« 「ライブ~サマーナイトイン福津に出演!」 | トップページ | 「さよならの向こう側」山口百恵(楽譜) »

「涙の乗車券Ticket to Ride」The Beatles(楽譜)

Ticket_to_ride  ここ数日の暑さは全国的に凄いですね。うっかり外に出ると、太陽の日差しで”ロースト人間”にされそうです。それでも中学生や高校生は部活に出かけていきます。
 そう言えば、自分も子供の頃はこんな暑さをものともせずに、麦わら帽子とランニングシャツで遊んでいたなぁ。生命力に溢れていたからか、暑さを見方にして生活していたように思いますね。しかし、今はすっかり熱気に当てられて熱中症で倒れそうになります。用心用心!
 さて、今日の掲載曲はビートルズ「涙の乗車券Ticket to Ride」です。彼らの2作目の映画「Help!四人はアイドル」中の挿入歌でした。1965年。
 この曲はすでに1度掲載しましたが、記事は過去に削除しました。今回掲載したのは、リード・ギターをもう一度耳コピし直すためです。
 この曲のコード進行はそれほど難しいものではありませんから、自分なりに耳コピしておられる方も多いのではないかと思いますが、リード・ギターの音を聞いていて「おや?」と思ったので聞き直した訳です。イントロから一定のパターンで持続する12弦ギターの音ではなく、昼間部や、My baby don't care~♪と歌うエンディングのギター・リフです。このリフは実はポールが弾いています。この部分を聞いて「これはジョージのフレーズではない」と気づかれた方は凄いですね。まあ、「Another Girl」のリード・ギターがポールということを知れば合点がいくでしょう。よく似たフレージングですから。
 曲の出来映えは、The Carpentersが歌ったコピー版の方が小洒落た感じですが、ロック・バンドを自認していた彼らの意識からはこうなるのでしょうね。
■You Tube…「涙の乗車券Ticket to Ride」オリジナル音源
■楽譜と演奏について…コードで問題になるのが16小節目ですが、今回も完全に聞き取れたとは言えません。奇妙な響きです。2本のギターで違うコードを弾いているようにも聞こえます。謎ですね。ライブの映像を見ても分かりません。エンディングについては、できるだけCD音源を再現するように努めました。長すぎるようでしたらエド・サリバン・ショーなどを参考にして創られるといいでしょう。

■楽譜をご希望の方は、本ブログの右側下方にある「プロフィール」をクリックして入り、「メール送信」でお知らせ下さい。 また、エチケットとして何市の何歳の誰(ハンドル・ネームでも結構です)か位はお知らせ下さい。

« 「ライブ~サマーナイトイン福津に出演!」 | トップページ | 「さよならの向こう側」山口百恵(楽譜) »

ビートルズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/150630/46517541

この記事へのトラックバック一覧です: 「涙の乗車券Ticket to Ride」The Beatles(楽譜):

« 「ライブ~サマーナイトイン福津に出演!」 | トップページ | 「さよならの向こう側」山口百恵(楽譜) »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ