« 「愛犬2代目『団十郎』が北海道から一人旅」 | トップページ | 「オシッコが1滴も出ない悲劇に見舞われて」 »

「夕陽館ライブのご報告」

003  昨日20日、福津市福祉施設「夕陽館」にてチャリティー・ライブを行いました。津屋崎の海岸に隣接したこの施設は塩湯で知られています。”九州の湘南”と形容される綺麗な砂浜を見ながら、お風呂と軽食を多くの方が楽しんでいます。その1階にあるステージで12時半から仲間4人で、歌とおしゃべりのライブを2時間行いました。ライブの写真が間に合いませんので夕陽のフォトでごまかしています。写真は、後日提供して頂けるでしょうからその折りに掲載致します。
 今回は新しい試みで「唱歌」や「童謡」を中心に歌いました。仲間の歌姫の歌を中心に進行しましたが、滝廉太郎の「荒城の月」の時には会場にお出でのご老人が立ち上がって朗々と歌われました。思わず皆さんと拍手喝采しましたよ!嬉しいハプニングです。
 ところが、老人の集まりと侮ってプログラムを「唱歌」「童謡」としたのですが、アンコールでプレスリーの「Love me tender」のリクエストがあり、驚きました!リクエストされた方は、先ほどの「荒城の月」のご老人でした!残念ながら楽譜が準備できてなくてお応えできずに申し訳なかったです(汗)。代わりに「Diana」をご披露しました。これもライブならではの嬉しいハプニングですね。次回からは、自分たちの持ち味である「オールディーズ」や「ビートルズ」をご披露することで十分楽しんで頂けるということが分かっただけでも収穫でした。
 演奏曲目:1また君に恋してる・2紅葉(秋の夕陽に~)・3赤とんぼ・4ちいさい秋みつけた・5花・6荒城の月・7花の街・8波浮の港・9椰子の実・10琵琶湖周航の歌・11エーデルワイス・12上を向いて歩こう・13学生時代・14青春時代・15この広い野原いっぱい・16ハナミズキ・17涙そうそう・18未来へ・19愛燦燦・20贈る言葉:アンコールに「ダイアナ」

« 「愛犬2代目『団十郎』が北海道から一人旅」 | トップページ | 「オシッコが1滴も出ない悲劇に見舞われて」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

沖に浮かぶのは「相の島」ね?

Mon-G君へ
That's Right!
その左には地震被害にあった「玄界島」、さらに「志賀島」、右に目をやると「小呂島」が小さく見えることがあります。これぞ君の故郷の海だよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/150630/37334862

この記事へのトラックバック一覧です: 「夕陽館ライブのご報告」:

« 「愛犬2代目『団十郎』が北海道から一人旅」 | トップページ | 「オシッコが1滴も出ない悲劇に見舞われて」 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ