« 「春がいっぱい」The Shadows(楽譜 ) | トップページ | 「心のときめき」Willy & his Giants(楽譜 ) »

「Honey Don't」The Beatles(楽譜 )

Ringo1 久しぶりのビートルズ・ネタ。1964年に発売された彼らの4枚目のアルバム「Beatles For Sale」に収められている曲「Honey Don't(ハニー・ドント)」です。
 この曲は1965年にカール・パーキンスが歌ったもので、ビートルズのアルバムではRingo Starrが歌っている。カール・パーキンスは、ジョージが好きだった歌手で、この曲ではジョージが軽妙なギターを聞かせている。お弾きになったらお分りだと思いますが、決して難しいフレーズではありません。それをリズミカルに楽しく弾いていますね。歌は、当初ジョン・レノンが歌っていたものを、アルバム用にリンゴが歌いました。リンゴの歌声の方が楽天的に聞こえます。ジョンの歌はBBCの2枚組の録音の中にありますね。途中「Rock on George, for Ringo one time!」とかけ声を掛けてギター・リフに入るあたりが実に楽しい雰囲気を感じますね。
 この曲は、2002年のジョージの追悼演奏会「Concert For George」でもリンゴが歌いました。
 これでビートルズ・ナンバーが108曲となりました。これからも1曲ずつ惜しみながら耳コピを続けたいと思います。
■You Tube…「Honey Don't」/John Lennonが歌う「Honey Don't
 他にカール・パーキンス兄弟(?)とリンゴが競演している映像もありますよ。
■楽譜と演奏について…EやA、BなどはE7やA7などでも良さそうですが、リード・ギターだけにセブンスの音を委ねました。途中のB9の響きが良いですね!リズム(サイド)ギターは2拍目にアクセントをつけて弾きましょう。

楽譜をご希望の方は、右のプロフィールからメールでご連絡下さい。

« 「春がいっぱい」The Shadows(楽譜 ) | トップページ | 「心のときめき」Willy & his Giants(楽譜 ) »

ビートルズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/150630/37108284

この記事へのトラックバック一覧です: 「Honey Don't」The Beatles(楽譜 ):

« 「春がいっぱい」The Shadows(楽譜 ) | トップページ | 「心のときめき」Willy & his Giants(楽譜 ) »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ