってもいませんでしたから。
 一方、私たちに触発された別の友人達が、仲間達とアマ・バンド活動を始めます。近場の友人達でやっているようでした。その新しく活動を始めた同級生から、バンドの応援依頼を受けます。2箇所で演奏をするらしい。私のボーカルとギターの腕を買われてのことでした。演奏した曲はビートルズの「Girl」、それに私の希望でこの「Stop The Music」を加えたことを覚えています。あとは彼らの歌とインストルメンタルの曲の応援でしたね。よくは覚えていません。恐らく、18、9歳の頃だったでしょう。
 Lenne & The Lee Kingsというグループは、スェーデンのグループのようです。北欧のロック・バンドが世界的ヒットを飛ばすなんてことは珍しいことでした。曲は、情けない男のふられた話って内容ですね。よくもこれがヒットしたものです。同情票(笑)?でも、曲は哀愁があってなかなか面白い仕上がりです。
 この曲の中間部のギター・リフはなるべく忠実にコピーしたつもりですが、このようなフレーズを音符に写すのは大変ですね(汗)。これを記憶して、リード・ギターを弾きながらメロディーを歌ってた当時の私って・・・考えただけで「スゲェーや!」って自分で思います。若さってスゴイ能力とエネルギーを持っているものなんですね。今はとてもとても・・・(汗)。
■You Tube…「Stop the music」Lenne & The Lee Kingsの静止画です。
■楽譜と演奏について…彼らの演奏は、荒削りで品のない感じがいい(?)。それを真似て崩して弾かれていいと思います。練習は「決して速く弾こうとしない事!」ゆっくり、ゆっくり指が覚えるまで弾いて下さい。それがミスをしなくなるコツなんですよ。速く弾いてごまかすような演奏者にはならないように!曲の作りは単純ですし、コード進行も同じパターンの繰り返しですね。
■楽譜をご希望の方は、本ブログの右側下方にある「プロフィール」をクリックして入り、「メール送信」でお知らせ下さい。 コメント欄に書かれてもお届けできません。また、エチケットとして何市の何歳の誰(ハンドル・ネームでも結構です)か位はお知らせ下さい。

「ひだまりの詩」ル・クプルLe Couple(楽譜)

Photo   夏休みも残り1週間程度となりましたね。宿題が気になり始める時期です。慌てて図書館などに行って調べものをしたり、絵を描いてなくてばたばた写生をしたりと忙しい子供たちも多くなっているのでは?
 暑い夏をさらに暑くしてくれたオリンピックも終わり、一段落かと思いきや困った隣国、中国や韓国が日本人をさらに熱くしてくれています。”盗人猛々しい”とはまさにこの事ですね。分かり切っている日本の領土に、両国は土足で上がってきました。両国政府の罪は、歴史を捏造して国民を洗脳し、すっかり国民をその気にさせていることです。真実より、捏造の知識が優先されるような国ですから、真実を追究して”ノーベル賞”をもらうような優れた学者がでてきませんね。実にお粗末な国なのですが、彼らはそれすら分からないのですね。哀れです!さあて、政府の弱腰はいつまでつづくのでしょうか?政治家が当てにならないから「軍事クーデター」でも起こしましょうかね!
 今日の「ひだまりの詩」ル・クプル(言いにくい名前ですね)の歌です。TVドラマ「ひとつ屋根の下2」の主題歌だったとか。「ひとつ屋根の下」では「サボテンの花」が主題歌でした。この歌は聞いていて切なくなります。哀愁を帯びた藤田恵美さんの声が心に響きますね。ずっと気になっていた曲を今日耳コピしてみました。
 作曲者の日向敏文さんは1991年に放映されたTVドラマ「東京ラブストーリー」のサウンドトラックを手がけた作曲家でした。なんだかパステル画のような音楽を創る人だなあと思った記憶があります。
■You Tube…「ひだまりの詩」オリジナル音源
■楽譜と演奏について…終始四分音符の和音がリズムを刻みます。ピアノが主体ですから和音がちょっと聞きづらいですね。DなのかEm7なのかが分かりづらいです。皆さんのご意見をお聴かせ下さい。なお、カポタストを1フレットにつけました。
■楽譜をご希望の方は、本ブログの右側下方にある「プロフィール」をクリックして入り、「メール送信」でお知らせ下さい。 コメント欄に書かれてもお届けできません。また、エチケットとして何市の何歳の誰(ハンドル・ネームでも結構です)か位はお知らせ下さい。

「今年も楽しく”親子ギター教室”」

2012_004  8月17日から、福岡市主催の”親子ギター教室”にでか2012_001けていま す。今年で5年目です。
 場所は福岡市中央区の「少年科学文化会館」の音楽室。教えるのはクラシック・ギターを使った都合7回の入門講座で、定員は20名(10組の親子)です。対象は小4から中2ですが、今年は小学生のみになりました。
  福岡市の広報「市政だより」に告知されたのを見て募集してきた親子から、抽選で選ばれた19名(9組の親子)が予定でしたが、結局はキャンセルなどが出て少し少ない人数でスタートです。毎年そうですが、無料の講座なので気軽に応募しますが、簡単にキ2012_002ャンセルもします。費用がかからないこと2012_005は有り難い反面、参加者の覚悟が弱いのですね。自分に投資をしてこそ、真剣になり、自分の成長につながるのも事実なの  です。
 さて、今年は小4から小6の子供たちとその保護者(今年はお母さんばかりになりましたが)でギター演奏の習得に取り組んでいます。
 ギターは「少年科学文化会館」に備えられている楽器を借ります。大きさは普通サイズですから、子供の中にはギターが大きすぎる子もいますね。ギターを抱えているのか、ギターに抱えられているのか分からないような子もいます(笑)。それでも「弾きた2012_003い!」という強い意志があれば食らいついてきま す。12_001 そこは”根性”ですね。
 私はあまり”形”にとらわれない指導を心がけています。演奏時の姿勢がどうだというよりも「楽しむこと」ができれば”音楽”になると思っています。プロを目指すのなら別ですが、人生をエンジョイする道具として”ギターを弾く”のならば、最初から楽しむことに主眼を置きましょう!楽しんでいるうちに覚えます。それが上達のコツですから。

「Another Girl」The Beatles(楽譜)

Another_girl  7月30日の「涙の乗車券」で書いたように、ポール・マッカートニーが軽妙なリード・ギターを弾いているのがこの「Another Girl」です。
 聞いてお分かりのように、妙に不安定なギターの音が耳につきます。この曲は、リード・ギターのリフをジョージ・ハリソンが10回ほどオーバー・ダビングで録音し、7回目をベスト・テイクとして一応完成したのですが、翌日にポールが弾き直したものが採用されています。これってジョージの立場はどうなるの・・・・・???
 この曲を手がけたのはポールでした。一般的にLennon-McCartney作となっている曲の多くはJohnかPaulのどちらかが主に、あるいは一人で作っています。それ故に作曲者のイメージがはっきりしていると、このようなことになるのでしょうね。しかし、当時のジョージの弱い立場を端的に表したエピソードですね。このようなことが積み重なって映画「Let it be」中の衝突場面になったのでしょう。個性が違うものどうしですからなかなか難しいものです。
 「Another Girl」は恋の歌ですが、「僕は他の子が好きになったんだよ。彼女は世界一さ!」というようなちょっと変わったシチュエーションの歌です。現代の若者の姿を先取りしたような内容に思えますが、言い過ぎでしょうか?(笑)。
■You Tube…「Another Girl」映画「Help!」の中の”はちゃめちゃ”な映像です。
■楽譜と演奏について…リズム・ギターは規則的なリズムを刻みます。リード・ギターは、トレモロ・アームを使いながらチョーキングを多用する弾き方をしているように思います。ちょっと変わった音作りですね。挑戦するには面白いですよ。運指はつけておきました。
■楽譜をご希望の方は、本ブログの右側下方にある「プロフィール」をクリックして入り、「メール送信」でお知らせ下さい。 また、エチケットとして何市の何歳の誰(ハンドル・ネームでも結構です)か位はお知らせ下さい。

「You're Sixteen」Ringo Starr(楽譜)

Ringo3  リンゴ・スターの歌というのは、ビートルズ活動中は余り聞かれませんでした。リンゴ・スターは他の3人に比較すると歌は上手くありません。それでもメンバーの中ではなかなかの人気者でしたから、彼を引き立てるために時折歌わされることがありました。
 解散後は、3人に遠慮する必要がないので自分のCDを20枚近く(正確には知りませんが)出していますね。今日の「You're Sixteen」はカバー曲ですが、1973年の『Ringo』というアルバムに収められています。なかなかポップな良い感じに仕上がっています。
 この「You're Sixteen」のオリジナルは、アメリカのロカビリー歌手Johnny Burneteが1960年にヒットさせた曲です。
 歌にある「16歳」という年齢は、日本では高校1年生ですね。世間知らずですが純粋で一途な気持ちを持つ年頃です。この歌は、そんな時代の恋心を歌った曲です。ただ、今の若者と、私たちの若かりし頃では随分と恋の仕方も変わってきたとは思いますがね。
 この曲は、「Octopus's Garden」で紹介した福岡市から”部活”に参加されたMさんのリクエストに応えたものです。

■You Tube…「You're Sixteen」オリジナル音源と静止画像
■楽譜と演奏について…ピアノのイントロ部や、昼間部のカズーは、ギターでアレンジして弾いてもよいかなと思います。エンディングが長すぎますので適当に終わっています。殆どコードだけで楽譜ができています。
■楽譜をご希望の方は、本ブログの右側下方にある「プロフィール」をクリックして入り、「メール送信」でお知らせ下さい。 また、エチケットとして何市の何歳の誰(ハンドル・ネームでも結構です)か位はお知らせ下さい。

「Octopus's Garden」The Beatles(楽譜)

Ringo2  まもなくロンドン・オリンピックも終わろうとしています。誤審の目立つオリンピックでしたね。それにもめげず、日本人選手はよく頑張りました!日本人選手ほど潔く正々堂々と競い合っている選手達はいません。そんな日本人選手の姿とは裏腹な韓国大統領の竹島上陸!まあ、せこい国民性をよく表していますねぇ。国際司法裁判所にも出てこようとせず、ただただ自分たちの言い分だけを声高に叫ぶ姿は”火病”そのものです。ヨーロッパでは、もっとも嫌われている国民が韓国人だと言います。分かる気がします。
 さて、今日は久しぶりにビートルズの113曲目です。リンゴ・スターが歌っている「オクトパス・ガーデン」。とてもポップで楽しい曲です。
 先日10日の金曜日、私たち音楽仲間の”部活”に、福岡市からわざわざ参加された方がいらっしゃいました。そのニュー・フェイスが多重録音に挑戦されていたのがこの曲「Octopus's Garden」でした。幸い(?)私がまだ耳コピしていなかった曲なので、この機に譜面に起こしてみました。
 作曲はリンゴ・スターで、リチャード・スターキー名義の曲になっています。ジョージ・ハリソンが手伝って曲が完成されました。リンゴとジョージは仲がよかったようです。というより、昔からジョンとポールが共同で作曲作業をするので、残った二人で何とかするしか無かったんでしょうね。
 曲は、”タコの庭”というのでほのぼのとしたおとぎ話かと思いきや、その内容はリンゴがビートルズから逃避したいと思っていた心情を表しているとか。人間関係って難しいものです。距離が近すぎても、遠すぎてもうまくいかないものです。適当な距離を保ちつつ、お互いに尊敬しあえる存在で居続けられればいいのですが・・・・それがなかなかできないのが人間なんですよね。

■You Tube…「オクトパス・ガーデン」楽しいアニメ付きの映像です。イエロー・サブマリンも出てきますよ!
■楽譜と演奏について…ギターのイントロは意外に弾きにくいですね。サイド・ギターはアルペジオですが譜面にしていません。適当に音源を聞きつつアルペジオをしてください。リード・ギターの中間部はかなりの高音域で弾きます。頑張りましょう!
■楽譜をご希望の方は、本ブログの右側下方にある「プロフィール」をクリックして入り、「メール送信」でお知らせ下さい。 また、エチケットとして何市の何歳の誰(ハンドル・ネームでも結構です)か位はお知らせ下さい。

「7つの水仙」ブラザース・フォア(楽譜)

The_brothers_four1  譜面を全面改訂しましたのでブラザース・フォー「7つの水仙」を再掲します。
 福津市勝浦のカレー・ショップ「Apple Cafe」に集う10人を越える音楽仲間は、それぞれに自分の好きな音楽ジャンルがあります。当然と言えば当然です。
 最近顔を出すようになった2人が、一生懸命にアコースティック・ギターを練習しています。好みは日本やアメリカのフォーク・ソングのようです。若かりし頃に聞いた曲が心に残っているんですね。一人はブラザース・フォーのLPを集めていたようです。よって、今日は、以前に紹介した(と言って削除していますが)7つの水仙」を、声楽パートと3つのギター・パート譜として改訂して紹介します。これにベースを加えれば立派な楽譜になります。
 今まで敢えてこのような形にしなかったのは、パート毎にきちんと譜面にする作業に多大な時間を要するからで、しかもA4版1枚に収まりきれなくて使い勝手が悪いのです。案の定、今回これで3ページ分となりましたよ。
 曲については、ブラザース・フォーがオリジナルではなく、1957年にザ・ウィーヴァーズ(The Weavers)が発表した曲のようです。The Weaversは、モダン・フォークの草分け的なグループで、ピート・シーガーなどもメンバーとして活躍したことがあるグループです。
 歌詞は、地位も財産もない男の愛の告白・・・”僕は邸宅もなく、土地なども持っていないんだ。しわくちゃの紙幣すらも持ってない。でも、沢山の丘を覆い尽くす朝の息吹を見せてあげることができるよ。そして、君にくちづけと7つの水仙をあげよう。”…なんて今時の女の子に言うと何と反応するでしょうか?「あんた、バカじゃない!」で終わるんでしょうかね。(苦笑)
 物欲、金銭欲、名誉欲に汚された人間の象徴的な事件が”いじめ”!親も子も、そのような価値観の中で育てば、エゴイスティックで無機質な感情しか持てなくなります。”物やお金では幸福は買えない””幸福と感じるのは豊かな心のなせる業”
 この歌から、そんな気付きができる人は幸福な人でしょう。この詞を読んで「バカじゃない!」としか思えない人は、不平不満を言うだけでは幸福は得られないと悟るまで、まだまだ苦難の人生を歩むことになるでしょうね。
■You Tube…「7つの水仙」オリジナル音源
■楽譜と演奏について…ギターは、ビギナーでもアンサンブルの楽しさが味わえるようにアレンジしました。オリジナルは、ナイロン弦のしっとりとした音で奏でられていますね。3声は難しいですから、2声で歌うといいでしょう。2声で雰囲気はでますから。
■楽譜をご希望の方は、本ブログの右側下方にある「プロフィール」をクリックして入り、「メール送信」でお知らせ下さい。 また、エチケットとして何市の何歳の誰(ハンドル・ネームでも結構です)か位はお知らせ下さい。

「異邦人」久保田早紀(楽譜)

Photo   1979年に誕生した「異邦人」は、息の長い名曲のひとつです。作曲者の久保田早紀が子供の頃、父親の勤務地イランのお土産として買ってきたレコードを愛聴したことが、この曲のムードの原点になっているようです。しかし、イントロのオリエンタル情緒は、実は編曲者:萩田光雄の手によるもので、シングルのピアノも故羽田健太郎が弾いています。サブタイトルとして付けられた「シルクロードのテーマ」への意図的な色づけが見事に果たされました。
 この曲は、久保田早紀が短大在学中に作曲し、三洋電機のCMに使われて徐々に人気が出て、2年間で150万枚のミリオン・ヒットになります。しかし、彼女はこのヒットにとまどい、芸能活動に疑問を持ち始め、苦労することになったようですが・・・。
 やがて芸能活動を止めた彼女は、クリスチャンの音楽伝道者として、現在、本名”久米小百合”の名で活動をしているようです。
■You Tube…「異邦人」オリジナル音源
■楽譜と演奏について…イントロのピアノと弦楽合奏部分は、ギターでは出せない雰囲気ですね。ギターはせいぜいリズミカルにコードをカッティングする程度です。キーボード奏者に応援願うのが賢明でしょうね。それでも、曲と詞自体が持つ瑞々しさがギター1本の伴奏でも曲にしてくれますから、弾き語りは可能でしょうけれど。
 フェイド・アウトしているのを簡単なエンディングを作って終わるようにしました。
■楽譜をご希望の方は、本ブログの右側下方にある「プロフィール」をクリックして入り、「メール送信」でお知らせ下さい。 また、エチケットとして何市の何歳の誰(ハンドル・ネームでも結構です)か位はお知らせ下さい。

「さよならの向こう側」山口百恵(楽譜)

3  2つの台風が九州の南西海上を通過したせいか、一日中「天気晴朗ナレド波高シ」の日でした。お陰で灼熱地獄にはなりませんでしたが、愛犬が強風による風の音を怖がるので窓を開け放つことができませんでした。結局、エアコンの中での生活です。身体にはよろしくないでしょうけれど、熱中症になるよりはいいかも・・・。
 世間ではロンドン・オリンピックで盛り上がっていますが、私はせっせと仲間の女性ボーカリストのために耳コピです。え~っと・・・これで通算356曲目なのかな?近頃耳コピの曲数すら分からなくなってきましたよ!
 今日の1曲は、旭化成のコマーシャルとして流れている山口百恵のラスト・ソング「さよならの向こう側」です。CMでは、「6 feat. TeN」という女性が歌うカバー版が使われています。こちらの方はピアノ主体の伴奏で、感情移入を押さえたストレートな歌い方になっています。好みは分かれるところですね。私は一応オリジナルに敬意を表して山口百恵版をご紹介することに致しました。
 作曲は宇崎竜童、作詞が阿木燿子ご夫妻の作品で、山口百恵が引退したときに、ファンへのメッセージ・ソングとして最後に歌ってマイクを置きました。と、TV映像で見ました(笑)。私は歌番組に興味はありませんでしたが、これくらいはどこかで見たんですねきっと!
■You Tube…「さよならの向こう側」スタジオでの映像?JASRACによって映像が消去されましたが、近頃消去が早いなあ。目の敵にしてるようですね(笑)。
■楽譜と演奏について…一通り聞いてCm9やC7sus4、Edimなどを振り当てましたが、さてこれから実際に仲間と音を出してみると訂正があるかも知れません。弦楽合奏が入ったりするとどうしても複雑に聞こえるんですね。でも、まあフィーリングとしては伝わると思います。ギター・リフは間奏とエンディングは譜面に載せましたが、途中のおつまみ的なリフは載せていません。ご自分で付け足してください。
■楽譜をご希望の方は、本ブログの右側下方にある「プロフィール」をクリックして入り、「メール送信」でお知らせ下さい。 また、エチケットとして何市の何歳の誰(ハンドル・ネームでも結構です)か位はお知らせ下さい。

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ