« 「時代おくれ」河島英五(楽譜) | トップページ | 「時の過ぎゆくままに」沢田研二(楽譜) »

「唇をかみしめて」吉田拓郎(楽譜)

2   1982年に発売された吉田拓郎のシングル「唇をかみしめて」は、武田鉄矢が主演した映画「刑事物語」の主題歌として書き上げられたものです。拓郎が36~7歳で、浅田美代子と離婚寸前の時期でした。詞は広島弁で、映画の主人公の生き方を反映してか、情にもろく不器用な男の生き様を歌っているように思います。詞が”生きている”曲として印象に残る曲ですね。
 この曲をカバーしている奥田民生や中島みゆきの歌も秀逸ですが、今日の耳コピの元になった2005年のライブ版は決定版といえる出来映えですね。キーを、オリジナルより1音低くして歌っています。そのために声にすごみが出て、歌詞にぴったりの雰囲気になっていますね。
 「流星」や「落陽」、「人生を語らず」などとともに、”人間”や”男”を描写したこの曲は、広島弁と相まってストレートに心を叩く歌になっています。
 何て評論家ぶっていますが、実は拓郎を聞いたのはそう昔からではないのです(汗)。だって、昔は妙にとんがって斜に構えた彼がさほど好きでもなかったんですから(笑)。それが、最近は”酸い甘いも知り尽くして”丸くなった拓郎を支持できるようになりました。いやいや、このような表現は拓郎ファンには失礼な言い方なんでしょうね!
■You Tube…「唇をかみしめて」2005年のライブ映像

■楽譜と演奏について…サイド・ギターは1カポでのコードを記しています。泣きのギターがいいですね。でもテンションの小さい弦でないと表現できません。できるだけ音は拾ってみましたが、途中ツインで演奏する箇所がありますのでご注意を。また、オリジナルと違って、「人が好きやけネ---」の前に1小節伴奏部が入ります。オリジナルに慣れているとちょっと違和感があるかも知れません。また、拓郎の高校の後輩でもある奥田民生のソロ・バージョンもついでにコピーしてみました。印字していると3ページ目にでてきます。

■楽譜をご希望の方は、本ブログの右側下方にある「プロフィール」をクリックして入り、「メール送信」でお知らせ下さい。エチケットとして何市の何歳の誰(ハンドル・ネームでも結構です)か位はお知らせ下さい。

« 「時代おくれ」河島英五(楽譜) | トップページ | 「時の過ぎゆくままに」沢田研二(楽譜) »

日本のフォークなど」カテゴリの記事

コメント

吉田拓郎さんの「唇をかみしめて」のギターソロ痺れました!譜面を頂けないでしょうか?
東京都大田区 おざきみちお

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/150630/45914408

この記事へのトラックバック一覧です: 「唇をかみしめて」吉田拓郎(楽譜):

« 「時代おくれ」河島英五(楽譜) | トップページ | 「時の過ぎゆくままに」沢田研二(楽譜) »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ