« 「瀬戸の花嫁」小柳ルミ子(楽譜) | トップページ | 「ホワイト・クリスマス」The Ventures(楽譜) »

「わたしの城下町」小柳ルミ子(楽譜)

2_2   今日ご紹介の「わたしの城下町」は、時系列的には「瀬戸の花嫁」の前年1971年のヒット曲になります。
 先日も少し触れましたが、小柳ルミ子は1952年に福岡市で生まれ、筑紫女学園中学を経て宝塚音楽学校へ進みます。その後、ナベプロに歌手志願(梓みちよの縁で?)をしますが「音楽学校を首席で卒業したら歌手にしてあげる」との回答をもらい、やがて見事に首席で卒業し、念願の歌手デビューへの道が拓けました(Wikipediaによる)。
 音楽学校の事ですから、彼女は音楽実技の面で優れた才能を示したのでしょう。しかし、実は彼女が卒業した筑紫女学園中学校というのは福岡市内では優秀な子供しか合格できない名門中学のひとつなのです。つまり、お勉強もしっかりできた成績優秀な子供でもあったわけです。でも、それは紙に書かれた問題を解く能力のことであり、自分の人生の問題は・・・・別でしたね(笑)。
 同じ中学校に学んだ卒業生の一人に女優の蒼井優がいます。
 なお、小柳ルミ子のデビュー曲「わたしの城下町」は130万枚もの年間売上を記録し、その年の放送音楽新人賞やレコード大賞最優秀新人賞などに輝きました。小柳ルミ子の伸びやかで艶やかな若々しい歌声は、「みんなの恋人」というキャッチ・フレーズと共に、その後もみんなに親しまれました。その後、踊りや演劇の世界でも活躍したことは皆さんご存じの通りです。

■You Tube…「わたしの城下町」格子戸をくぐり抜け~♪はて・・・・?どこの町がモチーフなのでしょうか?
■楽譜と演奏について…オリジナル・キーはAmです。声が高すぎるのでEmのカラオケ音源を聴いて譜面にしたものもご紹介します。

■楽譜をご希望の方は、本ブログの右側下方にある「プロフィール」をクリックして入り、「メール送信」でお知らせ下さい。また、本ブログの2011年1月17日:「楽譜を希望される方へ」をお読み下さい。

« 「瀬戸の花嫁」小柳ルミ子(楽譜) | トップページ | 「ホワイト・クリスマス」The Ventures(楽譜) »

日本のフォークなど」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/150630/43198535

この記事へのトラックバック一覧です: 「わたしの城下町」小柳ルミ子(楽譜):

« 「瀬戸の花嫁」小柳ルミ子(楽譜) | トップページ | 「ホワイト・クリスマス」The Ventures(楽譜) »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ