« 「必ずいる破廉恥極まりない”火事場泥棒”」 | トップページ | 「SAKURA」いきものがかり(楽譜) »

「遠距離の私にできることは・・献血と義援金」

Photo  連日の「東日本大震災」の被災の報道には心が痛みます。多くの方々が同様の思いだろうと推察致します。しかしながら、何をしたらよいものか分からないのも実情でしょう。ここ九州各県からも救援や支援団体が赴いています。私は、被災地に親戚縁者がいる訳ではありませんが、恐らく誰もが思うように「何かできることはないか?」と自問しています。
 私は、個人的に被災地に赴いてボランティアに参加するほどの若さはありませんが、日本国中の人々が同じ歯痒さを感じておられるのではないでしょうか?
 今、私たちができることは何でしょうか?

[×]救援物資を個人的に送る→物流が混乱するだけです。優先されるべき救援物資の搬送を邪魔することになります。ましてやTVで報道されているような「買いだめ」などはもっての他の愚行です!被災もしていない人が余計に物資をため込んでどうするんですか?それこそ自分勝手な行為の何ものでもありませんよ!
 救援物資は、赤十字などが呼びかけた時に求められている物品を提供して下さい。阪神淡路大震災の時には、勝手に送り届けられた荷物が邪魔=無駄になっていますから。

[×]個人的に赴いて救援活動をする→情報不足、物資不足の中で出かけても足手まといになるのでは?食料や水、宿泊施設などを自前で確保することができればいいでしょうが、現状では難しいでしょう。1日、2日行って活動しても自己満足だけです。ボランティアの募集を待って行うべきだと思います。気持ちは痛いほど分かりますが。以下のネット記事をご参照下さい。

■東日本大震災:県がボランティア受け付け/福岡---------------

毎日新聞 3月15日(火)11時33分配信

 県は14日、東日本大震災でボランティア活動を希望する団体などからの申し出を受け付けると発表した。県によると、被災地側でまだ受け入れ態勢が十分でないなどの理由から、申し出を受け付けて情報提供していきたいとしている。
 県NPO・ボランティアセンターには、地震発生後からボランティア活動の問い合わせが寄せられているという。しかし、被災自治体側からは2次災害の恐れなどから「要請を待って行動してほしい」との声があり、県で申し出を受け付け、被災地側の情報を提供していくという。
 申し出書に団体・個人の連絡先や支援概要などを書き込んでもらい、県NPO・ボランティアセンターあてにファクス(092・631・4413)かメール(nvc@pref.fukuoka.lg.jp)で受け付ける。申し出書はインターネットからもダウンロードできる。問い合わせは同センター092・631・4411。
〔福岡都市圏版〕
------------------------------------------------------
[]情報ボランティア→個人的なアイデアですが、モトクロス・バイクを利用できる方は瓦礫や悪路でも何とか被災地の中を移動できるでしょう。ただし、ガソリンは自前で準備しないといけません。仲間とバイクを使いながら、安否の状況や救援物資の支給状況などを避難場所や被災者がいる民家を回りながら情報収集と提供を行うのは有り難がられるのではないでしょうか?できれば、アマ無線や市民バンドなどの無線で仲間と連絡を取りながら行えば効率は上がるでしょう。ただし、緊急用に使用されている周波数帯では使用できません。携帯電話はどこでもOKという訳にはいかないかも知れません。被災者は今いろいろな救援の情報、病院、食料や水の支給状況、家族などの消息を欲しがっています。
 救急用の薬品などもバイクだと運搬できると思います。ただし、くれぐれも無理をして自分が事故に遭わないように!それに、勝手に被災地に入ってはまずいですから、当該地の救援本部などに主旨を伝えて許可を得る必要があります。

[]義援金や献血→ヤフーでは義援金がすでに9億円ほど集まっています。(3/15夜10時半)無理をするのではなく、一人当たり1000円(3人家族では3000円)程度を拠出すれば1億人いるのですから1000億円の義援金が集まります。それを1回限りではなく、献血と同様に1ヶ月ずつ数ヶ月行えば有り難いのではないでしょうか?
 献血は、都会においででない方は献血車が定期的に巡回しています。九州では次のURLで知ることができます。→[例]日本赤十字・九州ブロックのHP
 他の地方ではそれぞれのブロックのHPをご覧頂いて、こちらも一時的な献血ではなく、少し長期間にわたって行うことが肝心なようです。

 皆さんのお知恵もお聞かせ下さい。素人のアイデアで申し訳ありません。

★世界から届いた日本へのメッセージ …世界中の人々が日本のために祈ってくれています。まだ、世界は、地球は、人類は捨てたもんじゃないよ!困難があるからこそ確固たる”協力する力”が生まれます。本当の”人類愛”が育ちます。助け合いましょう!信じましょう、そして力強く立ち上がりましょう!

« 「必ずいる破廉恥極まりない”火事場泥棒”」 | トップページ | 「SAKURA」いきものがかり(楽譜) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/150630/39241790

この記事へのトラックバック一覧です: 「遠距離の私にできることは・・献血と義援金」:

« 「必ずいる破廉恥極まりない”火事場泥棒”」 | トップページ | 「SAKURA」いきものがかり(楽譜) »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ