« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

「雨を汚したのは誰?」ジョーン・バエズ(楽譜)

Joan_baez  ハルジオンさんからのコメントにあった曲、ジョーン・バエズが1963年に出した「雨を汚したのは誰?」は、現在の東日本の原発事故を象徴しているようです。C.C.Rの「雨を見たかい」と同じように、反戦あるいは原水爆批判の歌として存在感を示しました。
 放射能の問題は、さかのぼること1954年に起きた「第五福竜丸事件」が注目を集めました。米国のビキニ環礁での水爆実験で被爆した延縄漁船「第五福竜丸」の乗組員の一人が半年後に肝炎で死亡します。原因は明らかに被爆(俗に言う”死の灰”による)でしたが、アメリカはそれを公には認めず、見舞金の形で収束を図ります。この乗組員の「原水爆による犠牲者は、私で最後にして欲しい」との遺言が、当時の日本国内に強烈な反核運動を起こすことになりました。
 このような痛ましい事件が、広島・長崎以外に日本で過去にあったのです。それを教訓にするはずの原子力発電所なのに・・・東電も政治家も官僚も一体何をやっているのでしょうか?!

 歌詞は

あたり一面に 小雨が降りそそぐ
その妙なる響きに 草は頭をもたげる
ほんの少しの雨 ほんの少しの雨
あの人たちは 雨に何をしたのだろうか

雨の中に立っていた 小さな男の子
優しい雨は 何年も降り続いた
いつか草は枯れ 男の子も消えた
とめどない涙の様に 雨は降り続く
あの人たちは 雨に何をしたのだろうか

そよ風が空から舞い降りてくる
風が通り過ぎるとき 木々の葉たちは会釈をする
そよ風の目には なぜか少し憂いがある
あの人たちは 雨に何をしたのだろうか
原題「What have they done to the rain?」

  と、原爆による放射能汚染の雨を唄っているかのようです。3番の歌詞中に「ある煙を伴ったそよ風」意訳で”そよ風の目には なぜか少し憂いがある”としている箇所は、いわゆる放射性降下物”死の灰”を連想させます。ジョーン・バエズは、父親(物理学者)の軍事産業への協力拒否などの影響を受けてか、強いメッセージ・ソングを発表し、世界から注目されるようになります。デビュー前のボブ・ディランを発掘したことでも知られていますね。
 その歌声は高く透明感のある声です。「ドナ・ドナ」を歌って世界的にヒットしたのが1961年、その時ビートルズはハンブルグでトニー・シェリダンと活動していました。そのような時代の中でジョーン・バエズの声が世界に響いたのでした。
■You Tube…「雨を汚したのは誰?」歌詞とイメージ映像です。
■楽譜と演奏について…ギターの音が不鮮明で分かりにくいですね。恐らくはスリー・フィンガーで弾いているでしょうから、低音だけをしっかり弾きながらアルペジオは自分なりに適当に弾かれてよいと思います。前半部の譜面は、とりあえずこんな風に弾いたら?というヒントとお考え下さい。

■楽譜をご希望の方は、本ブログの右側下方にある「プロフィール欄」をクリックして入り、「メール送信」でお知らせ下さい。また、本ブログの2011年1月17日:「楽譜を希望される方へ」をお読み下さい。

「パーフィディア;2つのバージョン」The Ventures(楽譜)

The_ventures1  ここ福岡県福津市は、今霧雨のような雨が降っています。午前中にクラシック・ギターの生徒さん(と言っても私より少し年上)のレッスンを済ませ、帰って来てから気分をがらりと変えて(変わり過ぎですが)ベンチャーズ版の「Perfidiaパーフィディア」の耳コピを完成させました。このブログでは、今までシャドウズやスプートニクスは取り上げても、ベンチャーズは取り上げませんでした。理由は簡単!私がベンチャーズを好まないからです。それにもう1つ、音楽仲間にベンチャーズ・コピーバンドのメンバーがいるので、彼の領域を侵すことを遠慮しているからです。では何故に今更ベンチャーズ??
 そうですよねぇ・・・・・。それはですね、今だにギターをまじめに練習しようとしない私の友人のためなんです(笑)。エレキ初心者にとって「急がば回れ」や「パーフィディア」「木の葉の子守歌」と言えば格好の入門曲ですからね。まあ、押しつけがましいのもいけませんが、上達して欲しいという”親心”と思って欲しいですねぁ。
 楽譜は2つのバージョンを譜面にしてみました。1つはベーシックなオリジナル・バージョン、もう1つはちょっと手の込んだ演奏をしているロサンゼルスでのライブ版です。オリジナルはボブがリードを、もう一方は映像の通りにノーキーがリード・ギターを弾いています。
 ところで「パーフィディア」の意味って何?英語の「perfidy=不信とか裏切り」から想像するに”裏切り女=悪女”というような意味なんでしょうか?
■You Tube…「パーフィディア」ロスでのライブ録画。珍しくテレキャスターで弾いていますね。中間部のメル・テイラーのドラムのリズムがちょっと狂います。歳のせいかな??
■楽譜と演奏について…You Tubeにダンス音楽の映像がありますが、その音楽がなかなかいいですねぇ。スローテンポのラテンのリズムに乗って踊っているシーンが。
 例によって運指は書いていませんので謎解きをしながら弾いて下さい。1枚目にオリジナル版、2枚目にライブ版が印字されて出てきます。

■楽譜をご希望の方は、本ブログの右側下方にある「プロフィール欄」をクリックして入り、「メール送信」でお知らせ下さい。また、本ブログの2011年1月17日:「楽譜を希望される方へ」をお読み下さい。

「酒と泪と男と女」河島英五(楽譜)

Photo  48歳の若さで逝ったシンガー・ソングライター河島英五の代表作「酒と泪と男と女」をアップします。男の歌を唄って支持を得ていた彼は、肝臓疾患で逝去した様子。しかし、それにしても若すぎますね。この歌の通りにお酒が好きだったのか?Wikipediaによれば、この歌は彼が19歳のときに叔父の姿を見て作曲したらしいが、彼自身も庶民感覚の持ち主だったので酒場が好きだったのではないかと想像します。そして、死の前日までライブで唄っていたということだ。
 彼の歌はあまりよく知りませんが、以前からコメントをよく下さるmiddle60さんが好まれる歌ではなかろうかと想像しつつ耳コピしてみました。
 ライブの録画がYou Tubeにありましたので、CDよりもそれを参考にしました。録音が悪く音が聞き取り難いですが、雰囲気のある演奏をなるべく再現できるようにしました。これでお酒の好きな方にはたまらない1曲になることでしょう。
■You Tube…「酒と泪と男と女」ライブでの録画
■楽譜と演奏について…フォーク・ソングというよりはむしろ演歌ですね。掛け合いで入るギターの音が「日本人!」って感じで響きます。私はこのような古賀メロディー的なフレーズは好きではないのですが、この曲の感じを出すためには必須ですね。音符の旗が下に向いているのは右手・親指で弾くように書きました。男らしい歌と演奏を期待します。しかし、フェミニスト田嶋陽子さんなどは、このような歌はお嫌いなんでしょうね(笑)。

■楽譜をご希望の方は、本ブログの右側下方にある「プロフィール欄」をクリックして入り、「メール送信」でお知らせ下さい。また、本ブログの2011年1月17日:「楽譜を希望される方へ」をお読み下さい。

「カリフォルニアの青い空」アルバート・ハモンド(楽譜)

Photo   1972年、イギリスのシンガー・ソングライター:アルバート・ハモンドのデビュー曲「カリフォルニアの青い空」が爽やかにラジオから流れました。原題は「It Never Rains In Southern California」=「南カリフォルニアでは決して雨が降らない」って本当?歌詞の中には「降ったらどしゃぶりだよ」という一節もあります。面白い!
 歌詞は、自分自身の経験なのか売れない身の上話になっています。まあ、その身の上話が功を奏してかビルボードでは5位まで上がりました。一応の大成功ですよね!あと彼の曲で思い出すのは「落ち葉のコンチェルト」でしょうか?
 この時分(私は24歳)、すでにポップスやロックを聴く気分ではなくなっていましたが、耳に心地よく響く曲のひとつになっていました。札幌オリンピックで”日の丸飛行隊”が活躍した年でもありますが、一方では”浅間山荘事件”という陰惨な事件も起きた年です。不思議な年ですね。
■You Tube…「カリフォルニアの青い空」シングルのオリジナル音源
■楽譜と演奏について…イントロや昼間部のフルートのメロディーが少し安っぽいですねぇ。まあ、気にせずに・・・。F♯mの使い方に規則性がなくてちょっと不思議なんです。検討当してみて下さい。ギターはストロークのみで弾けます。リズムに乗って気持ちよく弾けますね。

■楽譜をご希望の方は、本ブログの右側下方にある「プロフィール欄」をクリックして入り、「メール送信」でお知らせ下さい。また、本ブログの2011年1月17日:「楽譜を希望される方へ」をお読み下さい。

「木綿のハンカチーフ」太田裕美(楽譜)

Photo  1975年(昭和50年)の暮れに発売された「木綿のハンカチーフ」は、歌手・太田裕美のベスト・ヒット曲であると共に、多くの人によってカバーされ、歌い継がれている曲の1つです。
 男女の遠距離恋愛を扱った詞に共感を覚えた人もいるでしょう。また、太田裕美の可憐な声が、その歌詞の情景にマッチしていて、思わずウルウル来た人もいるでしょう。
 歌は、男と女が掛け合う物語性の強いものですね。当時は携帯電話など無く、手紙を書いてお互いの気持ちを確かめ合うことが多かったでしょう。勿論、家の電話や公衆電話で話すことはできましたが、思いを込めて書いた手紙をポストに投函し、返事が来るまでの時間をじっと待つという風情は、情操を豊かに育てたのではないでしょうか?そういう面では、今の携帯電話やメールでは情緒もへったくれもなく、即物的で貧相な精神しか育たないのは致し方ないのかも知れませんね。
 手紙は時間をかけて書きます。その時間の中に、相手のことを心配したり思いやる気持ちが自然に沸いてくるものです。そして礼儀作法も忘れずに考慮しなければなりません。若者達!手紙を書いてみないか?手紙は、小論文とはまったく異なって、人間と感情の世界へ貴方を誘いますよ。
■You Tube…「木綿のハンカチーフ」シングル版オリジナル音源。
■楽譜と演奏について…ギターが軽妙な響きを聴かせますが、テンポが速いので結構難しいですよ。コードも洒落た響きをしていますね。でもちょっと聞き取りが難しいところがあります。36小節目「染まらないで帰って」のところを|D|DA|としていますが、|D|DmA|だと面白く聞こえますが、それだとやりすぎの感もありますね。お好きなようにどうぞ!

■楽譜をご希望の方は、本ブログの右側下方にある「プロフィール欄」をクリックして入り、「メール送信」でお知らせ下さい。また、本ブログの2011年1月17日:「楽譜を希望される方へ」をお読み下さい。

「夜霧のシルエット」クロード・チアリ(楽譜)

2  本日ご紹介の「夜霧のシルエット」は、先日、兵庫県明石市にお住まいの”ジン”さんからリクエストがあった曲で、テレビ朝日系列土曜ワイド劇場で1979年から2007年までに年一回放送されていた”藤田まこと”主演の「京都殺人案内」のエンディング・テーマです。(と、どこかに紹介されていました)
  クロード・チアリの演奏する哀愁に富んだメロディーは、日本人の好みに合致しますね。ただ、ちょっと悠長すぎる気もしますが・・・・。ところで、この作曲もクロード・チアリなのでしょうか?私は詳しくは知らないのですが(冷汗)。
 クロード・チアリは、前回の「夜霧のしのび逢い」のところで書いたように、日本国籍を取得して日本人になっているのですね。確か「お蕎麦やさん」を営んでいるのではなかったですかねぇ。日本や日本文化を蔑んだり、ないがしろにする日本人が大勢いるなかで、金美麗さんやC.W.ニコル氏、彼のような存在は光りますね。ある面、尊敬に値する人物です。ちなみにクロード・チアリの日本名は智有蔵上人(ちありくろうど)でした。
■You Tube…「夜霧のシルエット」オリジナル音源かな?
■楽譜と演奏について…メロディーのテンポを自由に揺らしながら弾いていますから、出来るだけ忠実に譜にしてみましたが、微妙な箇所は無理ですね。付点音符と三連符の中間くらいのリズムなんて表記できませんから。何回も耳で聴いて真似てお弾き下さい。

■楽譜をご希望の方は、本ブログの右側下方にある「プロフィール」をクリックして入り、「メール送信」でお知らせ下さい。 また、エチケットとして何市の何歳の誰(ハンドル・ネームでも結構です)か位はお知らせ下さい。

「ちょっと大人になった団十郎」

028  北海道から、飛行機の一人旅でやって来たトイ・プー025ドルの”団 十郎”君ですが、かれこれ九州に来てもう半年が過ぎました。2ヶ月でやってきて、5月24日で生後9ヶ月になります。
 先週の土曜日にトリミングをしましたので久々にアップします。ちょっと大人の顔になったと思いませんか?
 私が住んでおりますマンションは動物を飼うことができるのですが、飼うには管理組合に届けなければなりません。先日届けましたら、およそ200戸ある部屋数に対して30匹ほどの犬猫が飼われてい031ることが分かりました。この比率は多いのでしょうか、それとも少ないのでしょうかね。
 成長期でもあり、季節的に過ごしやすい時期でもあり、団十郎君はすこぶる元気に過ごしております。しかし、少々甘やかし気味だと033 、自分でも思いますね。”うれション”などはまさにその証拠でしょう!反省して、少しずつ躾を厳しくやろうと思う今日この頃ですが、果たしてできますやら???

「空の終列車」The Spotnicks(楽譜)

The_spotnicks2  ブログを更新しない日々が続いています。そうなるとアクセス数も減ります。”アクセス数”は、ブロガーにとっては励みになる指標ですが、私は意外に無関心なのですよ。 以前、JASRAC(日本著作権協会)からクレームが来るまでは楽譜を画像として掲載していました。その頃はどうかすると一日に3000を超えるアクセスがありました。しかし、その大半は”盗み見”して”ありがとう”も言わずに立ち去る人達でした。
 現在はアクセス数が100を切るような日もありますが、メールで楽譜依頼をされる方々の殆どが”感謝”のコメント・メールを下さいます。明らかに現在の方が気持ちよくブログを続けられます。正直、楽譜が不備で少々気が引ける思いも致しますが、”感謝”されて嬉しくない人間はいませんよね。それが私の励みになっている気がします。なにせ、もう300曲以上も耳コピして、とっくに”飽き”がきているんですよ(笑)。その私のだらけ気分に鞭打って下さるのは、まぎれもなくこのブログを訪ねて来て下さる貴方ですね!かえって感謝したい程です。
 さて、今日は友人の初心者ギタリストのためのインストメンタルの耳コピ曲、ザ・スプートニクスの「空の終列車」です。
 サイド・ギターが忙しいですねぇ!曲は、例によって哀愁を帯びた日本人受けするメロディーです。このようなインストルメンタル曲は、大概、譜面にもせず弾いていたので、改めて譜面にすると”面倒だなぁ!”と思いますね(笑)。それにリピートが少し妙で、譜面作りには苦労しました。リピート記号を使う前半部と、ダル・セーニョで繰り返す後半部という風になりました。A4紙一枚に収めようとすると煩雑なリピート記号の譜面になります。しかしその苦労も忘れさせるような調子の良い曲ですね。「霧のカレシア」同様、ザ・スプートニクスの代表曲です。
■You Tube…「空の終列車」オリジナル音源。
■楽譜と演奏について…DmはDm7の音がリード・ギターにありますが、敢えてDmの方が収まりがよいのでそうしました。B♭-B-Cの所は、リード・ギターだけの演奏かどうか分かりにくい所です。リード・ギターは、小指を滑らせて弾くと弾けます。挑戦して下さい。

■楽譜をご希望の方は、本ブログの右側下方にある「プロフィール欄」をクリックして入り、「メール送信」でお知らせ下さい。また、本ブログの2011年1月17日:「楽譜を希望される方へ」をお読み下さい。

「The Diary(恋の日記)」ニール・セダカ(楽譜 )

Neil_sedaka2   今日紹介のニール・セダカ「恋の日記」は、松江市のFさんからのリクエストがあっていた曲です。
 1958年(昭和33年)にNeil Sedakaが初めてヒットを飛ばしたこの曲は、切ない男の子の思いが歌われています。
  覗いてみたい小さな本があるんだ
 カギの掛かった本で
 その中に書かれている君の気にしている男の子のことが知りたいんだ
 そう、君の日記に書かれている男の子のことなんだ
  昨夜遅く書きつけた少年の名は僕だろうか?

 などと、青春時代を思い出させるような内容になっています。若い日の恋、純粋に真っ直ぐ前を見つめていた時代の少年の気持ちが綴られています。ちょっと胸がキュンとします。
 そんな時代の少年はロマンティストで夢ばかりみますが、女の子は意外と現実的だったりするんですよね。

■You Tube…「恋の日記」オリジナル音源だと思います。
■楽譜と演奏について…D7やBm7はDやBmで支障はないと思います。気分で弾いてみられるといいかも?何て無責任ですが。途中D→Dmとありますが、バックのコーラスがそんな音に聞こえますから変化させてみましたが、Dのままでもよいかと思います。さほど難しいコードは使ってませんね。

■楽譜をご希望の方は、本ブログの右側下方にある「プロフィール欄」をクリックして
入り、「メール送信」でお知らせ下さい。また、本ブログの2011年1月17日:「楽譜を希望される方へ」をお読み下さい。

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ