« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

「団十郎のオシャレ!」

024  28日の日曜日に、犬の美容室「HAPPY」から出張して頂いて、団003 十郎君を小ぎれいにしていただきました。
 北海道から九州・福岡に着いたのが10月18日(月)ですから、今日で42日経ったことになります。体毛がかなりモコモコになってきましたし、2回目のワクチンも終わりましたから、そろそろシャンプーやトリミングをお願いすることにしました。
 ここ数回、犬の美容室「HAPPY」のチラシが目に付きましたので電話をして006予約を入れ、昨日の日曜010日に出張してきて頂きました。その折りのスナップをア ップします。団十郎のビ  フォー・アフターにもご注目下さい。モコモコでフクロウかミミズクのような顔になっていたのが(右上の2枚)すっきりとオシャレな子犬に変身です(左最上と最下)!
 店長の篠原さんとお話ししながら、団十郎君の変身ぶりを観察していました。篠原さんは、24歳の時にトリマーに転職することを思い立って専門学校へ通009われて技術を身につけられたとか。ただ何となく動物が好きだから・・・という程度の若者とは違い、最初からきちんと目的意識を持って学ばれただけあって腕は確かだろうと推察致しました。現在は専門学校のト リミング講師も務めてお015 られるとの事。その手際よさには感心致しました。自分の店で行うのとは違い、持参できる限られた器具や装置を使うのは制約ある作業なのにさすがはプロですね。子犬をなだめたり会話をしながら、ある面仕事を楽 しんでおられるようにも感じました。ご近所さんでもありますから、近々お店に出向いて取材し、お店「HAPPY」の紹介をしたいと思います。
 さあて、団十郎君ですが、爪切りやブラッシング、シャンプーを終えてカットされると、「おやまあ!どこの犬?」という姿に変身しました。でも、初めての経験でもあるからでしょうか、終わったら少々疲れていたようでしばらくぐっすりと寝ていました。店長の篠原さん、ありがとうございました。

「久しぶりのApple Cafe Live」

010 ここのところ、依頼されたライブが3件続き、「アップル・カフェ・ライブ」がなおざりになっていた観がありました。よって少々無理を承知で”11月定例ライブ”を26日に行いました。
 準備不足や計画不足のせいで、せっかく来て頂いたお客さんに満足して頂けたか不安のまま終わりました。私はかなり不満の状態で終わりましたね。やはり、完成度の低い演奏を披露すべきではないと改めて反省です!まあ、ちゃんと会を仕切って運営しなかった私が悪いのですが・・・・(汗)。また、他人の助力を当てにしてはいけないという教訓にもなりました(ため息)。参加予定者の急な欠席や遅刻などがあり、満足に進行できなくなったのが原因ですが、ちょっとだらだらとしたライブになりました。言い訳はしたくないないですが、演奏者側の意識が問題ですね。
 次回からは初心に戻り、ちゃんとやろう!参加して頂いた方々に感謝申し上げます。初めてベース・ギターを持参して参加してくれた高校時代の部活の後輩のM君、8時からワンマン・ステージで歌って演奏してくれたFさんに感謝致します!

「When I get home」The Beatles(楽譜 )

The_beatles1   ビートルズ110曲目は、アルバム「A Hard Day's Night」から「When I get home(家に帰れば)」です。LPで言えばB面に相当する部分に収録された一連の曲は、明らかに”ロックン・ロール”を意識して作曲されていますね。この「When I get home」と、11月4日に紹介した「You can't do that」は、使われているコードが同じ姉妹作品で、ロックしてますね。11月26日のアップル・カフェ・ライブでは、「I'll cry instead」「Things we said today」「When I get home」「You can't do that」「I'll be back」とアルバム通りに連続して歌おうかと考えています。
 ビートルズの曲を楽しみながら耳コピしていますが、「Tell me why」と「Any time at all」を耳コピすれば、アルバム「A Hard Day's Night」すべてを耳コピしたことになります。一気にやってしまえば終わるのですが、それでは楽しみが半減します。まあ、その内にこっそりと紹介するでしょうから、心待ちにしていて下さい。
■You Tube…「When I get home」映画「A Hard Day's Night」の映像にオリジナル音源を重ねています。うまく合わせていますね!
■楽譜と演奏について…コードだけで、リズム譜は表記していません。調子がいい曲なのでリズムカルに演奏して下さい。7th.の連続ですね。
■楽譜をご希望の方は、右のプロフィールから入ってメールでお知らせ下さい。

「津屋崎園チャリティー・ライブ1st.」

002予告:11/26 夕方7時より、カレー・ショップ”アップル・カフェ”で定例のライブを行います。 部員がそれぞれ頑張ります!無料です。

「アップル・カフェ」 福津市勝浦2937-11 Tel:0940-52-2675

 福津市にある老人ホーム「津屋崎園グループホー001 ム・座々」において、お約束のチャリティー・ライブを行いました。お客さんは、施設に入園されている皆さんと職員の方々20数名。時間は2時から3時半過ぎまででした。協力して下さった仲間は私の他に3人でした。その内の一人がこの施設にお勤めの看護師の女性です。彼女は私たちの部活動の場であるカレー・ショップ”アップル・カフェ”の音楽仲間でもあります。その彼女の申し出でこのライブが実現しました。「Diana」や「監獄ロック」で踊り出される方もあって、楽しんでもらえたようです。よかった、よかった!
 つい最近、私は聴いて下さる方々に喜んでもらうことを念頭において演奏するようになりました。特に今日のように、聴いて下さる方が私の人生の先輩達の場合には、敬意とお礼を込めて演奏する気分になるのです。きっと私が若ければ「年寄り相手など面白くもない!」と思ったことでしょう。でも、自分の人生を振り返ってみる時、陰に日向に、先輩の方々に助けられてきたのではないかという思いに至ったのです。そのホンのお返しができるならばという気持ちが沸いてきたのです。自分でもこの変わりようには驚いています(笑)。これからも機会があれば出向いて行こうと思います。そういう意味を込めて1st.としました。”猫の恩返し”ではないですが”千代田の小さな恩返し”です。親にできなかった私の罪の償い?そうかも知れませんね(笑)。
 私がしゃべって演奏しますから掲載用のフォトはありません。掲載写真は、先日来、西日本を襲った”黄砂”のようすを撮ったものです。また、元気な団十郎の寝姿を掲載しました。ケージを真上から見た団十郎のあられもない姿(?)です。仰向けになってお腹を出して寝ています。おやまあ!可愛い肉球にもご注目!

「監獄ロック」Elvis Presley(楽譜 )

Elvis_presly  9月9日掲載の「Heartbreak Hotel」は、プレスリーの1956年のヒット曲でしたが、1957年には「Jailhouse Rock(監獄ロック)」をヒットさせました。とにかくヒット曲に事欠かないエルヴィスですが、初期のロックンロール・ナンバーといえばこの2曲と1956年の「Hound Dog」がその代表でしょうか。更には味のあるスロー・バラッドのヒット曲も多々あります。
 エルヴィスは42歳という若さでこの世を去りました。通説は薬物誤用による死ですが、麻薬の類は使用していなかったそうです。何しろ麻薬撲滅に尽力していた程ですから、処方されていた薬の極端な誤用だと言われています。過食症でもあったらしく、”死因はドーナツの食べ過ぎ”などという説も言われましたね。さて本当の所はどうなんでしょうか。アメリカ社会の闇の部分に関わっていた可能性は・・・・・?マリリン・モンローやマイケル・ジャクソンの死に方に似て、不可解な面があるようにも思えてならないのですが。
 若くして巨額の富と名声を手に入れたエルヴィスは、人生の目標を設定することが難しかったのかも知れません。と、まあそう思うのは持たない者のひがみでなんでしょうかね?このように想像するだけでも、やはり金というのはやっかいな代物なんだと思いますね。
 しかし、彼は人種差別に対しては毅然とした態度で臨んだとも言われています。白人としてロックンロールを歌うことを非難された彼でしたが、その分、黒人を養護する発言が注目されました。エルヴィスがロックンロールを歌ったことが、その後のアーチスト達にどれほど大きな影響力を示したかは改めていう必要もないでしょう。それにしてもジョン・レノン同様、若すぎる死でしたね。

■You Tube…「監獄クロック」★オリジナル音源が削除されてました。今回のはアメリカのTV番組でしょうかね?本当に暇な人がいますね。(2011 3/8)
■楽譜と演奏について…調弦が特殊ですね。全弦を半音ずつさげています。R&Bやロックンロールではよくあることなんですかね?私は詳しくないから断言はできませんが。中間のリフは短いですし、それほど面倒ではないように思います。でもスムースに演奏するには練習、練習!それよりも英語で早口で歌わないといけないことの方が大変です!

■楽譜をご希望の方は、右のプロフィールから入ってメールでお知らせ下さい。

「川の流れのように」美空ひばり(楽譜 )

Photo  1989年6月24日、美空ひばりは52歳の若さでこの世を去りました。気付くと、私は彼女よりも10年も余計に生きているのですね。ウ~ン、何だか複雑な心境です。早死にしても、”美空ひばり”は相変わらず絶大な支持を得ています。多くの映像が残されているので、定期的にTVで特番が組まれますが、恐らくは高視聴率でしょう。結局、人生というのは「生きた長さ」ではなく、「如何に生きたか」が問題なんですね。
 美空ひばりの人生が手本となるとは言えないにしても、一気に駆け抜けながら多くの人に希望や喜びを与えたことは賞賛されていいでしょう。私などは足元にも及びませんが、人を喜ばせること、人のためになることを心がけることはできます。せめて、自分のためだけの人生にせず、多くに人に助けられている人生であることに気付き、感謝の気持ちを持って生きたいものだと思います。そして、できる範囲で他人を助けることができれば素晴らしいことですね。何て、今日は偉く聖人になりましたね(汗)。
 「川の流れのように」は、美空ひばりの最後の曲となりました。子供の頃は嫌いだった美空ひばりですが、大人になって聴くとやはり凄い歌手だったんだと実感します。とにかく「良い曲」です。
■You Tube…「川の流れのように」オリジナル音源
■楽譜と演奏について…オケの音が捉えにくいですね。正直、迷うコードもあります。皆さんも私の選んだコードを吟味して演奏して下さい。

「ラスト・ダンスは私に」越路吹雪(楽譜)

2   5日に続いて越路吹雪さんが歌った「ラスト・ダンスは私に」を耳コピしました。録音は複数あるようで、恐らく後年歌われたと思われるものを選びました。
 この曲は、日本では昭和36年(1961年)に越路吹雪さんが歌ってヒットしましたが、本来は1960年にアメリカの黒人グループ、”ザ・ドリフターズ”が「Save the last dance for me」として歌ったものがオリジナル。それがフランスではシャンソンにように歌われました。そんな経緯があるからか、この曲をシャンソン起源だと思っている方も多いのではないでしょうか?ザ・ドリフターズはあのベン・E・キングが所属していたグループですね。参考までにYou Tubeでご紹介しておきました。
■You Tube…「ラスト・ダンスは私に」…越路吹雪 / ザ・ドリフターズ
■楽譜と演奏について…越路吹雪さんので歌は、ビッグバンドがサポートしていますから、伴奏はむしろThe Drifftersの演奏を参考にされる方がいいかも知れませんね。楽譜では一応越路吹雪さんが歌った曲のコードだけをコピーしています。The Drifftersではコーラスがドゥワップの感じを出しています。皆さんはどちらがお好みでしょうか?
■楽譜をご希望の方は、右のプロフィールから入ってメールでお知らせ下さい。

「ろくでなし」越路吹雪(楽譜 )

1  「ろくでなし」は、戦中、戦後を通じて宝塚歌劇団の男役として活躍した越路吹雪さんの歌。私にとって彼女はちょっと距離感のある人。しかも歌う歌がシャンソンとあっては好きなジャンルではないので余計に親近感がありません。でも、そんな個人的な趣味とは別に、たくさんの人に尊敬の念を抱かせた偉大なエンターテイナーであることには間違いないでしょう。大人の女の魅力を感じさせる女性だったんだろうと推測します。何となくピーターこと池畑慎之介に、容姿、性格が似ていると感じるのは私だけでしょうか?
 越路吹雪さんは、よく知られているように作詞家岩谷時子さんとは親交が深かったようです。この「ろくでなし」と同じ作詞作曲者Salvatore Adamoの「サン・トワ・マミー」やM.Schumanの「ラストダンスは私に」などは岩谷さんの訳詞で歌われています。
 「ろくでなし」の原題は「不良少年」というフランス語ですので、それを女性の立場で歌ったことになりますね。
 何故に「ろくでなし」を選曲したかって?よくぞ尋ねて下さいました。来る18日に、音楽仲間である看護師さんが勤める「津屋崎園グループホーム」にてチャリティー・ライブを行うのですが、事前にリクエストがあり、その1曲がこの「ろくでなし」だったという訳です。歌は看護師のIさんにお任せします。
■You Tube…「ろくでなし」オリジナル音源
■楽譜と演奏について…イントロのブラスの音ですが、シンコペートしているリズムが非常に分かりにくいですね。ドラムの音と微妙にずれているようで何度も首をかしげました。今回はとりあえずこのように記譜しておきます。ところでオーウィ!って何か意味があるのでしょうか?
■楽譜をご希望の方は、右のプロフィールから入ってメールでお知らせ下さい。

「You can't do that」The Beatles(楽譜 )

John_lennon  1964年映画「A Hard Day's Night」は、私の青春の1ページを鮮やかに彩った映画でした。白黒だったのに、その印象は「Help!」を遙かに凌いでいます。その挿入曲として収録されておきながら、本編で使用されることがなかったのがジョンがリード・ボーカルをとるこの「You can't do that」です。日本版のLPではB面の5曲目に収録されていました。
 その映像は、先般NHKが放映したBBC制作の「よみがえるビートルズ」の中で放映されたのでしたっけ?それとも「アンソロジー」でしたっけ?忘れちゃった。
 この楽曲は、私は決して優れた曲だとは思いません。調子っぱずれのイントロに、陳腐なメロディーラインと掛け合いのコーラス。最初に耳にした時、B面になるのは当然だろうと思いました。しかしながら、何度も聞く内に、調子っぱずれのイントロが妙に耳に残るし、陳腐なメロディーが味わい深くなるのですね。これが”ジョン節”の面白みでしょう。
 まあ、これはこの曲に限らず、最初耳に馴染まない曲(クラシックなどもそうですが)でも回を重ねるにしたがって面白みが分かってくるようなものです。(これって誉めているのかけなしているのか?)
■You Tube…「You can't do that」オリジナル音源に合わせて演奏している映像です。ジョンの演奏の様子が少し分かりますね。参考に!
■楽譜と演奏について…リード・ギターはイントロのようなフレーズを全曲を通して弾きます。リズム・ギターはコードと途中の間奏を弾きます。楽譜1枚では表現し切れませんので適宜自分で判断してお弾き下さい。また、この曲は掛け合いのコーラスがあると一層雰囲気がでますよね。

■楽譜をご希望の方は、右のプロフィールから入ってメールでお知らせ下さい。

「何でもオモチャだワン!」

010  8月24日生まれの団十郎は、2ヶ月と1週間ほどになります。008 人間で言うとまだオシメがとれない段階です。好奇心旺盛で、目新しいものは何でもオモチャにして遊びます。今日も、団十郎のお尻を拭いていたトイレット・ペーパーがなくなったので、その芯を与えると、喜々としてくわえて遊んでいました。
 時折コメントを下さるmiddle60さん宅には13歳になる老犬がいるそうです。私が団十郎の前に飼っていた「花ちゃ010_2ん」は13歳と8009ヶ月生きました。姪の所には18歳になる柴犬「チョビ」がヘレン・ケラーのような状態で生活しています。人間ドラ マという言葉を借りれば、それぞれの犬にも「犬ドラマ」があるのですね。この団十郎君のドラマは始まったばかりですが、さてどんなドラマが待っているのでしょうか ?

「秋桜~コスモス~」山口百恵(楽譜 )

Photo  早い早い、もう11月なんですね。コスモスを見に行こうと思っていたらもう盛りはすぎていますね。
 久しぶりに日本の曲をエントリーします。「さだまさし」の作詞作曲による「秋桜」です。毎年秋にはエントリーしようと思いつつ、気がつくと季節が終わっていたりして機会を逸してきました。今年は遅咲きのコスモスに間に合いましたね。

★ま~あ!今発見!「秋桜」は過去に耳コピして掲載していました。何てこったい!過去の記事を削除してしまったので2度耳コピしたことになる~!これは完全に”ボケ”の前兆?!しかも、前の耳コピ譜と比べると微妙に異なる!う~ん!どうしよう・・・。

 山口百恵が1980年に引退してからすでに30年が経つのですね。早いですねぇ。それでもこの歌は季節が来る度に歌われるのです。すごい事です!さだまさしも自分で歌っていますが、今回は山口百恵バージョンでやってみました。ギター弾き語り派は、さだまさし版が好まれるかも知れませんが、今回はお許し下さい。
 前にも書いたと思いますが、さだまさしの詞は情景描写が鮮明ですね。ゆえに、この歌などは感情移入が起きやすく、気をつけておかないと歌いながら涙腺がゆるんできます。しかしながら、歌の音域が広いですから難しい曲でもあるでしょうね。挑戦して下さい。
■You Tube…「コスモス」オリジナル音源です。
■楽譜と演奏について…弾きやすいように1フレットにカポを付けてEmから始めました。声域が合わない方は自分で移調して下さいね。イントロや間奏のピアノの音は装飾音を書いておりません。

■楽譜をご希望の方は、右のプロフィールから入ってメールでお知らせ下さい。

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ